カテゴリ: (建築リフォーム)社長塾・セミナー

昨日ブログで触れましたが、
2回とも長時間で怒涛の
ような進行となってます
ランチェスター経営ジム
ZOOM『戦略社長塾』。

DSC01889












そんなZOOM開催とは
別曜日でスタートしました
リアル『戦略社長塾』。

DSC01891












今コースにご参加は
後継候補者がお二人。
それぞれお二人の継承条件
(状況や時期)が全く異なる
ため現・役職も異なります。
もちろん、業種や所在地、
規模も全く異なります。

しかし、今回ご参加に際し、
託された両・社長様の思いは
案外、重なる面が多いかも。
ですから、お二人とも
勉強熱心さはスゴイです。

DSC01890












そのように言ったものの、
ZOOM開催と同様に
怒涛のような進行なので、
既に2回目に入りましたが、
何を話したか・・・(忘)

IMG_6192




















ただ、お二人とも自社の
1人当り粗利益額を、
しっかり調べて2回目に
お越しくださいました。
前回、宿題にしたのは
自社の業績があやふや
だったお一人だけなのに
・・・さすがです!

DSC01892












やはり、お二人とも社長様の
思いをしっかり受け止めて
取り組まれています。
有難うございます。
この点は↓クリア済かと)

IMG_6266












*思い出したら追記するかも。
 (あまりご期待せず)

*時間ないので、ザックリ
 記事で申し訳ございません。

ランチェスター・中小企業の成功戦略
第1部 経営の基本戦略』CD
現行の『戦略☆名人』の旧版。
 元はカセットテープ教材)

DSC01543

「弱者の基本原則」を説明する中、
真面目で仕事熱心な社長」で
ご紹介した乃木将軍の話しも
出てくる前後から。


8.弱者は重点主義・集中主義を
  守り、敵に上回る力を入れよ


 ・・・弱者が勝つための
 第1条件は、目標を一つに
 する「一正面作戦」を
 実行すること・・・
 
 *ココに乃木将軍の話

 ・・・ドイツはかつては
 弱小国でしたが、それを
 強くしたのはビスマルクです。
 (卵大好き)ビスマルクが戦争を
 する時は、事前に他国と条約を
 結び、必ず1国とだけ
 戦うようにしていました。

 つまり、決して二正面作戦
 三正面作戦はとりませんでした。

tana5daisuki














 第2次世界大戦で、
 ヒットラーや日本が敗れたのも、
 多正面作戦をとって戦力が
 分散したから・・・

 ・・・経営力に限りがある
 弱者が、必勝の条件を満たして
 経営を進めるには、攻撃目標を
 一つに絞る「一正面作戦」を
 実行するとともに、持てる力を
 1カ所に集中しなければ
 なりません。これを弱者の
 「一点集中主義」と呼びます。


確かに、先日から開催の
ランチェスター経営ジム
ZOOM『戦略社長塾




(今回は館山市の対岸から)
先週末の2回目は、当初
1日で3回分を済ませるよう
長めの開催時間で予定を。

でしたが、いつもながら
マンツーマン開催では
個々の参加者から質疑を
優先で進行となりがち。
この2日間(2回)で
合計7時間半ほど費やし、
2回分を済ませただけ。

このように、お一人に同じ
内容(テーマ)で進行である
なら、1日で長時間集中の
講義もそれほど苦にならず。
(結果として2日とも)

しかし・・・

a89edd2a[1]












内容(テーマ)が違うと、
非関連の多角化かも?

ということで、かなり難しく
なると、お二人にご返事。

DSC00200












*単にDVDを鑑賞するだけの
 昔々の形式であれば、1日に
 何回も可能でしたけど。
 当時はビデオでしたが・・・
 (えっ!一部では今でも?
  類似の「社長塾」にご注意)

本日からスタートの
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』の初回。
この「土曜コース」には、
東京の会社からお一人
ZOOMでご参加申込。

何か勘違いでは?と心配し、
お申込時に即お電話を差し
上げると、開催日が土曜日だ
とのことでスケジュールが
調整しやすかったから〜と。
有難うございました。

ただ、現在はコロナ禍で
オフィス住所の東京都から
神奈川県三浦市に移って
テレワーク中心だとのこと。
そこ、どこだよ・・・
ですから、テキスト類は
移住先に送付するよう
連絡先をお聞きしました

miback















そして開催日を迎えました。
東京もそうですが神奈川県
からでも、かなり遠隔
だろうと思い、その旨
お礼を申し上げると、


「いや〜今日は
 たてやまからです」


何と!
富山県立山連峰

tatekukui












*その道のマニアに有名な↑
 「立山航空切手」銭単位。

そのようにしか私の
頭に浮かびませんでした。
(インチキ)関西人だから?
&超【視覚優位者】だから?

