カテゴリ: 原理☆原則勉強会

お盆前に開催しました
あなたも戦略名人になれる
【後半】竹田先生セミナー

DSC01495












そのセミナーのレジュメに
わざわざ私が付け足して
記していたのですが、全く
竹田先生が触れず終わった
時間戦略に関する内容から。


◆社長は時間戦略を実行

・・・また、社長が
経営戦略の研究をするため、
休日に自宅で本を読んだり
DVD教材を見たりすれば、
それも仕事時間に入れる。

休日に自宅で経営の研究や
仕事を持ち込まないことを
「主義」にしている人もいるが、
特別に才能がある人を除き、
総じて業績は中の下。

時間戦略に限らず(経営では)
物的証拠を集め検証すべき。

CIMG8053















*最後の文章は、竹田先生の
 いつものセリフを少し加工。


ココの部分、事前に
ブログでご紹介した文章には、


今回の参加申込者では
大丈夫とは思いますが・・・





〜と記してましたが、
実はズバリ!な対象者が
参加申込いただいてました。
(内緒の内緒)
ですから、わざわざ付け
足したまま残してました。

ただ(先に触れたように)、
竹田先生が触れずでした。
「古い」とかの理由で
却下されたのかもです。
(または、時間戦略だけに
 時間が足らずだった?)

DSC01505












しかし、その対象者だった
方は、ちゃんとセミナーの
復習をされたのでしょう。

お盆明けの雨続きの中、
別件でご連絡した際、


「いや〜っ、ここ最近、
 年間5000時間は
 ムリとしても、頑張って
 4000時間以上
 心がけて、常に仕事の
 ことで頭を働かせようと
 切り替えました」


ご熱心に有難うございます。

ただ、逆に日頃のバタビン
延長されてないか、少し
不安でもありますが。
休日は戦略の研究日に

884fa675[1]












改めてご参加いただいた方々、
レジュメの4ページ以降
復習をお願いいたします。
(残り12ページ分)
一瞬しか使用しなかった
利益表」も再確認ください。

S1430007










なお、復習されて何か
課題が見つかったりの場合、
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』へ是非。
新コース、9月からスタート
お待ち申し上げます。

お盆前に開催いたしました
あなたも戦略名人になれる
【前半】勉強会での写真、
探したところ、ようやく
見つけ出しました。

DSC01481












私が数枚、撮っていた記憶が
あったのですが、パソコン内
どこに移したか行方不明。
失礼しました。

ただ、撮影者が私自身なので
全く私は写ってません。
失礼・・・その方がOK?

DSC01480












(株)プラスソフト竹花利明氏
と学ぶ「不倒の経営」勉強会
として実践発表(実質の講師)
いただいた竹花社長様は、
TVモニターの右に小さく
・・・の「点」状態でした↓
大変、失礼しました。

DSC01479












そんな状態で、ドンドン発表
していく中、竹花社長様から、


ランチェスター経営
 学んでいる人にとって、
 (語源に基づいての)
 『経営戦略とは社長の術』
 これは常識と言っても
 イイくらいでしょう。

 *折角なので↓4月末より。

DSC01416














 これに対して、改めて

 ◆それでは『社長の術』とは
  何でしょうか?

 このように尋ねると、
 『戦略です』と答える
 ような人が多い。
 そのように答えた人に、

 ◆それでは『戦略』とは
  何でしょうか?

 このように尋ね返すと、
 『社長の術です』と
 答える人が多い。

 これでは意味が無い・・・」


確かに、この堂々巡りな
問答を見聞きしたことが
何度かありました。
(それが正解だと言う
 先輩もいましたが)

DSC01478












ランチェスター経営を
どれほど勉強したとしても
こんな勘違いで止まって
いるなら、その勉強自体が
「意味の無い」ことだと
割り切って、別で正しく
勉強する場に移ることを
オススメいたします。


「それでは、その答えは?」


〜を知りたい方は、
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』新コース、
9月からスタートへ。
お待ち申し上げます。




