カテゴリ: 原理☆原則勉強会

お盆直前竹田先生
夏季セミナー前座
(私が担当して)開催した
ランチェスター法則応用の
「利益性の原則」勉強会

DSC00492DSC00490







既に触れたように
当日は『地域戦略』CD
から参照した資料にて
ワークも実施しました。

tiikisenryakubig[1]









そのワークでは、
ランチェスター法則
地域戦略の研究した後、
事業を続けた結果、
業績が2倍もの差に
なったケースを比較
してもらいました。

DSC00500DSC00499







これも既に触れた
その上で、粗利益表
再確認していただき、
あれだけの差だったのに
それでも業界平均と同じ
だったとの結果に。

BlogPaint












これには当日、
前列で受講いただいた
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾」へ既に
ご参加された方々は、
(残念ながら皆さん
 前座参加でしたが・・・)


「これでも、
 まだ1位になってない
 のか・・・(驚)」


〜と直ぐにピン!っと
来たと思います。

しかし、ここで大失態!?

DSC00497DSC00501







これも既に触れてますが、
ココで結論を出さずに
(先の結果を説明せず)
そのまま事前に受けた
アドバイスに基づき、
あの宿題内容を追加
し・・・ところが、
あえなく失敗でした。
π を忘れてました

だから、この後に
1位を目指す上での
戦略攻撃などにも
十分に言及できぬまま、
次に進んでしまいました。
申し訳ございませんでした。

DSC00489












ただ、終わってからの
反省会で「戦略社長塾」へ
ご参加されてない方からも、
先ほど触れたのと同様、
ピン!っと来た〜との
話しをお聞きしました。

利益性の原則」を追究
されている人であれば
独自で勉強されていても
納得いただけたのかと。

DSC00403












7月にご紹介した改訂版
ランチェスター法則
 による戦略☆名人
DVD、その新テキスト
の表紙に書かれた
(DVDパッケージとは別)
サブタイトルで、


『ランチェスター法則
 による戦略☆名人』

DSC00535






















商品・営業地域・客層で
市場占有率1位になり、
1人当たりの純利益を
業界平均の3倍にする法。


ココまでの業績に達するには、
以前から申し上げるように
単なる1番とかではなく、


戦略的1位の条件

1.1位であり、

2.占有率26%以上で、

3.2位との差が10対6

 (決して「3対1」じゃない)


〜との条件を満たさ
なければなりません。

そうすると、


1.粗利益の補給力が他社より強くなり、

2.お客を作る&維持する経費も割安になり、


〜との集中効果である
市場占有率の原則
が起きるのです。

こうなる根拠は
竹田理論】である
1人当たりの経常利益が
市場占有率の2乗に
比例するからです。

DSC00494












これは、ドラッカー先生
分厚い『マネジメント』↑
にも説明されてません。
再確認ください。

◆詳しく学びたい方は
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾・福岡」へ!

お盆直前に開催した
竹田先生のセミナー
ランチェスター式
社長の自己啓発」。

DSC00514DSC00509







その最後くらいで、
(この内容、後に注記あり)


中小企業の社長こそが
戦略教材で、繰り返し
学習するメリット


戦略教材で学習しても
最初に数回か一通り
見聞きしたくらいでは、
全く知らない情報や
実感がない内容などは
頭を素通りし残らない。

(今まで教わったことと
 似たようなコトくらいしか
 記憶に定着しにくいかと)

DSC00533













だから一定期間あけて
20〜30回ほど
反復学習しておく。

特に、中小企業の社長は、
日頃から戦術面も含め
いろいろと実践して
体験することが多いので、
同じ教材を見聞きしても
その実践を伴う体験を通じ
新たな気付きが得られる。
それで頭に入ってた情報が
知識として蓄積される。
(体験学習&経験知識)

DSC00534













なお、本だと間を置いて
20〜30回とか読み
返すのは難しくなる。
(事実、ほとんどの人は、
 同じ本を何度も読み
 通すことが少ない
 1回読んだくらいではダメ

この『間を置いた反復学習』
を、5年ほど続けていくと
一気に実力がアップ・・・

sabetubig2












*実際は、最初に10回ほど
  繰り返し学習した後に、
  3〜5カ月の間を置いて
  2〜3回の繰り返しの学習。
  それを5年ほど続ける。
  (教材「差別化学習」より)


