カテゴリ: マニアックな一言

やっと明日に開催の
あなたも戦略名人になれる
 【後半】竹田先生セミナー




そのレジュメのOKが出て、
(本当に確認されたか不明)
当日、リアル参加者のために
ランチェスター経営(株)
その分を大量コピー。

私の扱いが悪いからか、
いつも以上に紙詰まり多発。
申し訳ございません。


「そんな大量に
 コピーをする人が
 いないから」

*皆さん、コピーを大量に
 使用はするようですが、
 裏表コピーやソーターは
 それほど活用しないとか。
 それがズレる原因みたい。


〜と言われて居心地悪く、
サッサと退室したのが
間違いでした。

書斎に持ち替え確認すると、
コピーがズレまくってます。

70cc502d












かなり以前から左寄り
ズレてましたが、それが
ここ数年でドンドンと
右寄りに移動です。

以前も申し上げましたが、
社長の年齢と共に、社風も
保守的になってしまい
それが使う事務機器にも
いきおい染み込んだとか?
(真相は前述の通り)

ともかく、ズレたコピーを
1枚、1枚・・・まとめると
それを私が使えば、上手く
不足なく収まりそうです。

ただし、竹田先生


「私のレジュメは?」


〜と言い出せば終わり。
確認用で印刷して分を
持って来ないご本人が
悪いということで・・・

〜とは言えないでしょうね。
謝るしかございません(涙)

ここ数年、寒暖差アレルギーか
何かで、急に腕に発疹が出たり、
そのため仕事中、半袖シャツ
を着ること控えてきました。
私は年中、長袖シャツです。

しかし、それじゃ〜ダメ!と
指示されたので、この時だけ
着替えて、半袖を復活。
(しかも、経過観測30分超)

DSC00200












ランチェスター経営(株)
 『独立起業の成功戦略』ビデオ
 完成した当初の頃、お試しで
 開催した「ミニ勉強会」より↑
 (やはり薄くなった・苦笑)
 ちなみに、こんな重そうな
 テレビデオ↓画像も悪そう。

DSC00175












半袖は、こんな夏場ならイイ
でしょうが、今後3回目とか
毎年の接種とかになれば、
寒い季節どうなんでしょう?
イスラエルは・・・夏か。




思いっきり長袖で、
接種された偉大な大統領
いらっしゃいましたね。
参考にしよう。


プレッシャービリー・ジョエル
PressureBilly Joel

prebill


















You have to learn to pace yourself.
Pressure

You're just like everybody else.
Pressure・・・・・

君は自分のペースを学ばなくちゃならない
プレッシャー

君は他のみんなとなんら変わりはない・・・
プレッシャー


・・・・・And your Peter Pan advice
You have no scars on your face

And you cannot handle
Pressure

そして君のピーターパンがアドバイスする
君は顔に傷がなく
プレッシャーに対応できないと。

billnylon
















◆洋楽BOX 
 〜洋楽をひたすら和訳するブログ
 よりの和訳、その一部を引用。


京都大学 iPS細胞研究所
所長:山中伸弥教授
好きなアーティスト&
好きな曲と、インタビュー
などでご紹介される
ビリー・ジョエルの
1982年のアルバム
ナイロンカーテン』から
先行シングルとなった曲
「プレッシャー」。

yamanewt












ノーベル賞の受賞が決まった当時、
NHKの番組『クローズアップ現代
に出演の際も、プレッシャーを
乗り越えるにはジョギングをして、
そして、この曲を聴き
プレッシャーに打ち勝てる
(セリフは英語ですが日本語訳)
と言い聞かせ頑張っていると。




drifting clouds
 〜 easy driving,
   easy swimming,
   easy cooking...? 〜より
  (ちゃんと証拠ありです)


当時は話題になったんですね。
ビリー・ジョエルのCDも
売上が伸びたようですし。


山中教授効果 ビリー・ジョエルCDに注目
「ジョギング中に聴いている」で売り上げノ〜ビル?


ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった
京都大の山中伸弥教授(50)がジョギング中に聴いている、
米歌手ビリー・ジョエル(63)の楽曲
「プレッシャー」に注目が集まっている。

ジョエルが所属するソニーミュージックによると、同曲を収録した
ベスト盤「ビリー・ザ・ベスト 1&2」の発注が増加。
11日は通常の5倍まで増えたという。

同曲はもともと、82年に発表したアルバム
「ナイロン・カーテン」に収録。
世の中はプレッシャーばかりだ、でも自分の信念を守って
立ち向かっていこう、と背中を押す応援歌だ。
ファンからの人気も高い曲だという。

山中教授は10日にNHK「クローズアップ現代」に出演。
その際に「プレッシャーとどうやって向き合って、
乗り越えているのか?」という趣旨の質問を受け、教授は
「やっぱり運動ですね。ジョギング、体を動かすこと」と回答した。

続けて、「その時に音楽を聴くんですけれども、
聴く曲はビリー・ジョエルの「プレッシャー」という曲。
それを聴きながら”ユー・キャン・ナウ・アンド・プレッシャー”
と自分に言い聞かせて、頑張っています」と答えていた。



◆『自然と音楽を愛する者』の
 「Pressure ビリー・ジョエル」 
 その「今朝のスポニチ」より引用


さてさて、上の引用元ブログ
でも、後の文章で触れてますが、
(冒頭の歌詞・和訳でも)


「自分で解決法を見出さないと
 プレッシャーは乗り越えられない」


〜との忠告めいた意味が
本来のようです。

*今回のブログ・タイトルは、
 (全文が収まらずでしたが)
 このシングルの発売時、
 曲タイトルの下に書かれた
 説明文で、そこを読めば
 本来の意味が解るはず。
 (冒頭の写真でご確認を)

プロモーションビデオ
そんな重圧に押しつぶされる
ビリー自身の演技が光ってます。




ただ、後に山中教授も、
その勘違いに気づかれたようで、


山中伸弥さんとビリー・ジョエル

山中伸弥が好きなのはビリー・ジョエル。
「プレッシャー」
という曲を聞きながら走るという。
歌詞が気に入っているという。

「プレッシャーに打ち勝てる
 と言っていると思い込んで
 聞いていたら否定形だった。
 最近になって気づいた。」

と語った・・・

TVでた蔵あさイチ
 プレミアムトーク 山中伸弥教授より
 (NHK、2015年7月31日放送)


それでも山中教授、この曲が
(または、ビリージョエルが)
好きなようで、今でもよく
聴かれているようです。
ただし逆に、今は、


「ビリー・ジョエルの
 『プレッシャー』を聴くと、
 よしこい!と
 逆にファイトが湧いてきます」




家庭画報.com メールマガジン
 より一部を引用。


思いっきり頭を切り替えて
プレッシャーの強い業務に
挑まれているようです。
まさに、常に自分で解決法を
見出されている証拠なのかと。

2o2opp











ところで現在、開催中の
東京オリンピック

ど〜ぉも、(涙の)開会式で
特別な役割を果たした日本の
現役選手たちは、いざ試合
本番になると今一で・・・

o3ka77
















i4kawo















momopk
















もちろん、他の多くの選手の
活躍に元気づけられる日々を
送っていますが(感謝)、
この点は驚きの連続です。

まさか・・・

yamagt
















先に触れましたが
陸上男子4×100mリレーに
期待&注目しているだけに、
もしものことがあれば、翌日の
【8月7日(土曜)開催の
あなたも戦略名人になれる
  勉強会&竹田先生セミナーに、
私自身が現れないかも?




そう言って、参加申込者に
若干のプレッシャーを。

DSC01413












*しかし、私が来なくて無事に
 開催されそうなのは事実。
 (私にプレッシャー?)

この連休で、10回ほど
改訂版『戦略☆名人』DVD
「第5章 弱者の経営戦略」
の3巻分で3時間くらいを
繰り返し見聞きしてます。
「見る」よりも、ほぼ作業し
「ながら」なので、聞く程度。

DSC00403












そんな中、最初の部分の、
ランチェスター法則から
展開する「弱者の戦略」の
基本について説明する途中、
私自身が日頃、どうも聞き
慣れない言葉が出てくるので、
作業が止まります。


◆弱者の経戦略。1.原則編

・・・これでもダメなときは
学歴と経歴が良く、押し出しが
よいコンサルタントを利用する。

しかし、こういうコンサルタント
大概、強者の戦略を・・・

f7560f34














*本当はブルーパネルのシーン。


私の語彙力の無さかもですが、
この「押し出しがいい」との
(もしくは「押し出し」)
言葉(意味)が不明でした。
別の意味でしか使ったこと
ありませんでした(後述)