その答えは解っているが、
内容自体をより深めたい方は
◆9月からスタートする
(株)プラスソフト
・竹花利明氏と学ぶ
「不倒の経営」勉強会
戦略基礎コース)へ。

連日うだるような暑さの中
昨日、開催いたしました
あなたも戦略名人になれる
 勉強会&竹田先生セミナー
ご参加を有難うございました。

DSC01490












その暑さの中、開催前日に
私自身が熱中症気味になり、
数時間ほどダウンしてしまい、
物理的な準備以外が不十分な
まま当日を迎えました。
(だから写真はセミナーのみ)
申し訳ございませんでした。

DSC01483












もし、開催が1日早かったら、
主催者が不在で、もっと
大変なことになっていた
かも知れません。

*いや、先に触れていたように
 私が来なくて無事に開催?
 (プレッシャー




ところで、こんなブログを
今、書いている間にでも、
ここ福岡県に台風が大接近。
周りが暗くなってきて
ドンドン雨が激しくなり、
まさに嵐の様相です。

DSC01494












もし、開催が1日遅かったら
講師&リアル参加者が
セミナー終了後、帰宅困難
になってしまっていた?
(少なくとも私は困難)

それより一番の心配なのは
嵐の中でのZOOM接続
環境だったかも。

DSC01498












ともかく、今も帰宅困難に
陥らないよう以上。

DSC01501












*台風がウイルスを
 吹き飛ばして〜などは
 無いでしょうか(祈!)

昨年末に開催しました
竹田先生セミナー」。

DSC01370












先日のブログで書いた通り、
竹田先生ドラッカー先生
に言及されました。


簿記会計に弱く
&営業職の経験が無い
大物経営コンサルタントに・・・
(オリジナリティは豊富)




*今さら「これって、
 ドラッカー先生のこと?」
 とは言わないでください。


続けて、ドラッカー先生の、
枕にしかならない(でも固い)
膨著(?)『マネジメント』から
後継者がドキっとする話しを。


「・・・その分厚い本では、
 300人以下の会社は
 企業と言えない、
 と書いてあります。

9d9ebe84[1]














 その理由は、
 後継者を育てる余裕がない。

 先代社長が引退すると
 その後を引き継ぐほどの
 能力のある人がいない
 ので、会社が続かない。

 2代目のボンクラ息子は
 名前を引き継ぐだけ継げるが、
 15年〜20年ほどすると
 会社はダメになってしまう
 場合がほとんど。

 まともに経営できる
 人間を育てるには
 300人を越さないと
 ムリで・・・」


最初は笑って聞いていた方々も
途中から引きつったような
面持ちで聞き入ってました。


「・・・上場企業では
 後を継いだ上、さらに
 良い経営をしている
 のが実態です。

 中には、ボンクラの
 ような後継者もいるが、
 中小企業と比べると
 遥かに事業の持続力がある。

 それが出来るのは、
 経営管理者がいるからだ。
 (マネジメントチーム)」


こう話す竹田先生は、


「確かにそうです・・・」

S1350019












「確かにそうです・・・」

S1350055












〜と、途中で何度も同意する
(同意させる)ような言葉を
挟んで進めていき、


「・・・では、中小企業は
 どうすれば良いのか?

S1350056











 それに代わるモノが
 必要となる訳でしょう??」


なるほど・・・だから、
中小企業(の社長)にとって、
ランチェスター経営が必要
となるのでしょう。

この辺りの内容は、
ランチェスター経営(株)
の『二代目の経営戦略
教材CDで説明されてます。

69d126f6[1]











しかし・・・!?

