カテゴリ: (建築リフォーム)社長塾・セミナー

ここ最近の国税庁サイトでの
「法人税の申告事績の概要」
最新は令和元年度?
その中から、黒字申告割合
は、35.3%だとか。

当然、推移グラフなど国民に
解りやすく示そうとも思って
ないでしょうから(失礼)、
仕方なく・・・と思ってると、
さすが!なサイトを発見。


<黒字企業割合が11年ぶりに低下!>
令和3年版「TKC経営指標(BAST)」を発行
(全国352金融機関等で融資審査などに利用)

sub4














【黒字企業割合と黒字申告割合の推移】

*やはり、TKCはスゴイ!!竹田先生
 「最高に良い!」「一番内容が良い!」
 褒めちぎってます・・・としておきます。




★「TKC経営指標(BAST)」の内容を
 論文等で引用又は参照する場合は、説明文
 として下記の文章を必ずご利用ください。

 令和3年版「TKC経営指標(BAST)」
 (発行:TKC全国会)は、全国の248,289社
 の法人企業の令和2年1月期から令和2年12月期
 決算に基づく経営分析値を収録しています。
 この「TKC経営指標(BAST)」は、
 TKC全国会に加盟する職業会計人
 (税理士・公認会計士)が、その関与先である
 中小企業に対し、毎月企業に出向いて行う
 「巡回監査」と「月次決算」により、その
 正確性と適法性を検証した会計帳簿を基礎とし、
 その会計帳簿から作成された「決算書」
 (貸借対照表・損益計算書)を基礎データ
 としています。なお、これらの決算書は、
 そのまま法人税申告に用いられています。


その状況を、昨日に開催
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』初回では、
中小企業の80%は実質、
赤字だと説明しています。

今回ご参加の起業家は、
独立起業の前準備段階で
既に会社を作っており、
その名刺もお持ちでした。

dokuritu[1]

しかし、先の実態をお聞きして
しばらく、フリーズ・・・(続く)

*先に↑この本↑読んでヨ!




+プラスで、そう言えば
 10年以上前も同じような
 ことがあったな〜と思い出し。

本日、ようやく
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾最終回(補講)
その日に欠席された方の
補講を開催しました。

今月中の忘年会が、当初は
20日(回)ほどの予定を、
減らそうとスケジュールされ、
逆に増えてしまった経緯の、
リベンジ消費の盛んな社長様




最終回・本講&先日の補講も
忘年会と重なり欠席でしたが、
スケジュール的に今日は
大丈夫だろうと思いきや、
今日も終わってから・・・

とは言え、1つ前に開催した
戦略社長塾』にご参加済。
その時の写真です↓)
既に修了されていたので、
一通り学ばれています。

51bcda9a












だから、全テキストには
既にメモ書きがされてます。
&だからか逆に、どの補講か
頭が混乱されている節もあり、
前後の内容を思い出すのに
少し時間を費やしました。

また、私が脱線ネタで触れた
「ポジショニング派(戦略)」
「ケイパビリティ派(戦略)」
云々に興味をお持ちになり、
その説明だけで予定時間の
半分近くを費やしました。