押し出しがいい

人前に出たときの
姿や態度がりっぱである。


・注意「押しが強い」と混同して、
 「押し出しが強い」とするのは誤り。


意味が不明だったのは、
私自身が該当しないから
かも知れませんが・・・

もっとも「注意」で書かれた
「押し出しが強い」で検索し
出てきたのは、大相撲の
玉鷲関でした。

mawasiwasi
















(先ほど触れたように)
こちらの「押し出し」は、
子供の頃にした相撲でも
使ってました。




今、使うと腰が・・・

8月7日(土)【後半】
 竹田先生セミナーのレジュメ
 「玉鷲」と追記しておきましょうか。

本日は折角だから、
オリンピックのネタです。
(純粋には異なるかも)

missima














日本政府がボイコットして
不参加をしたモスクワ五輪
その1980年、ちょうど
私は中学生(たぶん)。

当時、保健体育の授業で、
元サッカー選手だった
体育の先生から言われた
のが今回のタイトルです。


*モスクワ五輪をボイコット
 することとなり、マラソンで
 日本選手のメダルが有望視
 されてたのに〜とかの
 脱線話の延長から。


「・・・ところで、
 陸上の短距離種目に
 日本人選手が出場する
 意味は無いだろう」


中学生から陸上部に入った
私は、かなりムっ!?と
なって聞いていました。
(?な気持ちもあり)


「(サッカー)選手時代に
 俺も海外遠征とか行ったが
 外国人とは体のつくりが
 根本的に違うぞ。
 こっち(日本)で大きい
 体でも、あっち(海外)じゃ
 普通以下。そんな奴らと
 単純に『走る』だけで
 勝負したところでは
 勝てる訳がない」


ごもっともです。
納得するしかありません。

だから私も単純に「走る」で
勝負できないから跳躍を
選ぶしかなかった、いや
逃げるしかなかったです。
中学は走高跳・高校は棒高跳↓)

棒高跳









それが社会人になって直後、
この「意味の無さ」に対し
挑戦した結果の如く、まず
1992年バルセロナ五輪
短距離400m走
高野進選手が決勝進出を。




*同じく、4×100mリレー
 も入賞してたんですね(驚)

runjap
















そんな入賞だけでなく、
2008年北京五輪
4×100mリレーで
メダル獲得との快挙!
銀メダルに繰り上げ

トラック種目でのメダル獲得
80年ぶり2度目だったと。
「意味がある」ことを
証明したとも言えます。




続く2012年の
ロンドン五輪は同じ
4×100mリレーで4位
とメダルは逃しましたが、
(それでも快挙かと)
前回、2016年の
リオデジャネイロ五輪
では同じリレーで銀メダル。

これで意味だけでなく
「意義もある」と言えるかと。

7524c217f045d23045c2965ba318836a[1]
























「徒然なか話」ブログから引用↑

日本陸上リレーメンバーが
採用する「アンダーハンドパス」
に関して、モスクワ世界陸上
前にブログで触れました。

その時にもご紹介した
為末大選手による言葉を。


世界で勝つための(弱者の)戦略

スポーツの「戦略の本質」は、
指導者に共通していたのが
「私たち日本人は劣っている」
現実からスタートしており、
負けている足りない自分を認めた
上で、そんな自分でも、どう戦い
勝っていこうかと模索している、
そんなところから見出していける。

tamdai

















(海外の選手のように)
勝てている側、優れている側は
そこまで特別なことをしなくても
勝ててしまう。

(それに対して日本人選手)
劣っている側、負けている側が、
練って練って練り切って
出来上がった戦略の方が
洗練され尽くされている。


1カ月ほど前にも触れました
多田選手を含む競った面々が、
今日からの東京オリンピック
4×100mリレーで必ず
メダル獲得することでしょう。




そして、そのリレーだけでなく
全てに「意味のある」五輪を
望む限りです。

*ちなみに4×100mリレー決勝は、
 【8月7日(土曜)開催の
 あなたも戦略名人になれる
  勉強会&竹田先生セミナー前日。
 開催当日の私は目が真っ赤かも。
 ご注意ください。
 (開会式から既に涙目)

コレこそ、青天の霹靂(へきれき)?
関係ない?

nnnkse1















渋沢栄一を主人公にした
NHK大河ドラマ青天を衝け
毎週かかさず見てますが・・・

昨日は暑くて録画して見ても
頭にはボンやりしか入らず。

が〜最後にビックリ!?