そう一瞬、思いましたが、
チャンとNHK「ブラタモリ
昨年に放送されていた回
(テーマ)


◆房総リゾート・
 館山はどうできた?





〜を見てたので直ぐ、
江戸っ子(かな?)に
恥ずかしくないよう
対応いたしました。
でも、どこだよ・・・

tateymm
















ともかく、いつもながら
マンツーマン開催では
個々の参加者から質疑を
優先で進行となります。
ですから今回も所定時間内
では、このテキスト
7ページ目に進んだだけ。
(お持ちの方は再確認を。
 実質2ページだけ)

かなりの時間延長をした後、
ただ今、ほどよい疲労感に
酔いしれてます(?)

*考える余力がないような
 ブログ記事を失礼。
(【視覚優位者】だから?)

もうスッカリ内容を忘れて
しまった、先月に修了の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』(失礼)。

DSC01862












(引き続き)実戦編2回目は
『新ビジネスモデル』との
テーマで復習のような内容。
1位主義の経営の目的から
戦闘まで実行する手順通りに、
今まで学んだポイントを
大枠で一通り着眼大局的に
言及していきました。

4post3












「目的」からなので、その上に
位置する願望など精神面は
除いてですが、それらも含め
上位の概念になるほど
簡潔ではあるが抽象的。

その一方、現場の業務となる
戦闘を含む戦術要因は、
末端の作業になるほど
細かくなりますが具体的。

DSC01861












例えば、前者であれば
「良い会社を作りましょう」
の考えも、それだけで行動に
移せるなら正解でしょう。
このことを、竹田先生
たまに「スローガン経営
と呼ぶことがあります。
(後述)

その考えをベースにして
後者となる現場での接客で
「常に笑顔でハキハキと」
のマニュアルも、一見する
と正解かと思えます。
(あまりに小手先

それが明らかにクレームを
言ってきたお客であったり、
しかも因縁をつけたような
悪意の場合もありえます。
それも競争相手がお客を
装っている場合も然り。
(旧版『顧客戦略』参照)

DSC05491












それらをどのように対応・
対策すべきか(先の)前者と
後者の間に入る目標から
戦略・仕組の概念で、考え
抜いて示すのが会社組織。

それが無いと、ある意味
現場だけでの個人芸に
終わってしまいます。
これこそ職人芸

そんな職人社長がこけたら
・・・その上、中小企業では
対応も出来ず「スローガン」で
終わる場合が多いとのこと。




以上、一般的な経営学では
この辺りで終わり、続きは
「だからマネジメントが
大切」云々とかと。

4post2












しかし、ランチェスター的には
その対応・対策(その考え方)
に大きく2通りあって・・・

DSC01864












・・・と基礎編くらいから
何度か説明していました。
だから、ご参加のお二人は
直ぐ解っていただけました。
抜かりなく予習&復習を
有難うございました。

DSC01863












*間の2通りの「・・・」を
 体系的に学びたい方は、
 9月中旬からスタート
 『戦略社長塾』にて!
 お待ち申し上げます。

先日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』実践編。
スケジュールの都合で
2コマを一気に。

最近ご多忙だったので
ZOOMオンリーでの
開催が続きましたが、
今回はリアル会場でも
受講いただきました。
有難うございました。

DSC01864












そんなリアル参加だから、
2コマを終えても長々、
ご質問等々が続きました。

いろいろ考えた目標や戦略を
含めた構想も、実際に
現場で実行してみないと
正しいかは解りません。
やってみなくちゃわからない
だらけです。

DSC01861












だったら、一気に実行して
みればイイのではとも
考えなくも無いですが、
それだと上手くいかない
場合に、見直すべき構想が
無いままとなるので、
失敗から得られる教訓に
近いモノがありません。

「やりっぱなし」なので
直線的、短期的で終わり。
一過性のほぼ戦術領域です。

3ddca072















こう書いていて別途、
思い出しました。


細野晴臣
「やってみなくちゃわからない」
を合い言葉に、試行錯誤しながら、
自然界の法則を検証・解明する
NHK・Eテレ『大科学実験』




DVDまで発売されていたとは。


この『大科学実験』まだ番組
やっているんですネ。

スタート当初の頃に、
ブログでも取り上げましたが、
そう思い出して、ついつい
見続けてしまいました。
(失礼)

本日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』で判明。

50646aaa[1]












ショック療法」は
効かなかったようでした。
残念!