そんな竹田先生の話しに、
単に納得するだけだと
ある意味では信者(?)
注意せねばいけません。
信者にならないためにも
思索が必要です。


「ドラッカー先生は
 本当に、そんなことを
 書いていたのだろうか?」


『マネジメント』は、先述の
通り回りくどくて抽象的な
説明が多い「膨著」なので、
その項目を見つけましたが、
同意するような内容を探せず。
(本を持つ腕も痛くなる)

DSC04610












ただ、それより前に出版
された『現代の経営』からは、


・・・小企業は、
個人経営の会社と違い、
経営者と労働者の中間に
一定の経営階層を必要・・・

・・・経営階層が無い限り、
それはやはり個人経営であって、
小企業と呼ぶことはできない。


中小企業にとっての大きな
問題は、規模が小さすぎる
ために優れた経営管理者を
持つことが出来ず・・・

・・・十分な能力を持った
経営者を育成することにも
困難がある。


*2代目ボンクラ社長の
 似たような話もあるが、
 あまりに抽象的すぎ。


〜と、ほぼ同義の内容を
読み取ることが出来ました。

DSC01376












やはり「コピペ」ではなく
何度も思索を続けた上、
自分の考えで埋めていった
竹田先生なのでしょう。

ともかく、中小企業にとって、
ランチェスター経営(株)
が必要となるのです。
(先ほどと少し異なります)




これこそ、ドラッカー先生が
凡人のために、わざと空けて
おいてくれたのですから。

お盆前竹田先生セミナー
その直前に開催の【前半】
パネルディスカッション(勉強会)
本当に、ランチェスター戦略は
 不況期に強いのか?」。
 (写真は↓案内文から)


suzutakeh










開催後記的なことは、
チョコチョコと書きましたが、
公開できない内容だらけ。




というか、実は続くセミナー
の準備でパソコンなどの位置
を変更した途端〜ブチッ!
と配線が切れました。
焦れば焦るほど変な操作を
したため、wifi まで切断。




この話題の↑少し後に)
会場内でリアル参加者が
見ていたTVモニターは
パネラーの錫木健一社長様
力説されるシーンでフリーズ。
しばらくして接続し直すと
全てが終わってました。

何が話されていたのか・・・

DSC01252DSC01253







また、写真撮影をお願いした
リアル参加者が↑↑ご自身の
妙な写真ばかりを残され(?)
どんな進行をしたのか・・・

425c7b5c












ということで、案内文を
加工してご紹介しましょう。

▶まず西から【実践派の社長様】

広島市最大の歓楽街・流川で、
バーとクラブを3店舗 経営する上
「ランチェスター経営を実践して約25年、
 社長塾長として教えて約20年」
ランチェスター・ビジネス(株)の代表塾長で、

広島修道大学起業家精神養成講座」で
 非常勤講師を7年、広島県中小企業家同友会
「ひろしま経営指針塾」の監修・講師も務める、
(株)PACの代表取締役

錫木(すずき)健一 氏。

2847
















シッカリ当日もZOOMで
ご登場いただけたということは
会社は潰れてませんでした(祝)

pacanswer









フリーズした間の錫木様の話は
(たぶんに)八起会・4月例会
で語っていた内容だろうと。
(その時のシーンより↑)
孫子の兵法で有名な
風林火山」にも触れて
とにかくスピード重視な
動きをされていました。
(詳しくは八起会のサイトを)

その当時、地元の中国新聞
取材されていたので、
その記事もご確認ください。
こちら写真のみ↓リンク切れ)




▶続いて東からは【理論派の社長様】

埼玉県・川口市
「三年間売上ゼロでも、潰れない」
(株)プラスソフトの代表取締役社長

&「倒産防止と倒産者救済の会」
倒産110番・八起会の代表で、
双方のランチェスターを学び、
その八起会の活動の一環で
弱者の戦略 × 不倒の経営を学ぶ「不倒会」を運営。
日頃から、江戸時代中期に商人道を確立された
石田梅岩先生に学ぶ「石門心学」の経営を説く、