その【青天を衝け 紀行】。
冒頭は、前の『麒麟がくる』でも
出たほど歴史的に有名過ぎる
二条城(麒麟の時は旧)から。

IMG_5613












続いて一転↑片田舎な風景が
出たと思えば【岩倉】と!?

そこは(私の)京都の実家
近くの・・・と言うか、
同じ【岩倉】内です。
(地元の人が呼んでいた)
岩倉具視の家」側の
バスの終点「岩倉実相院
その辺りの風景でした。

IMG_5615












本編を見返すと、そこにも
京 岩倉村】で登場を↓
コレに再びビックリ!!

IMG_5618












ドラマの、ちょっと前から、
妙な関西弁(京都言葉?)を
しゃべる、まるで私のような
インチキ関西人が出てると
思ってたら【岩倉具視】と。
(失礼)

IMG_5619












最後の【青天を衝け 紀行】で
出てきた当時の写真とは↓
似てるのは似てますが・・・

IMG_5612












この写真では、どちらかと
言えば現在、西郷隆盛・役の
あの博多のお笑いタレント
の方が似ているような?

87ooo








それより、年齢的に
私とか馴染みがあった
(でも、ほとんど見なくなった)
500円札」とは別人の
ようですが↓同一人物だと。

Iwakura_500JPY









それにしても【岩倉具視】、
これで終わるのかと思ったら
こんな事実もあったと・・・


【歴史コラム】
岩倉具視と渋沢栄一の関係について




*後々、サイトが消えるかも
 知れませんので、備忘録で
 「岩倉具視の曽孫と
  渋沢栄一の孫が結婚している」


もっとビックリなのが・・・


ご先祖様は岩倉具視




加山雄三さんは、岩倉具視
(1825−83年)の玄孫
(やしゃご=ひ孫の子供)・・・


高校時代に日本史を
勉強しなかったから今、
青天の霹靂に・・・

*正確には、大学受験の際、
 社会の科目で日本史を選択せず、
 全く勉強しなかった(失礼)

先日のブログでご紹介した
竹田先生が自費出版された
『戦略とは何か』の本から、


◆2番目は、ピーター・ドラッカー氏

DSC00425














 *ココで著書『創造する経営』と、
  『イノベーションと企業家精神
  から、戦略についての説明を
  引用してます(その後、略歴)。


【解説】
 1964年に出版した
 『創造する経営者』では、
 会社が「将来に向けて進む方向性」
 を戦略と表現している。
 会社が将来に向けて進む方向を
 正しく決めるには、レベルが
 高い戦略知識が必要になる。
 しかし、将来に向けて進む目標を
 効果的に達成する全社的なヤリ方が
 戦略になるので、この2つが同じで
 ないことはハッキリしている。

b75cf0c5[1]














 この本から21年後に出版した
 『イノベーションと企業家精神』
 では、戦略の内容が具体的に
 説明されてはいるものの、
 内容的に見劣りがするようだ。
  
 さらに、17章の手薄なところを
 攻撃するの中で説明している
 「企業家的柔道」では表現方法に
 かなり苦労しているようである。
 これは弱者の戦略を、別の方法で
 表現したものにな・・・


以上、竹田先生の解説(評価?)
からドラッカー先生は戦略の
意味をハッキリと認識されて
使っていなかったとされます。

75c3861a












また、おぼろげながらの記憶で
ドラッカーとランチェスター
CD教材では、ドラッカー先生が
ほとんど戦術分野に関して
言及されていないと説明を。
また戦略と戦術の、意味や
使い方の違いなど認識されて
なかったとも説明されていたと。
(必要が無かったでしょうが)

draccarbig









そこで、古くにブログで書いた
言葉を思い出しました。
(そのブログ一部を引用)


◆すべての美しい戦略は、
 ドロ臭い戦術によって達成される
  by ドラッカーなの?