何となく、経営の本質が
「ものづくり」な方には、
やはり置換えが難しかった
のかもしれません。
反省です。

ただ、そんな「我々業界」
云々を口にされる方々に
対して、どうすべきか?


第6章 差別化戦略
2.差別化対策の実行

【差別化対策の進め方】

1.社長が「できる」「やれる」と、
  積極的な心構えを持つ。


2.強い会社の社長と会わない。
  番外弱者は同業者と付き合わない。
  同業者が集まるパーティに行かない。


3.業績が良い
  他業界の社長と交流する。


4.「我々業界はこうだ
  「我々業界は特殊だ」に
  対しては、簡単に迎合しない。


5.戦略教材を買い
  原則をしっかり研究する。
 (原理・原則=既に解決済みの知識)


6.「こうでは?」と思ったら、
  すぐ試す。やってみる。
  (スピード重視の軽装備

part3_01_200[1]











つまり、実際に差別化するには
八方美人的な人ではダメで、
少し性格が変わった人
方が上手くいく。 

ただし「過ぎたるは足らざるに
及ばざるがごとし」で、
変わりすぎてもダメ。

7b2eb366-s[1]












ランチェスター経営(株)
 旧版『戦略☆名人』DVDより。


再確認をお願いします。
再確認を怠ると!?

*ショックだったので以上。

昨日、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』第5回、
応用編の客層戦略
今回はZOOM参加のみ。

IMG_6141
















まず冒頭(整合性のため)、
イゴール・アンゾフ氏
成長マトリックスにも似た
縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックスを↓
非関連の多角化チェック
前もってご説明しました。

a89edd2a[1]












その説明を前に
ランチェスター経営(株)
独立起業の成功戦略
DVDも鑑賞しました。

s312[1]










ちょうど、参加者お一人が
つい先日に開催しました
ZOOM勉強会」にも
ご参加いただきました。
(有難うございました)

その時と、少し説明が
重複してしまいましたので、
改めてご参加のご感想を
お尋ねしてみました。


「参加者同士で
 いろいろ意見交換した際、
 先に新商品を発表された
 方が、不覚にも想定外な
 展開になっていたことを
 目の当たりしました。




 今日また同じ説明を聞いて、
 別途DVDも見ていて、
 私自身の新商品も想定外に
 手間や時間がかかっているのは、
 まさに同じ状況にあるのでは
 と思って・・・」


そんな話しをされながら、
再度いろいろ論理展開され
またまた新たな気づきが
あったようでした。

市場性では順調そうに
展開できているようですが、
他の競争相手も全く
上手くいってない状況に、
お聞きしていた私も
妙に納得でした。

お客や営業方法が同じでも
ダメなものはダメなのかと。

暑い中、そんな熱い話しを
お聞きしていたから、
ショック療法」の結果を
お尋ねし忘れたかも。
失礼いたしました。
昨日のブログ参照

50646aaa[1]












ただ、私自身も新商品では
ないですが、新しく作成した
「新商品開発キューブ」?
(新・多角化チェック?)
の資料が想定外に解りづらく
なってしまっていたようで、
改めて↓土台から作り直しを
検討しております。

立方体










竹田先生『商品戦略』DVDの、
同じ新商品開発マトリックス
の場面で、


「人間は3次元になると
 イメージしづらくなる」

DSC09441













〜と苦々しい顔つきで
説明しているので、
解りずらいのは当然かも。
(ただし、違和感あり)

先週、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』第4回、
応用編の地域戦略

IMG_6135












ZOOM参加の社長様から
の言葉にショックを受けた
リアル参加の後継者の方

本講義が終わってからも、
新たな事業を展開する前に、
竹田先生が「手抜き工事
と呼ぶ実態を、どのように
改善するか質疑&相談など、
そのまま3時間ほど。

DSC01857












若さゆえで疲れを見せず
でしたが、ドンドンと
先代の父親や高齢社員さん
の職人芸にリスペクトを
抱く思いが見え隠れ。
時間と共に、そんな現状を
正当化するような発言に
変わってきました。