zenzen4















結局、補講は途中で終了。
総まとめ的な内容だった
第10回は全く無しでした。
ともかく、お忙しいところ
ご参加を有難うございました。

もしかすると、第10回の
問い掛け質問に答えられず
だった失態を思い出して、
それを避けるために、先に
別で時間を費やすよう
振舞っていたのかも。

IMG_1551-












終わって気分よく忘年会に
向かうため・・・納得。

別企画の打ち合わせ
 何とかバタバタで終了。
 皆さん、ご期待ください。

DSC01563












 (29日・水に公表予定

訳あって少し前に、
厚さ3cmほどもある本を
読むようススメられました。

zenzen4















経営戦略全史
 著・三谷宏治氏Discover21

しかし、あまりに読みずらく、
(ページをめくりづらい) 
ランチェスターに関して
書かれた実質1ページのみ
目を通しただけで〜積読。

実際、竹田先生も、


「中小企業の社長さんには
 全く役に立たない内容。

 こういう本を買って
 いろいろ経営戦略や
 成功事例などに触れても
 間違って『俺のこと?』と
 思わないよう注意です」

DSC01549














*本当は、もっとストレートな
 皮肉口調でした。


〜のように仰ってました。

そんな中で聞き知った
受け売り情報なのですが、
「ポジショニング派(戦略)」
「ケイパビリティ派(戦略)」
云々を、ちょうど先日開催した
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』最終回(補講)
で、少し触れようとすると、


「・・・それらの
 ポジショニング戦略も、
 ケイパビリティ戦略も、
 既に学生時代には
 学んでいましたよ。
 結局ミンツバーグが・・・」


さすが!

既にご紹介しましたが
学生時代に、ボストン
・コンサルティング
・グループが出した本
ポートフォリオ戦略』を
読了された社長様だけあります。

bostompp
















これ以上、受け売り情報を
むやみやたら口にするのは
控えたいと思います。
今回も素直に教えを乞うよう
努めました(&今後も)。
申し訳ございません。

ただ今回、私自身は
【 positioning 】も
【 capability 】も、
正しく日本語読みで発したので
・・・良しとしましょう。
(ポンコツにならないよう)




解る人には解るかと。

これも、先週に開催した
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』各コースに
おいての、忘却ネタです。

ただし、忘れたのは私ではなく
ご参加いただいた5名(5社)
の内、3人の方々でした。

お尋ねしたのは、


*まず、ご参加の5社とも
 全てで「経営理念」が
 設定されていることを
 (しかも朝礼で唱和)
 お聞きした上で、


「では、朝礼で唱和される
 ほど大事な、その経営理念。

 諳(そら)んじて
 言ってもらえませんか?」


その結果が【2勝3敗】。

思い出さなかった3名中、
社長様がお二人も・・・

そのお二人とも思い出さず
でダメだった直後、速攻で
手帳に書かれた「経営理念」
をご確認されてました。
ただ、あまりにも長すぎる
ような理念でした。

IMG_5712












しかし、唱和いただいた
お二人も長かったですけど、
シッカリ覚えてました。

加えて、ビックリなのが
お二人とも幹部社員さんで、
社長様ではありません。
だからか、その2社とも
業界内ではトップクラス。
社内で価値観共有が行き
届いている証拠かと。

その内の1社が
その筋の人たちに有名な
会社でした〜お見事!

tkyost
















あまりに現実を痛烈に表した
結果(?)となりました。

ですから、いつもながらの
竹田先生による辛口な
「経営理念」に対する
偏見とも思える考え方は、
(思えるではなく、ズバリ?)
ココではサラッとご紹介
するに留めておきます。




それ以上に、私がコロナ禍
以降に書いた「理念」関連
のブログの方が、もっと
痛烈だったことを思い出し
ましたので、各々ご紹介。




これは↑フランスの作家
アルベール・カミュ
1947年に発表した
小説『ペスト』について、
NHKがEテレの番組
100分de名著」を
再放送したことから

これと似たようなことは、
先週の各『戦略社長塾』
でも少し説明しました。




同じ「100分de名著」で
カール・マルクスの『資本論
取り上げられた際
経済学者が書かれた
そのテレビテキストより

この点からも、朝礼で徹底
して「経営理念を唱和」する
だけで終わってはダメ!
とのことが解るような・・・

*そうすると、別方面から
 次なる手が・・・続く

先週に開催しました、
その筋の人たちが集った
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。




その日(回)に関して
後記ブログを書こうにも、
ほとんど思い出さずです。
申し訳ございません。

やはり量(数)の上で、
赤いトマトを食べない
その筋の人たちとの比が
【1対3】と第一法則支配下
における「必敗の法則
(いわゆる射程距離理論
だったから、敗北感が漂い
完全に記憶を失ったかも?