これは、ジェームス・スキナー
成功の9ステップ』に書かれて
いたのを見せて貰ったのですが、
その出典が書かれてなかった
(ドラッカーの著書など)
ようなのです〜不明?
本を買ってないので・・・失礼)


*ブログ「前・後」部分は
 省略させていただきます。


だから、ワザワザ買ったんです、
この本を(中古)↓

IMG_5541
















届いてみたらビックリ!?の
サイン本だったとオチ付き。
それは今回ともかくとして、
気になる方はご参照
いろいろ調べてみました。

まずは問題の記述です。


さあ、行動しよう!

ピーター・ドラッカーは
次のように述べている。

「すべての偉大な戦略は、
 最終的にドンくさい
 作業によって実現される」

IMG_5545























*以下、省略。


文庫本となって多少
文章が変更されたのかも。
それか記憶違いか?

また、その本の巻末に、
100冊以上も参考文献を
掲載されてました。
その中で、シッカリ2冊を
見つけました。


参考文献

・・・本文中に参照している
引用文のいくつかは、関連する
インターネットのホームページ
に記載されているものもあり、
あるいは著者の相手との
直接的な接触や、相手の実施して
いるセミナーや講演会に参加して、
そこでメモした物もある。
(アルファベット順に掲載)

iae2














Innovation and Entrepreneurship
 1985年


The Effective Executive
 1966年


それぞれ、ドラッカー先生の著
イノベーションと企業家精神
経営者の条件』との邦題。

これだけでは不明瞭なので、
仕方なく(失礼)本文を
飛ばし&飛ばしで読むことに。

ドラッカー先生の言葉として
先ほどの「すべての偉大・・・」
を含めて紹介されているのが、
ザックリと6カ所ほど発見。
ほとんどが『経営者の条件』
からの引用と思われます。
(そうだ、と言葉もあり)

ワザワザ本を買うまでして
判明したのはココまで。

druckee


それにしても、この言葉、


「すべての偉大な戦略は、
 最終的にドンくさい
 作業によって実現される」


ネット検索でも、同じ言葉や
似たような言葉が乱立。
中でも「ドラッカー名言集」
とかからも出てきました。


「すべての偉大な成功は、
 地味で面倒なことの
 積み重ねの上に成り立っている」


*(後述の通り)出典が不明確
 なので、リンクはしません。


果たして出典は・・・は、
この際、今回ポイントである、
(ブログ表題としてます)


ドラッカー先生が
「戦略」と「戦術」の意味を
シッカリ認識し使い分ける
ことが出来たのだろうか


〜であるから(出典云々は)
ポイントから外れるので、
これ以上は追わない
(調べない)こととします。
上田惇生氏が亡くなった後、
この件は迷宮入りか。


世の中には謎のままにしといた
ほうがいいこともある
goronan













名探偵コナン
 映画「世紀末の魔術師」より


別ブログから引用しましたが、
出典など興味のある方は
ご自身で(後述ご参照★↓)

4post1












ともかく、以上のことから
ドラッカー先生が「戦略」と
「戦術」の意味をシッカリ
認識し、使い分けていない
ことは判明しました。

(おそらく)竹田先生が
『ドラッカーとランチェスター』
CD教材で説明されてた
通りだった訳です(万歳!)

そして手元にはサイン本が
1冊、残り・・・(ガッカリ?)

IMG_5544





















★出典に関する憶測です。

今回、著者のJames氏が
参考文献として示した
ドラッカー先生の著
『イノベーションと企業家精神』
『経営者の条件』の2冊を
(残念ながら日本語訳)
何度か飛ばし&飛ばしで
読んだ中で、次の文章を
見つけました。


(先述の)『経営者の条件』

第1章 成果をあげる能力は修得できる

 成果をあげる者はなぜ必要か


 ・・・頭の良い者がしばしば
 呆れるほど成果をあげられない。

 彼らは頭の良さがそのまま
 成果に結びつく訳ではない
 ことを知らない。

 頭の良さが成果に結びつく
 のは体系的な作業を通じて
 のみであることを知らない。

 
 逆に、あらゆる組織に 
 成果を上げる
 地道な人たちがいる。

 頭の良い者がしばしば
 創造性と混同する熱意と
 繁忙の中で駆け回っている間に、
 寓話の亀のように一歩一歩
 進む先に目標に達する・・・


この文章を、原文で読んだ
英語圏の人で、しかも日本で
盛んにビジネス展開されて、
日本での「戦略」や「戦術」
との言葉も普段から使う人、
例えば日本語ペラペラな
James氏のような人が、
要約して引用したならば、