竹花利明 氏。

Image5












竹花様も、日頃から情報収集
されたことを八起会で語って
いますし(本日も18時から)、
発信もされているので


予想通り?「まだ増えない倒産」。
7月度の倒産は、全国で789件。
前年同月比で「1.6%減」。
「コロナだから増える倒産」
という関連は、数値的に見れば、
まだまだ明らかになっていない
状況ということになります。


facebookページの
八起会/倒産110番
 (倒産に学ぶ経営)」を
要チェックください。

6162be6d












以上の内容に近いことは、
先日来、紹介してます本でも
語られています。

雑草という戦略
 農学博士静岡大学教授
 稲垣栄洋氏・著
 (日本実業出版社

za2soust














恐竜が蔓延った安定した時代は、
大きいことは良いことだった。
それが一転〜小よく大を制すに。

コロナ禍の今、企業間でも
そんな時代が・・・

お盆前開催竹田先生セミナー
不況に強いランチェスター」。
今回使用した講演テキストは
諸事情があって、前回
(4月29日)同じ物


ランチェスター・ビジネスセミナー

ランチェスター法則応用の
弱者必勝の経営戦略


IMG_4826

















競争力がある強い商品や
1位の地域を作って
従業員1人当たりの純利益を
3倍多くする法

DSC05459

















裏表紙に掲載されているのは
中小企業の成功戦略13ヵ条


しかも、前回は竹田先生
セミナーのテーマ自体を、


詳説「中小企業の成功戦略13カ条」
 〜ランチェスター法則応用の
  中小企業必勝の経営戦略〜


〜とお願いしていたのに、
中小企業の成功戦略13カ条
には全く触れずでした。

DSC01204












いや、講演テキスト自体を
開けた素振りをみせました
が、中身に触れることなく
ランチェスター法則
そこから応用された
戦略概念などを語って
(サブタイトル部分か?)
あっさりと終了でした。

S1160008










その分、同じ時間だけ
質疑応答時間を設けて
参加者個々人のご質問に
お答えいただきました。
何と贅沢な!?

S1160004










対して、お盆前の今回は、
セミナーのテーマ自体を、


(不況だから求められる
 竹田ランチェスター経営
「弱者の戦略」


〜として、
(つまり「弱者の戦略」のみ)
講演テキストの「16ページ」
から話し出すように付箋も
貼ってお願いしました。

DSC01259












すると、冒頭の話を終えて、
本題に入る際には、
しっかりとテキストも
開けて確認されてました。

S1220002










順調に「弱者の戦略」を
話し終えた最後の最後に、
テキストの裏表紙を示して


「今日、話した内容を
 ココにまとめています。

S1250003











 ココに書かれた言葉を
 今後3カ月間ほど、
 およそ100日間、
 読み上げ続けたら
 戦略名人になるので
 皆さん、頑張ってください」


〜と、マスクも外して
命がけで(?)語って
終了してしまいました。

*ただ、この直前に話した
 マルクスの価値公式
 書かれていませんので
 念のために。

S1250004










その言葉は、前回の最後に
言って欲しかった〜っと
思う間もなく、私自身は
ZOOMからの質疑応答を
受け入れるよう配線
変えようとバタバタ・・・

DSC01272












こうなると次回、毎年末の
竹田先生セミナーの(裏の)
テーマは「弱者の戦略」か?
そうなっても良いような
対策を講じておきましょう。
一案あり

先週末竹田先生セミナー
その直前に開催の【前半】
パネルディスカッション(勉強会)
本当に、ランチェスター戦略は
 不況期に強いのか?」。

DSC01248












最初に、参加者の自己紹介
で、数名の社長様から


「社会人として20年〜
 30年と過ごしていると、
 そんな中で景気の波が
 (特に不景気)
 10年〜15年の周期で
 起きるだろうと思って
 いるので・・・」


〜との発言がありました。
ZOOM参加者の中には、
創業して110年以上の
会社もあっただけに、
経済学における景気循環
何度か経験済みなのだろうと。




また、パネラーの社長様から
は、もっと泥臭い考察で、


「今までも消費税の税率が
 上がれば、日本経済が停滞し
 不景気となるのは分かり
 切ったことだったし、
 オリンピックもあって
 昨年から今年にかけて
 何か起こるだろうと
 ちゃんと備えてはいた。