〜と時間をオーバーしても
締めで教材をPRして終了。
予定は1時間50分でした
が、2時間ピッタリ。

DSC00527DSC00521







とは言え、いつもながら
予め案内文には、


「諸事情により
 セミナー時間が延長する
 場合がございます」


〜と告知してましたので
一部二部の方々を除く)
いつの間にか竹田先生
先に退室してしまっても、
ご参加の皆さん「最後のご挨拶」
までご熱心に聞き入って
くださいました。
有り難うございました。

DSC00503DSC00507







ところで、後記として
ブログで早々に触れました
が、セミナー冒頭は




〜と昨夏と同様の予報
だったのですが、早々に
秋雨前線が活発化してか、
先週末の福岡近郊では
日中も30度を下回り、
(私の予想に反して)


「見事!
 (処暑の)予報が的中」


このことに竹田先生も
一安心したのか、先週末
ランチェスター経営(株)
事務所へ寄った際には
9月になれば〜
 Come September』
の曲が流れてませんでした。
私も一安心

_SL500_AA300_[1]















この竹田先生の予報が
当たった、そのお祝いで
(と言うよりも、私の
 予想が外れたお詫びで)

お盆直前に開催した
竹田先生のセミナー
社長の自己啓発」。

DSC00530












その内容の半分ですが、
プロのカメラマンによる
収録映像を大公開します。

残念ながら予定など重なり
ご参加できなかった方も
ぜひご覧いただき勉強を!
では、どうぞ!!


竹田陽一YouTube】から




◆ランチェスター経営
 早解り・社長の自己啓発   
  (社長の戦略実力を3倍高める)

*あくまで時間的に半分。
  なお「ズームイン竹田」も
  途中に何度もあります。


たぶん、ご参加された方も
セミナー途中で薄々、
気付いたかも知れません。
ほぼ講演テキスト
無視したような進行に。

IMG_4612
















私としては、直前に
打ち合わせした内容
異なったので、またもや
他人の敷いたレールに
乗らないのかと思いきや、
最初に打ち合わせた際、
(開催の2カ月弱前)


ユーチューブの動画
早解り・社長の自己啓発
 (約50分)」から
PR的な部分を除き、
より深い本質的な内容
まで語ってもらいます。

*実際、案内文に記載。


〜的なことも竹田先生に
お願いしてました。
その時は何ら返事もなく
聞き流して終わったのか
と思ってましたが・・・

その最初にお願いした
通りに、セミナーでは
進行したのだろうと。
(ただPR部分は残して)

まるで、棚卸しでの
先入先出法」とか
後入先出法」とか
ならぬ、竹田先生流
「後忘れ先出法」?

DSC00516DSC00519







ともかく、YouTubeでの
早解り・社長の自己啓発
では詳しく触れてなかった
(セミナーのみでの)

『中小企業の社長こそが
 戦略教材で、繰り返し
 学習するメリット』

〜に関しては忘れぬよう
冒頭に書いておきました。
ぜひ再読ください↑
(これぞ、後入先出法?)

DSC00520












なお、同様に竹田先生が
セミナーでしか話さなかった


水割り2杯からの
「スナックけいこ」の法則、


こちらは微妙な内容
なので、秘密に・・・

お盆前の日竹田先生
夏季セミナー前座
(私が担当して)開催した
ランチェスター法則応用の
「利益性の原則」勉強会

DSC00490DSC00499







そう言えば反省会で、


「いつもながら
 伊佐さんの勉強会
 いろいろ捻ってばかりで、
 コリコリよ」


〜との声を、一部で
お聞きしました。
(さすが、定点観測者


「懲り懲り(コリゴリ)」


〜ではございません、
(いや、本心は微妙?)


「凝り凝り(コリコリ)」


〜だとのことでした。

DSC00501DSC00492







どうも、毎度の事ながら
資料が多くて、その都度
どの資料に目を通せばいいか
戸惑ったり、また一筋縄で
いかない説明もあったり。

やはり、マニアック過ぎる
とかで〜的確なご指摘を
有り難うございました。

DSC00495
















*意味無く「マネジメント」↑
  重たかっただけ・・・
  コレこそ懲り懲り!?