いや、ZOOM参加者まで
含めると【1対4】に!!!!

これは・・・・

IMG_5851
















ランチェスター経営(株)
『新規開拓の進め方』DVD
旧版『開拓名人』
竹田先生が熱弁をふるう、
第2次世界大戦において
アメリカ軍が行った
空中(ゼロ)戦対策では!?

IMG_5852












たぶん解らない人が多いで
しょうから少し触れると、
アメリカのORチームにいた
バーナード・コープマン
戦闘機を日本軍の3倍
(2.83倍、先述の
 いわゆる射程距離理論)で、
しかも3機一編隊で戦えば、
戦いに勝てると証明。
果たして計算通りの結果に。

IMG_5853












それでも、もっと損害を
減らすには・・・と研究し、
それを4機一編隊にして、
その内に新人を1機入れ、
5〜6回の実戦を体験する
までは、リーダー機の後ろを
ついてくることに専念させて
云々・・・・

↓●赤丸がゼロ戦

 ★青星がアメリカ軍機↓

IMG_5854












 ◀はアメリカ軍の新人機↑

先週の『戦略社長塾』が、
そんな記憶に置き換わって
しまいました。

恐ろしや〜逆トマト軍団?

69e9d818
















詳細は、竹田先生の著書
ランチェスター法則のすごさ
ご参考ください。

*青いトマトの夢を見そう
 (本当に見ました)

先日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。

zoosun












今回から実践編に入ります。
ご参加は同じ会社から
社長様と従業員さんとの
お二人がZOOMにて。
しかし、お仕事の都合上、
社長様が1時間ほど遅れて
ご登場されるとのこと。

この場合、妙に本講に
進んでしまうと、後々の
調整が大変になりそうです。
やむなくお一人の方だけに
急遽、ミニ・テスト(その2)
を実施することにしました

3bafdcac












先に、ミニ・テスト(その1)
実施する直前、雑談交じりで
その社長様から、


「・・・勉強会が終わって、
 いつも一緒に参加した
 社員とは、クイズ形式で

 『経営の8大要因は何か?』

 『(図を見せ)1位主義は、
  どちらからの矢印か?』

zentaiz












 〜などとチェックしあう
 くらいまでしてます。
 ただ、学んだことを
 自分の知識にするには
 まだまだ至ってません
 が・・・」


〜とお聞きしてました。

そんな特訓(?)を今でも
社内で続けているなら、
その従業員さんですから
そうとう鍛えられている
はずで、今回のテストも
お茶の子さいさいか。

そう思っていた通り、
選択問題&穴埋め問題は
上々の成績でした。
さすが・・・

感心するのもつかの間、
最後の筆記問題は全滅。
問題の構成上、従業員さん
向けでは無い内容ですから
やむを得ないのかも。

4post2












ただし、この問題だけで半分
(50点)の配点なので、
厳しめの合計点となりました。
問題を解いていく上でも
ウエイト付が必要かも。
竹田ランチェスター重視か?
(1位づくり重視の配点)

次回、その社長様の挑戦を
ご期待しております。

bostompp
















その社長様は学生時代に、
 ボストン・コンサルティング
 ・グループが出した本
 「ポートフォリオ戦略
 を読了されただけでなく、
 フィリップ・コトラー教授
 「競争地位戦略」や、その
 発展系として、俗に言う
 「嶋口モデル」なども
 習得されていたとか(驚!

kotlo














 今回も別テストが必要かも。

私が1年ほど前にブログ
話題にした、福岡市内での
シェアサイクルサービス
メルチャリ」。




その翌日(2020年4月1日)
から名称を「チャリチャリ
と変更させた上、つい最近
電動アシスト自転車の
提供も開始したとか。

そう言えば〜っと思って
スマホのアプリを見ると、
いつの間にか、その名称が
「チャリチャリ」と変更
していたのも気づかず。
(使ってない証拠)

merumeca












そんな中、先日開催の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』応用編に
リアル参加でお越しの方が、