DSC01249













 とは言え、今回は
 想定以上だった・・・」


会場内のリアル参加者全員
(私も含め)が、5〜15年
の創業社長だけだったので、
驚くばかりでした。

それらの話しをお聞き出来、
コロナ禍を個々人の経験だけ
で右往左往せず済みそう。
有難うございました。




これに対して、【後半】
セミナーで、竹田先生
先のような会場内でご参加の
起業後10〜15年ほどに
なる創業社長様に、


「会社経営をし出して
 15年ほど経つと、
 徐々に飽きてくる。
 その飽きから、つい
 本業以外のことに
 手を出してしまう。

DSC01270DSC01280








 2人は、別で事業の手を
 広げてないだろうね?」


〜と鋭く突っ込みを
繰り返されていました。
これは「初心7年、横着15年
今では10年と短縮)に
通じたことなのかもです。

先のように景気循環の波が
多々訪れるのであれば、
(しかも、今回のように
 不確実で想定以上なら)
横着する間もないかも。
(それでも初心の経営を)

jakujak












それに輪をかけ、考えて
おかなければならないのが、
寿命で・・・ではなくて
以前から何度もご紹介の、


11.本当のチャンスは
   15年から20年しかない

・・・経営で成功するための
欠かせない条件として、
次の9つをあげておこう。


 〃鮃・体力

 願望・意欲

 戦略知識

 ち和だ

 シ菽芭

 資金調達力

 Ъ舂肋ι覆了流

 ┣搬欧侶鮃

 運・事故

999f54c7













日本人の平均寿命は長くなった。
しかし、これらの条件が全て
有利な状態で揃うのは実は
15年から20年ぐらいしかなく、
運がいい人でも25年ぐらい
しかないのだ・・・

人生は一回しかない・・・

*「ランチェスター社長学」より

全く別の話題ですが、
ランチェスター経営(株)
業種別CD教材・第3弾
会計事務所の経営戦略

IMG_5076












(他の教材でも触れられて
 いるかもですが)この中に、


・・・成果主義の賃金制度
や評価主義の賃金制度など、
およそ15年周期で流行
してきました。しかも、
どれも業績向上には
役立っていません・・・


〜とあるのは関係無し?

*(最後を)拡大解釈すれば、
 単なる組織対策的な戦術
 ツールである「**賃金」
 ブームも長続きしないから、
 その事業で生き残るのも
 数年ほどしかないかと。 

先週末竹田先生セミナー
その直前に開催しました
パネルディスカッション(勉強会)
本当に、ランチェスター戦略は
 不況期に強いのか?」。

DSC01249












コロナ禍での変化として、
参加者から出てきた
驚くような話がありました。


「とある通販会社では
 今まで普通通り
 手書きDMを出してて、
 それがコロナ禍で
 お客さんから
 『感染予防のために
  お断りされた』
 と言われたそうです」


これには、私だけでなく
多くの他の参加者が
ビックリされてました。
竹田ランチェスター経営
 ならではかも・苦笑)

DSC01248












一部の(でも無いでしょうが)
マスコミ系に洗脳された
一般大衆的な拒否反応とも
言えなくないことかも。
ただ、銀行のATMなど
指紋認証すら怖がり、未だ
利用しない人もいるようで、
気がかりなので調べました。


Newsweek日本版
4月17日の記事より、

◆新型コロナウイルス、
 モノの表面にはどのくらい残り続ける?
 ──実験結果





また、より一覧性があって、
非常に解りやすいイラスト付
で説明されていたのが、


新しい風
公益社団法人 宮崎市郡医師会のBLOG>
その4月24日(広報)に掲載の

◆新型コロナウイルスの
 物の表面での生存期間






「紙」に限って言えば、
普通は【3時間】ほどですが、
段ボールだと【24時間】と
長くなるので、素材を少し
気を遣わないとダメかも。
ビニールなどの類は注意
が必要かも知れません。

*しかし、紙幣は【4日】と
 妙に長くなってますので・・・
 感染が気がかりで不要な方は
 ぜひ私までお送りください。

doll100ron








それよりも、もしかすると
内容が「DM」だから
断られたのかもしれません。

この点は、先月にご紹介した
ランチェスター経営(株)の
まごころ 葉書」を使い
続ける業界トップ企業
ようなケースを考えれば、
ヒントが得られるかもです。




ともかく、先の段ボールに
基準を合わせ【24時間】、
1日以上の間を空けるため
今回の参加者へのお礼状は
翌9日(日)に書いて投函し、
早くても本日(11日)に
届くよう私は心掛けました。
(お礼メールは昨日)