7b2eb366-s[1]










使用したDVDテキスト
旧版『戦略☆名人』では
6ページ分しかない
利益性の原則」を、
当日は『地域戦略』CD
から参照した内容などで
資料を作成させた上に、
ワークも実施しました

しかし、そのワークでは、
事前に受けたアドバイス
に基づき、あの宿題内容
を追加し・・・ところが、
あえなく失敗でした。
π を忘れてました

DSC00497DSC00500







それでも、ワークの際、
粗利益表を再確認。
あれだけの差だったのに
それでも業界平均と同じ
との、現実の厳しさを
参加者に知っていただけた
とは思っております。

BlogPaint












ただ、本当は開催前日に
打合せた際、資料の中で
竹田先生に話していただく
ようお願いした内容。
(でも、ムっとした顔で
 返事せずに立ち去った)

DSC00525DSC00530







結果的に、セミナーで
竹田先生は全く触れずに
終わってしまいました。
その内容のキッカケとなる
定番の(利益表の裏面)
上場企業1人当り経常利益
すら全く触れずだったのは、
頑なに前日のお願いを拒否
されたからかと・・・

f4d91e84[1]












それを一部の参加者宛に
自分宛のハガキで追記
しておきましたが、
その自分宛のハガキを
忖度されて書かずだった
方もいらっしゃいました。
失礼しました。

DSC00496












改めて、ご紹介します。
ご確認願います。

*参加者のみに解る内容です。
  ご参加されて無い方で、
  この内容を詳しく知りたい方
  は、私の「戦略社長塾」
  ご一緒に勉強しましょう!


◆「味の素」の
  1人当り経常利益(推移)


・2005年   945

・2006年   955

・2007年   772

・2008年   355

・2009年   758

・2010年   124

・2011年   430

・2012年   704

・2013年 1,476 

・2014年   757 

●2015年   615
 (現社長に交代)

・2016年   824

・2017年 1,116

・2018年   254(連)

・2019年   157(連)


ランチェスター経営(株)
  「利益表」より(単位は万円)

営業マン2サイト











◆「味の素」の時間配分
 (主に営業マン)


 ・移動時間が、25%

 ・社内業務が、55%

 ・面談コミが、20%?


druckee


「1/4以上の時間が会議に
 費やされているならば、
 組織構造に欠陥があるとみてよい」

ドラッカー先生経営者の条件』より


加えて、準備だけして
配布すらしなかった資料が
まだまだ山ほど・・・
申し訳ございませんでした。

DSC00489












今年末の勉強会に、使い
回ししましょう(苦笑)
乞うご期待を!?

竹田先生の夏季セミナー
同日の先週末に、前座
(私が担当して)開催した
ランチェスター法則応用の
「利益性の原則」勉強会

7b2eb366-s[1]










その使用テキストだった、
旧版『戦略☆名人』DVDで、
かなり重要な「2乗作用」に
関する内容について。
前に何度か紹介済


経営における第2法則の成立状況


【原則】経営力は、ある限定された局面に
     投入される戦術量の2乗に比例
    (本来これが下記のァ法

‐売業では店舗面積でに売上げが比例。

建物の階数を多くするのは不利。

K問型営業では経常利益は人数に比例。

け超肇泪鷂朕邑朕佑糧稜篶呂蓮
 訪問面会件数の2乗×質(技術)。

ε垰圓僚元厠呂録邑の2乗に比例。

パレートの法則が成立する根拠も。
 (累積量はもっと。結局、3乗に)

DSC03333













このように力関係で2乗比になる
モノが身近にいくつもあるので、
観察して見つけ出してもらいたい。


これらの中から、
Δ鉢Г亡悗傾腓錣撒擦如
(既に触れましたが
竹田先生は後のセミナーで
話しを進めました。

DSC00528












その直前、,鉢△亡悗靴討
床面積など詳しく数値
示しながら、合わせ技で
話しを進めました。

その事例で、スーパーとか
デパートなどで、弱者の会社
なのに強者の戦略で、身のほど
知らず型で倒産してしまった
(ないしは創業家が身売りした
上場企業をいくつか・・・

DSC00502DSC00520







中でも、ランチェスター経営
の教材でも頻繁に登場する
事例でもあるのですが、
締めのセリフは、


「・・・その会社が
 潰れた理由は、
 社長自身が私の話しを
 聞いてなかったから」


〜ズバっと!