「伊佐さん!今日は、
 チャリチャリで来ました。
 あんな便利な乗り物が
 あったとは〜驚きです。
 今後も仕事で使います」


〜と、かなり興奮気味で
話してくださいました。

残念ながら、電動アシスト
タイプでは無かったよう
でしたが、もともと
体力が有り余っている
後継社長様ですから、
特別に一輪車タイプとか
でも大丈夫だろうと。
(心の中で叫ぶ?)

chacha2









その興奮が冷めやらぬまま
参加者による近況報告でも
「チャリチャリに乗ってきた」
ことを、その後継社長様は
話されました。

しかし、今回の参加者、
このリアル参加の方以外は、
福岡県外も含めて地方の
田舎都市からZOOM参加。
特に30代の若い方々は
ZOOM越し(前回同様
ポカ〜ンとした「?」顔。
思わず私が追加説明を。

県外の方は、そこが観光地
ですから「シェアサイクル」
より「レンタサイクル」との
名称の方が解りやすかった
かも知れません。

*でも、微妙に異なります

kitakk

ffukuo

chikuh

kurur


片や同じ福岡県内でも、
最強のナンバー(プレート)
圏内の地域においては、
店先に置いてる自転車は
全て「俺の物」状態で
勝手に乗り逃げも常態化。
「シェアサイクル」でも
「レンタサイクル」でも
しようものなら、1台も
戻ってこない?(失礼)

福岡県全体が「修羅の国
なので仕方ないかも?

*また、危険な事件が・・・
 勃発したのは福岡県内でなく
 乗り物内でしたが(タブー)

先日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』応用編。




別コース(曜日)にて開催
した際の、私のスゴかった
ビックリ顔については
既に触れましたが、その時と
同じくテーマは商品戦略

bostompp
















終わって、参加者の中で
プロダクト・ポートフォリオ
・マネジメント(PPM)
ご存じない人がいました。

ちょうど先日(先の)私を
スゴいビックリ顔にさせた
張本人の社長様が、ご参加
される社員さんのお隣で
ZOOM越しに顔を
覗かせていました。

折角ならと思って、


「学生時代に、ボストン
 ・コンサルティング
 ・グループが出した本
 『ポートフォリオ戦略』を
 読んではいましたが・・・」


〜と仰ったその社長様に
プロダクト・ポートフォリオ
・マネジメント(PPM)に
ついて説明をお願いしました。
これが良かったです。

やはり「昔とった杵柄」とも
言うのでしょうか(失礼)、
バシっと的確にご説明を。
有難うございました。

ただ、その説明を終えての
ご本人からのご感想で、


「・・・説明したように、
 本来なら横軸は
 市場占有率なのですが、
 私んところのような
 小さい会社だと無理。

CIMG4944


 そんな中小企業では
 市場占有率が低すぎたり、
 測定も困難との前提で、
 ココでは説明されているの
 でしょうから、使いやすい
 分析になってますね」


そう言われてみれば、
そうですね〜なるほど。

私もご指摘いただくまで
気付きませんでした。
その前提に一貫性があるか
でしょうね・・・
有難うございました。

ookiak












*「金のなる木」のイメージ↑

蛇足ながら申し上げれば、
その本来の縦軸だと
もっと困難かも。

少し前後いたしますが)
先日に開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。
いつもながら、リアル参加と
ZOOM参加と併用開催。

*写真は全く無いので、
 イメージ画像中心です。

hybrbr
















しかも今回、リアル参加で
予定のお一人から事前に、


「・・・知り合いの
 社長様も同席いただき、
 質問したいことがある
 ので、次回の開始前に
 時間を設けて欲しい」


〜とお電話いただきました。

私からは、いつも通り
30分前から受付(開場)
しているので、それから
別のリアル参加者がお越しに
なる前までであれば大丈夫
とご返事しました。

そのこともあって、私から
ZOOM参加者に前もって、


「いつも通り早々に
 【ZOOM招待メール】
 をお送りしますが、
 (先の通りなので)
 この件が終わるまで、
 開始直前までは
 画面も音声も無しです。
 ご了承願います。