ただ、読める時かどうかまで
気にする余裕も・・・いつもの
なのでご了承願います。

先月末に開催しました
中小企業の成功戦略13カ条
実践発表(勉強会)
竹田先生セミナー

DSC01221












ZOOMでのオンライン開催
中心となったので、内容や
進行は、当初の予定から
大幅に変更させました。
申し訳ございませんでした。

メインテーマだった
中小企業の成功戦略13カ条
は、前半の勉強会で
少し触れた程度に。

DSC01195DSC01191







後半の竹田先生からの話は、
ランチェスター法則と、
そこからの戦略概念。


「ランチェスター法則を応用の
 優勢企業と劣勢企業と
 峻別(しゅんべつ)した戦略論」


〜とも仰ってましたが、
そんな(毎度ながらの)
内容でした。

*しかし今回は、訳あって
 「強者」と「弱者」との
 言葉はそれほど使用せず。
 (理由は後で触れてます)

S1160008










予定は、そんな話を2時間
とのことでしたが、あっさり
1時間15分で終了!?
推測される理由は後日

その分、続く質疑応答時間
で、同じく1時間15分
も粘りました(笑)

S1160004










その質疑応答の時間でのこと。
今回の参加者の中には、
同じ会社から各店舗の
リーダーさんが数名
いらっしゃいました。

その中のお一人から、


「・・・各店舗から
 我々リーダーが集まって、
 本部での会議がある際、
 社長とか本部長とかから

『ここは全社一律に
 同じ戦略で取り組もう』

 〜との指示があったりする。
 私は、どうも納得いかない」
 

〜との疑問に対して、
竹田先生からの回答が、


「リーダーのあなたの
 考えが正しいです。

 店舗のある地域によって
 競争相手との力関係が
 全部、異なるんだから、
 地域ごとに戦略を
 変えていかないとダメです。
 それも、地域ごとで、
 優勢企業か劣勢企業か
 しっかり調べた上で
 取り組まないと。

 (総じて)同じ会社内で
 一律に同じ戦略など
 あり得ないよ・・・」


〜とのことで、その後で
いくつか事例をポツポツ
話し続けました。

ただ、その最後には、


「・・・でも、
 このように考えるかは
 社長の問題だから」


*会社の社長が参加されず、
 社員の方のみ参加される
 今回のようなセミナーでは、
 「強者」&「弱者」との
 言葉は、竹田先生としては
 使用を控える傾向があります。


・・・確かに。

DSC01219












それにしても、セミナー中
には「峻別する戦略論」と
説明していたにも関わらず、
意外な(でも無いですが)
竹田先生の回答でした。

その会社が正社員で
100名をオーバーして、
中小企業基本法の定義
「中小企業者」を超える
からでしょうか。

DSC01213












それもあるかもでしょうが、
それよりも、この回答を
お聞きだった参加者から、


「え〜っ!?
 ランチェスター経営は
 弱者の戦略が
 常識じゃないの?」
 


「強者の戦略が
 実行できる会社は
 1000社中の5社
 ぐらいじゃないの?」


〜と 愚痴る信者
疑問を投げかける方が
誰一人いませんでした。

S1160001










理由は、参加者の多くが
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』を受講
されたから(納得)か、
ランチェスター経営(株)
『戦略☆名人』CD
しっかり勉強されている
からだと思われます。
(DVDだけでなく)

その『戦略☆名人』CDの
(今回のセミナーと同じく)
「ランチェスターの法則」
とのテーマで(一部を引用)、


5.強者となれる3つの条件

・・・ある商品では
強者の条件を満たしているが
他の商品ではまだ弱者であれば、
強者の戦略が実行できるのは
(その)強い商品だけで、
それ以外の商品は当然
弱者の戦略で営業を
しなければなりません。