DSC00530DSC00509







続いて説明されたのは、


「(社内研修講師で)
 その会社に呼ばれて 
 話しをしたことがあったが
 研修に参加してたのは
 現場の課長クラス程度。
 社長や専務などは
 一切、顔も出さなかった。

 これなど、社長が
 戦略と戦術の区別を
 付けてない証拠!」


セミナー途中、別の話題で 
岐阜県の未来工業(株)
・創業者の山田昭男氏や、
京セラの稲盛和夫氏について、
ランチェスター経営戦略や
弱者の戦略など特別に
勉強したわけでもないはず。
本能というか動物的感覚で
これに相当する戦略を
自然に実践されて、
あれほどまでに会社を
強く大きくされた云々〜

fa54967559cfd2e2










これらのことから、
(安易に)竹田先生は
ランチェスター経営を
社長が勉強してないから
会社が潰れた〜とは
滅多に言ったりしません。
(今回は無かった)

DSC00525DSC00531







先ほどの事例のような
(ご自身の)戦略セミナー
なのに、若い従業員や
女性事務員までを
中心に参加させたり、
(もちろん社長は不参加)
戦略教材は(強引に?)
購入されたとしても
その教材で社長は勉強
せず、対して従業員に
勉強させようとする場合
は〜ケチョンケチョン!?

DSC00534












たぶん、このブログ
目にされる社長様は、
該当しないと思います
が〜念のため。

昨日、開催しました
竹田先生の夏季セミナー、
ランチェスター式
社長の自己啓発」冒頭、


「この暑さもショショの
 8月22か23日まで。

201908d2













(地球の傾きを↑描きながら)

 これから夜が長くなり
 徐々に涼しくなる」


・・・ととととっと?

竹田先生!

昨夏のセミナーでも冒頭、
同じネタでスタート
していたような??
(昨年の証拠写真↓)

DSC09559












コレは私だけでなく、
昨夏もご参加だった
前列4名の方+プラス
後方1名の5人ともが
同意だったはず。
(最前列のお二人は確実)

竹田先生の服装が、
ランチェスター」との
ロゴ入り 作業着 シャツ
だけでなく、靴以外は
全く同じだったから
見分けが付きにくいかも
知れませんが〜比較を。

DSC09557












◆昨夏はメガネ無し↑

◆今回はメガネ姿↓

DSC00504












加えて、いつもながら
9月になれば
 Come September』



とのテーマ曲についても
思い入れ深く言及。

_SL500_AA300_[1]















それにしても二十四節気
で8月23日頃に当たる
「ショショ」という
漢字ですが・・・

201808d1












◆昨夏は「処暑」↑と、
  ホワイトボードには
  夏至の日付を書いて
  います(6月22日)

◆今回は「暑処」↓と、
  該当する8月22か
  23日を書いています。

201908d1












どちらの漢字が正しいか、
セミナーご参加の皆様!
竹田先生が指導されたように
6千円くらいの厚い辞書
ご確認願います。

そんな、ドキドキ&
ハラハラ状態は、最後の
最後まで続き・・・

DSC00534












・・・でしたが、少し
予定時間をオーバーしての
2時間、締めは拍手で終了。
ご参加いただいた皆様、
有り難うございました。

ともかく、竹田先生の予報は
昨年と同様で大外れしそう?

昨年末に開催しました
竹田先生特別セミナー
ご参加された方から、
先月末ご質問があって
の思い出しネタ。
昨日の続きです。

DSC09915












PMリーダーシップ理論は、
。亠’宗Щ纏遂行能力
■裕’宗Э祐峇愀固塾

との2つの要因となり、
そのウエイトは「1:3」
(。械魁鶚■僑掘鵝

DSC09891DSC09896







なぜ、このようなウエイト
になるかは、三隅教授
実態調査からも明確なの
ですが(M機能が優先)、
三隅教授自身はウエイト
付まで踏み込んで理論化
されていませんでした。

ただ、リーダーシップは
部下(従業員)に対する
影響力のことであり、
基本、部下の立場からの
捉え方が優先してきます。
(リーダー自身からは逆)