〜とご連絡いたしました。

別のリアル参加の予定
だった方は、いつも時間
ギリギリでお越しとなるので、
(だから先ほどのご返事)
何もご連絡せずでした。

zoosun












当日、いつもより少し
早くZOOM参加者には
【ZOOM招待メール】を
お送りして準備しました。

すると、ZOOM参加で
いつも30分前にZOOM
接続される方が、この日も
いつも通り30分前から接続を。

しかし、私の方からは
画像は無く音声も無しです。
それでも、その参加者は
いつも通りにZOOM
越しにスタンバイを。

zozmm










結局、先にリアル参加で
時間を設けて欲しいと
お申し出された方は
ドタキャンに・・・

もう一人のリアル参加者が
お越しになるまでの間、
私のZOOM越しには
スタンバイされた参加者の
行動が、まるで定点観測
していたような状態で
映し出されてました。

IMG_5713












今回、貴重な時間を
申し訳ございませんでした。
(その分、終わってからの
 質疑応答時間を延長)

つい先日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』応用編、
テーマは商品戦略

いつもは時間を延長して
ご質問を受け付けるので、
最大で3時間を超える
こともある今回ですが、
この日は注意が必要でした。

と言うのも、後に続けて
昨年来の大人気セミナー
が開催されます。
終了時間が開始時間と
重なるので、何とか通常
(2時間)より少しでも
早く終わらせないと
全く間に合いません。




リアル&ZOOM参加者に
前もって、先の事情を
ご説明した上で、15分も
早くスタートしました。

そのお陰もあってか、
予想以上に早く終了を。
ご協力有難うございました。

CIMG4020


一安心と思っていると、
折角だからとのことで、
プロダクト・ポートフォリオ
・マネジメント(PPM)
関してご質問が・・・

とっさに会議室に置いていた
ランチェスター経営(株)
『商品戦略』旧版↑DVD
テキストを取り出して、
その中からご説明しました。

私の説明が中途半端だった
からか、質問された方は、


「学生時代に、ボストン
 ・コンサルティング
 ・グループが出した本
 『ポートフォリオ戦略』を
 読んではいましたが・・・」

bostompp


















これにはビックリ!?

そんな本を学生時代から
読んでいるほど勉強熱心で
あれば、こんな今さら私に
質問されることも無いはずで、
しかも、時間ギリギリに。
(焦る&焦る)

CIMG4944


*旧版『商品戦略』DVD
 では↑通常のPPMで
 説明もされています。

ともかく時間切れとなり、
続くセミナーの準備に。

DSC09432












セミナー開催中、会議室に
置いてる『商品戦略』DVD
(旧版&改訂版とも)を
鑑賞して内容を確認する
訳もいかず・・・

仕方なく、慌てて
改訂版『商品戦略』DVD
テキストを取りに戻ると
その表紙に答えがありました。

DSC09459
















また、その中に視点を変え
もっと別の角度からの
説明もありましたので、
事なきを得ました。

DSC09445












終了し、残られていた
リアル参加者から
ご感想をお聞きすると、


「今日はスゴイことだらけだった。

 コロナ禍をどう経営するか?
 などの話しは、いろんな経済団体で
 聞いたりするが、その先までを
 理論立てて的確に説明した話しは
 他では聞いたことが無かった。

 これでまた考えること
 が山盛りになった。

DSC01416














 しかし、その中でも今日は、
 伊佐さんのビックリした顔が
 一番、スゴかった。

 確かに、学生時代から
 『ポートフォリオ戦略』
 とか、そげな本を読んでいる
 のは私もビックリなのは
 ビックリですが・・・」


驚かせて失礼しました。

いや、驚くような顔をして
しまい失礼しました。
とっさに弱いもので

↑このページのトップヘ