DSC01858












これでは元の木阿弥か
と危惧するのと同時に、
中年(おやじ)の私自身、
疲れより徐々に、腰に
違和感を感じ出したので、
ショック療法」を?

bone
















いや、私ではなく参加者に。

50646aaa[1]












DO IT!」シリーズ、
VOL.42 
 ホンダプリモカワムラ
 これが究極アフターケア!」
(現:HondaCars若狭様

DSC01859












鑑賞後、そこまで反応が
無さそうな状況でしたが、


「よくよく考えれば
 ビジネスでは、近くの人
 に支持されることは、
 当たり前ですね」


そう、しっかりと
心に響いたようです。

この言葉に、私も腰の
違和感を忘れるほど
スッカリ・・・でなく
スッキリしました。
合計5時間で終了。

DSC01860












参加者が素直に感じ取った
ことを先代の父親を含め
皆さんにお伝えできれば、
きっと思いは通じるはず。
単に、念じるだけでは
無いでしょうから

*この結果は・・・?
(暑くて尋ね忘れました

*タイトルと似たような
 記事を見つけたので、
 ご参考で↓貼り付けます。
 (日経クロステックより)





先週、開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。

IMG_6142
















第4回から応用編です。
しかも、ZOOMでご参加
だった方に、スケジュール
調整をしていただき、
リアル開催でお越しの方
同じ日(回)にご参加を。

これで、ご一緒に意見交換
出来ることとなりました。
有難うございました。

zoosun












しかも、ZOOM参加の
先輩社長様は、リアル参加の
後継社長様の業務に関して
前職時代の経験などから
知識も豊富で、実態も
把握されてました。

その業務自体は、人口が
増加していた時代であれば
個人向けのBtoCビジネス
で、集客が上手くなくても
成り立っただろうと推測。
しかし、今後は・・・

DSC01854












その業務の中でも、極力
アフターメンテナンスが
少なく手離れのいい仕事に
絞り込んでいたよう。

だからこそ、前回の


「・・・いえいえ、
 あて所に尋ねあたりません
 として戻ってきたのが
 30通ほどでした」

ate


*先代社長(父親)が久しぶりに
 お客さん宛で定期コミ的なご案内
 を100通ほど送付した結果。


これをお聞きになった
先輩社長様からは、


「・・・今まで、
 やるべきことを
 やってきてない証拠」


まさに、竹田先生が言う
手抜き工事」でしょうか。
これには後継社長様も
ショックを隠せません。
大切な顧客情報が揃って
なければ、戦略を考える
以前の話しかも知れません。

IMG_6165












ただ、その状況を変えるのに、
事業を承継した直後
今が絶好のチャンス!

後は説得材料か?

69d126f6[1]











そう言えば「社長になった
ものの、父の会長が経営を
任せてくれない」場合の
説明があったような?
(参考にならず・残念)

話しは説得材料に戻る。




*検索すると↑このような
 スター精密・佐藤肇社長様
 (当時)の記事を見つけました。 

気遣いの出来る、
2倍もの歳の差となる
後継社長様が参加された
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』第3回。

DSC01855












先日ブログでも触れた
前・社長様(父親)が
絞り込んだ商品の名称に
関して、あまり世間一般的に
認知されていないとのこと。

それが故に、個人向け
BtoCビジネスでは、
集客で一苦労しているが、
逆に事業展開としては
オンリーワン状態だとか。

DSC01854












だからか一度、商品を
ご購入いただいたお客さん
からは、そのメンテナンスに
絶大な支持を得られている
ようで、ほぼ浮気は無し。
何とも素晴らしい!

DSC01856












そんな支持率だからか、
久しぶりにお客さん宛で
定期コミ的なご案内を
100通ほど送付すると
程なく、30通ほど反応が
あったとかで〜スゴイ!?


「・・・いえいえ、
 あて所に尋ねあたりません
 として戻ってきたのが
 30通ほどでした」

ate


*先代社長(父親)が
 行ったことだとか。 


それほどの率で戻ってくる
のなら、私など切手代が
死活問題となりかねます。

*常日頃から慎重に
 住所変更のチェック
 余念がありません。




ブログが前後しますが、
これは「手抜き工事
そのものと言えます。
再確認ください。

↑このページのトップヘ