DSC09908DSC09916







またリーダー(社長)の
人間関係能力は、経営に
おける「人間学」であり、

 ”下(従業員)に
  対する人間関係

だけでなく、

 △客に対する人間関係

も含まれると、今回の
セミナーで竹田先生
説明されました。

DSC09922DSC09921







この△亡悗靴討蓮


「社長が従業員を通して
 お客に接触していると
 捉えられると解りやすい。

 だから、社長と従業員と
 の人間関係が良くなると、
 従業員とお客との
 人間関係も自然と
 良くなっていく。

 逆に、従業員との
 人間関係が悪いと、
 従業員とお客との
 人間関係も悪くなる。

 これが電話応対などに
 表れて、結果として
 業績にも影響する」


また、その同義で、社長に
よる業績達成(仕事遂行)
能力にも影響を及ぼすと、
教材では説明されてます。

DSC09754












そんな説明の中で、
事例に挙げていたのが
地元福岡の老舗百貨店
についてでした。


「(昔のことですが)
 経営陣と組合員が
 いつも労働争議で
 もめていたので、
 末端の従業員と
 お客との人間関係も
 自然と悪くなってた」


こんな状態は、旧版
「顧客戦略」DVD
中でも説明されてます。

69e94b7f[1]











蛇足ながら、別のケース
ではありますが、かなり
以前にブログ記事にした
竹田先生の話しから、
一部を抜粋します。
(以前の後継者育成塾より)


老舗百貨店に電話をして、

3月24日193月24日20








「○○○○さんの
 AZカードが入った
 財布を拾ったのですが、
 ご本人に連絡して
 貰えませんでしょうか?」

iazcar








そのように言うと、
老舗百貨店の担当者は、

「あなたと、
 ○○○○さんとは
 どういう関係ですか?

 本当に拾われたのですか?
 盗んだのではないですか?」

3月24日173月24日18








〜と矢継ぎ早に質問を
・・・まさに取締りで、
一向に教えてくれそうに
ありませんでした。


この逆に、従業員と
お客との人間関係が
良い会社では、従業員は
お客が思っている以上
のサービスを実行する。

ただし、この場合は
あくまで従業員の
自発性によるのだと、
先にも触れた年末セミナー
で話されました。

DSC09923












このような内容は、
「リーダーシップ」の
各教材はもちろん、
「顧客戦略」の教材
でも説明されていたか
どうか・・・確認しました

昨年末に開催しました
竹田先生特別セミナー
ご参加された方から、
先月末ご質問があって
の思い出しネタです。

DSC09894












セミナーのテーマは、
ランチェスター法則による
リーダーシップ戦略

DSC09913DSC09921







前にも触れていますが、
竹田先生が説明される
リーダーシップ自体は
九州大学三隅二不二教授
が研究された
PMリーダーシップ理論
集団力学研究所)を
ベースにされています。

DSC09807















このPM理論は、

。亠’宗Щ纏遂行能力
■裕’宗Э祐峇愀固塾

の2つの要因となります。
理論の内容自体が大きく
変化することはありません。

DSC09896DSC09891







しかし、今回のセミナー
では三隅教授が研究して
いった過程から説明され、


1.仕事の計画性
2.仕事遂行能力
3.部下との人間関係

DSC09915




















〜との3項目を列挙。
(ホワイトボード参照↑)

その後も大企業などで
研修を通じ実態調査を重ね
2要因(PM)に集約したと。

DSC09754












これらの内容は、昨年末に
改訂されたDVD教材
社長のリーダーシップ
の中で(たぶん初めて)
触れられています。

なぜ急に?

DSC09755












昨年の初め、急遽

◆高先生の
実践PMリーダーシップ
高禎助(ていすけ)先生の講演)

こちらが販売されました。

一連のDVD改訂作業を
進めていく際、竹田先生も
思い出して講演テープを
聞き直して、思い出して
原稿に書き加えたのだろう
と思われます(たぶん)。

&思い出してCD化にも。
(思い出してPR)

cd343big









このこともあって、
ご質問いただいた方に
(当然)より詳しくは
教材で勉強することを
オススメしました。

DSC09907DSC09908







加えて、これは先に
案内文へ記載してましたが
(一般的なPM理論も含め)
多くの本で説明される
リーダーシップ論は
大企業の役職者向け。
中小企業の リーダー
(特に社長)にとって
応用しにくい上に、
勉要したとしても
企業規模の不一致で
身に付かないのが実態

DSC09918DSC09916







その点から、竹田先生は
中小企業の社長向けに、
経営戦略分野の要因を
M機能(仕事遂行能力)
に加えています。

同時に、それらの要因に
対するウエイト付も
加えています。


リーダーシップの構成要因

1.願望・熱意(57%)

 *仕事時間に現れる
  (逆もまた真なり
  が、中には「願望」と
  時間能力を合わせて
  表記する場合もあり。


2.人間関係能力(29%)


3.仕事遂行能力(14%)


なお今回のセミナーでは
「1.願望・熱意」を除く
。亠’宗Щ纏遂行能力
■裕’宗Э祐峇愀固塾
の、2要因で説明しました。

DSC09913












では、なぜM機能の
人間関係能力の方が
ウエイトが高いのか?