これは地域でも業界でも
全く同じになります。

senmencd













*その逆も真なりです。


〜と説明しているので、
(他に該当する内容あり)
大いに納得されながら
お聞きだったのでしょう。
要らぬ心配でした。

S1160007










だからでしょうか、
途中、竹田先生からは、


「・・・こんなコロナ禍で
 あっても、基本となる
 原理原則は変わらない。
 ランチェスターの核
 となる部分を説明した
 『戦略☆名人』CDで勉強
 することをオススメします」
 

〜とも話してました。

S1160012










(もしかすると)
先のような勘違いを
されている方には、
改めてオススメです。
繰り返し学習を)

特に、従業員規模が
10名を超える会社の
社長様は、勘違いしたまま
だと、なかなか1位には
辿り着きませんので・・・

DSC01223












★この点、詳しくは、
 ランチェスター経営ジム
 『戦略社長塾』で!
 (ZOOMで受講できます

すっかり忘れてました。

DSC01204












先月末に開催しました
「中小企業の成功戦略13カ条」
実践発表竹田先生セミナー

S1160004











当日のブログでもご報告
しましたが、諸事情あって
直ぐに削除しました。
また、新型コロナに感染して
も症状が出るまで、平均で
2週間ほどかかるとかで、
その潜伏期間を過ぎてから
改めてご報告しようと
溜めて溜めて・・・

S1160007










すっかり忘れてました。
失礼しました。

DSC01194












当日は、ほとんどの方が
オンライン参加でしたが、
会場へお越しになっての
ご参加の方もお二人ほど。

DSC01191DSC01190







そのこともあって、
新型コロナウイルス対策の
特別措置法に基づく
緊急事態宣言を受けて、
福岡県から実施された
緊急事態措置による
休業要請にそって、
適切な感染防止対策を
施する必要がありました。
(休業要請の一部↓)

9gyou4
















今回の会場である
ランチェスター経営(株)
会議室の面積は、
約15坪(50 弱)。
ランチェスター経営伊佐
学校」ではありませんし、
そういう名称も使用せず。
大学・学習塾等」に
準じて対策しました。

ですから、参加者への
直前の確認事項として、


会場にお越しになりご参加
いただく方々への事前確認です。


1.今回、会場内での参加者は
  「2名の少人数」での開催です。


kankanse

















2.当日は「マスク着用」の上、
  お越し願います。
  受講中も出来るだけ
  「マスク着用」をお願いします。
  (会場でもマスクを準備してます
   が「手作りマスク」です。
   また「フェイスシールド」も
   準備しています)



3.入口に手指消毒用の
  アルコール・ジェルを
  設置してます。
  入る際に手洗いの後
  消毒をお願いします。



4.受講者は、お互い距離を
  十分とってご着席ください。


3t3t3t











5.今回は念のために
  お飲み物をお出しいたしません。
  各自でお飲み物を
  ご持参願います。




6.途中、換気のためドアや
  窓を開放する時間を設けます。
  出来るだけ、こまめに
  休憩を取る予定です。




7.竹田先生のセミナーになれば
  即、退席いただき別室で
  ZOOM参加をお願いします。 




8.当日の朝(または前日来)、
  37.5度以上の熱がある場合、
  また咳・のどの痛み
  などの症状がある場合、
  体がだるく倦怠感のある
  場合などは、急遽
  「全編オンライン参加
  への切替をお願いします。


〜などのことを徹底して
お願いしました。
(先月、週に2回ほどご連絡)

S1160008










開催後、竹田先生を含めて
その方々の2週間は
体の調子を崩すことなく
お元気だったとのご報告を
いただきました。
有難うございました。
(これで一安心、
 肩の荷が下りました)

心配で&心配で眠れずだった
私が一番、調子を崩して
その間ヘトヘト気味でした。
またまた失礼しました。

undrock












ただ、その2週間を過ぎての
数日間、気が抜けたのか、
ほぼ毎晩、徹夜気味のままで
下町ロケット」の録画を
一気見してしまい寝不足。
(だから忘れてました)

↑このページのトップヘ