「すべての美しい戦略は、
 ドロ臭い戦術によって
 達成される」


〜であったり、また


「すべての偉大な戦略は、
 最終的にドンくさい
 作業によって実現される」


〜であったりと、文章で
著される可能性は大かと。

*この場合、「戦略」と
 「戦術」の意味をシッカリ
 認識し使い分けることが
 出来たのは、James氏の
 ような方だ〜となります。
 (これも可能性大)

しかも、その原稿自体を
英語で書いた後に、別の
第3者が翻訳したとかだと
サッパリ別の文章となり
兼ねないのが現状かと。

*以上の憶測は、あくまで
 「憶測」の範囲を超えず。
 この間違いが明るみとなれば
 削除します。ご了承願います。

先週くらいの日経新聞
夕刊『あすへの話題』に、
気になる記事を発見。
(その一部を要約引用)


◆競争社会  2021.6.17

公正取引委員会委員長 杉本和行氏


小学校の運動会の徒競走で、
順位をつけないために
全員が手をつないで一緒に
ゴールするということが
行われていたなどと、
話題になったことがあった。

こうした教育現場を経験した
子供たちがどうなったかの
報告で、いわば競争を否定
する教育を受けた人たちは、
利他性が低く、協力に否定的で、
互恵的ではなく、やられたら
やり返すという考えを持つ
傾向が強いという・・・

*この続きに、杉本氏ご自身の
 考え方などが語られてました。




(顔写真を示すため↑リンク、
 別記事・文春オンラインより


*全文を知りたい方は、
 このリンク先をご覧ください
 (日経・有料)


この元データは無いものか
と、いろいろ検索すると、
以前、NHK・Eテレの
オイコノミア』との番組に、
又吉直樹と一緒に出演されて
いた経済学者の大竹文雄
大阪大学教授による著書、
その【帯】に出くわしました。
(顔を示すため↓以前の著書)

ottake












何らかの意図が隠れた
(いや、素直に表されてるか)
帯のイラストでしたが↓
その著書も手に入れチェック。

todayboo
















競争社会の歩き方
 自分の「強み」を見つけるには
 大竹文雄・著(中公新書

その中身ですが、いろんな
大学教授による論文を無造作に
羅列している記述が多くで、
どこに「元データ」らしき
文章があるか・・・と思って
いると、【帯】のイラストと
同じ挿絵のある部分で発見。
ザックリと引用。


◆反競争的教育の効果は

IMG_5591

















・・・反競争主義的で
協力する心をもたらそうと
考えた教育が、能力が同じと
いう思想になって子供たちに
伝わると、能力が同じなら
助け合う必要もない、
所得再配分も必要がない、
ということになってしまった
のではないだろうか・・・


その他でも興味深い項目が
多々あるので、空いた時間で
読み進めていきましょう。




ともかく、昨夜の日本選手権
男子100m走で、いつも
「引き立て役」の2位か
4位だった多田修平選手
優勝した感動シーンなど
正しい競争(この場合、競走も)
が行われた結果であります。

また、多田選手を含む競った
面々が、東京オリンピックの
4×100mリレーで必ず
メダル獲得する(だろう!)
点は、正しく教育された効果
でもあるはずです(?)




最後の「締め」はベタな話題
となりましたが(失礼)、
このような正しい競争を行う
ための【戦略】の大切さを、
また、競争しないことを選択
する【戦略】の捉え方を、
今夏の勉強会でテーマ
考えております。

ちょっと前に触れましたが、
私だけのマンパワーでは
コレが限界でした。




あまり意味が無いことなので、
これ以上のランキング上位は
あきらめることにしました。
(ご興味ある方は、どうぞ

eleking










*ご本人にもご報告済みです。
 (肩の荷が下りました。
  ただ、未だ坐骨は痛みます)

聞きたくなかった一声。




数年前の「鶴の一声」も未だに
尾を引いているのに、
またも・・・いかん!?

2る2は
















頭の中で↑この「つる」が
クルクル回ってしまう。

つるニハ〇〇ムし

これ↑は、
言葉の意味あるのでしょうか?

↑このページのトップヘ