長くなったので・・・
続きます

昨年末に開催しました
恒例の「計画勉強会」で、
一昨年と同様
事前チェックシート
として参考にしました著書

667510f5















「計画力」を強くする
 あなたの計画はなぜ挫折するか
 著者:加藤昭吉氏
講談社ブルーバックス

このように、2年続けて
「事前チェックシート」で
参考としたのですが、
2年続けてご参加される方
にとっては、耳にタコ的に
成りかねないと危惧して、


昨年末より若干、
加筆・手直し、
項目も増やしています。
再チェック願います。



〜と大きく注記しました。

DSC09883DSC09882







その甲斐もあってか、
事前に目にしなかった人は
いなかったようでしたが、
何度か読み込んで
事前ワークシート」に
取り組みすぎたためか、
チェックシートだけでなく
書き込んだワークシートも
持参し忘れた参加者が・・・

今年末、また新たな一手で
挑まなければいけないのかと。

DSC09842DSC09823







そんな参加者の中で、
「事前チェックシート」で、
すごく気に入っている文章が
あり、このことを日頃から
心掛けていると仰る方が
いらっしゃいました。
有り難うございました。

その文章ですが、
(該当する部分のみ抜粋)


「直感(感じる思考)を磨く」

 直感によるヒラメキは、
 その問題についての
 基礎となる論理的思考が、
 どれだけ身に付き
 経験を積んできたかに
 かかっている。

 直感は外れることも
 あります。それを防ぐのが
 論理的な思考です。

 直感力を磨くためにも、
 論理的思考を鍛える必要がある。


この最初にあるように
「直感を磨く」だけなら
ランチェスター経営に反した
考え方に当たるようです。

DSC09860DSC09855







私も10年ほど前の夏
開催した「お盆特別勉強会
Web戦略&経営原則
で「直感にたよるな」と
紹介していました。

douthek












これは生物学者:福岡伸一氏
が当時、新聞の記事か何か
で語っていた内容です。

全く内容を忘れましたが
同時期に出版された著書
動的平衡」からだと、
福岡伸一教授_botから)


直感に頼るな

私たちは重要な箴言
(しんげん/戒めの言葉)
を引き出すことができる。
「直感に頼るな」
ということである。

つまり私たちは、
直感が導きやすい誤謬
(ごびゅう)を見なおすために、
あるいは直感が把握しづらい
現象へイマジネーションを
届かせるためにこそ、
勉強を続けるべきなのである。

それが私たちを自由にするのだ。


も〜っと申し上げると、
私が勉強会で提示した内容か?
前半講師の(株)ストラテジア
前田様が提示されたのか??

お盆イントロダクションお盆前田さんと竹田社長







はたまた、エアコンを消す
暴挙に出た竹田先生が提示
し途中退席されたのか???

・・・暑すぎて記憶に無し。
(本当はスッカリ忘却)

お盆高槻から紹介お盆無表情







話しを戻して、世の中に
最後は直感に頼らないと
いけない課題も多いでしょう
が、その直感力を高めるにも
日頃から勉強して論理的な
思考を鍛えておかないと
(特にランチェスター経営で)
いけない〜とのことで、
紹介した2つの内容はほぼ
同じ意味を述べてるかと。

とのことで&とのことで、
今年末の勉強会では
福岡伸一氏の著書を
参考に・・・?



毎回遅刻する人には・・・
タイムサブミッシブ


 待ち合わせ時間を
 中途半端に設定する

【例】15:00集合→14:58集合

 遅刻する人は時間を
 アバウトに捉えてる。
 15時集合は15時頃集合に
 変換されて、15:10とか
 15:15とか・・・中途半端
 な時間にすることで、
 時間の感覚が細かくなる。


昨年末に開催しました
計画勉強会」について、
竹田先生セミナーと同日に
開催だった回(29日)は、
開始時間を【12:50】
中途半端に設定しました。
(終了も、15:40

DSC09851












続いてセミナーがあるので、
竹田先生が早々にお越しに
なったことも過去にあり
(参加者を邪魔する↓竹田先生)
       と雑談

DSC07333DSC07334







また時間ギリギリで終了
したことも多く、少しでも
他の回より開催時間を長く
設けようとしたことが
主たる理由でした。

DSC09860DSC09855







もちろん冒頭に紹介した
「タイムサブミッシブ」
も理由にあったのですが、
その効果は・・・半分?
(開始してから数分の写真↓)

DSC09844












急な欠席もありましたが、
このように参加申込者が
最初に揃わなかったので、
勉強会の内容とは異なる
ため、本当は開始直後に
実施する予定だった
ランチェスター・カレンダー
関する問題は後回しに。
(これも中途半端の理由)

IMG_4025















もっとも、この勉強会を映画
ボヘミアン・ラプソディ
Bohemian Rhapsody
を、当時4回ご覧になった
(現時点で11回!?)
とある社長様にご案内
さしあげた時点では、


もし年末29日(土)に開催
の「計画勉強会」にご参加なら
映画のラストシーンの本物、

DSC09926














+プラスα を流しますよ。
 (実際の鑑賞シーン↑)


〜に関し、これを本当は
冒頭に流す予定でした。
そのためにも10分早い
開始時間としました。

bohequu















しかし、開催前日
リクエストいただき、
セミナーも含め全てが
終っての【18:30〜】と
させていただきました。
ホワイトボードにも↓記載)

DSC09859












そんな&こんなもあり、
もしかすると私にとって
今回の「計画勉強会」は
「荒波」「四苦八苦」・・・
くらいだったのかも。

DSC09854












皆さんと同様、
今年末は進化を!
試練と悪戦苦闘以上に)

*昨日(12日)に記事作成時、
  画像表示やアップロードが
  できない障害の発生のため
  後日、 改めて写真などを
  アップロードしております。
  (文面も一部を追加修正)


年も明けて、ほぼほぼ
記憶も薄らいだ昨年末に
開催した「計画勉強会」、
ランチェスター法則応用の
「市場占有率(シェア)
 アップ計画」勉強会

DSC09841DSC09840







海外との取引を主とされる
会社の社長様がご参加で
マンツーマン開催を。

トランプ政権が誕生して
から為替レートに関係なく
不安定要素が増加しており
想定外の事に対応できず
苦しんでいるとのこと。
そんな右往左往した状況に
会社の方針をも大きく
変更せざる得なくなり
最低の業績だったとか。

IMG_3429















これも&それも、
社長様自身が今までの
常識の延長で、バクチ的に
海外へ拠点を設けた途端、
早々に輸入禁止を食らい
撤退を余儀なくされそうと。
これら全てを損害に。


「・・・確かに今の
 海外情勢を考えると
 バクチ過ぎたかも」


〜とのご自身の決断ミスを
反省しつつも、その当時
まだ入社数年しか経たない
ご子息さんが、珍しく
社長様(ご自身)に反発し、
シッカリと自分の意見を
ぶつけてきたことのこと。

DSC09842DSC09843







当時を思い出しながら
語ってくださいました。


「日頃は会社で全く
 会話らしい会話も
 ないのに・・・

 あいつ(息子)も
 あいつなりに会社の
 実力を鑑みた上に、
 将来のことも考えて
 見てくれてると知って
 少し嬉しかった。

 ただ・・・」


〜との貴重なお話しを
お聞きいたしましたが、
この後の「ただ」以降の
思いが、願望か単なる欲望か
は、改めて「戦略☆名人
を通じてお尋ねしました。

7b2eb366-s[1]











政治情勢の変化がないので
あれば(不安定な情勢のまま)、
それに対応して会社の方針を
練り直さないといけません。
そうなれば当初の思いは
売上主義的な欲望に陥って
しまいそうで・・・

ともかく、まずは今回、
期限を決めて貰いました。

DSC09854












とのことで、親子で別々に
ご参加いただきましたが、
試練」と↑「悪戦苦闘」と↑
(一緒と言えば一緒?)

DSC09859DSC09855







何とか最後に整合性を
取ることが出来ました。

この状態、トランプさんが
大統領で居続ける間は
ずっと・・・・・?

↑このページのトップヘ