カテゴリ: 竹田陽一

昨日のブログでも触れたので、
思い出しネタ的な内容です。

DSC01608












公開して開催のセミナー
もちろん、参加者限定での
竹田先生との座談会』とか
になれば、熱心な参加者が
竹田先生を乗せることもあり、
相変わらず、飛び込み営業
(セールス)が主流だった
時代の昔々話しが多く
なってしまいます。

IMG_5505












その行き着いた先が、
昨年に提供された教材CD
竹田先生の『営業昔話』

日露戦争の頃のネタもあり、
昔話が盛りだくさんで、
新しい「日本史探究」の
授業ではサブテキストに
なるかもです。

IMG_5470












(話しを戻して)
飛び込みセールス自体、
数年前くらいに、
特定商取引法」での
「訪問販売」に関する
規制などが厳しくなり、
ある意味で違反スレスレ

また、根本的に訪問販売で
物を買った人がいるか
どうかも非常に微妙。
ともすれば、竹田先生が話す
ようなセールス行為自体を、
見たことも&聞いたことも&
(もちろん)経験したことも
ない世代が、社会に出始めて
いるかも知れません。

だから聞いていて「?」状態で、
時として竹田先生のセミナー
中に、簡単に売り込まれる?
ジャパネットたけだ?)




これには一理あり!?

DSC01753












先のように飛び込みセールス
未体験だから、参加者に
免疫が無く効果抜群かも?

S1580001










ともかく、竹田先生の話術に
効果がある間は、飛び込み
セールスの優位性が保たれる
証拠なのかも知れません。
今後もご期待しましょう。

DSC01484












*この免疫の確保は、セミナーに
 2回以上、続けて参加しないと
 ダメ?ご参加お待ちしてます
 (しかも、短期間で)

ちょっと前から自粛して
言うのを止めようと思って
いたのですが、先日の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』で、つい
口に出してしまいました。

参加者へ眠気覚ましの秘策
(私自身の眠気覚まし?)


ランチェスター経営の)
教材は、DVDが良いか?
CDが良いか?


(該当部分のみ抜粋)

・・・また、私が実際、
撮影に立ち会ったDVD教材
独立起業の成功戦略』では、
竹田先生が途中で、

「どうも、調子が乗らない」

s312[1]












と言って、ハダシになったり、
ズボンを脱いだり(秘密)。


スタジオ収録に立ち会った
私が言うので間違いなし。
この画面の下は↓
パンツ一丁な状態でした。

4da520f4












その状況を確認された方は、
今だといろんなソフトで
【写っていない部分を補完】
が可能でしょうから、
ひょっとすると・・・

その編集作業だけで眠れない
かも・・・ご注意。

YouTube動画でお試しを。

これは、昨年11月に試験開催
した『竹田先生との座談会
について書いたブログより。


◆お客は誰か?
 誰にすべきか?
 誰でなければならないか?





これって『商品戦略』DVD
新商品開発」の中で、
客層の決定を触れる際に
説明されてましたね。
失礼しました。

DSC09432












そうなると、どの解釈が
正しくなるのでしょうか。
どちらもOK?または、
どちらも「あいまい」か?

DSC01568












その場その場で使い分ける
のが竹田先生なのかも。

それとも、その場しのぎで
使うの・・・かも?
神のみぞ知る

zoosun












*統計的に、現状では
 オンラインでつながる
 参加者が多いので、
 自然とウエイト付は
 それに従わざる得ません。
(それに合わせて環境整備)

一昨日に書いたブログに、
注釈(意味)を追加です。


身を持ち崩す(もちくずす)

・人が倫理的に良くない行為をすること。

・堕落する。道を踏み外す。
 人の道にそむく。身を滅ぼす。
 堕ちる。腐る。悪の道にはまる・・・


これと同時に、先日に開催した
参加者限定の超シークレット
企画(外?)だった
竹田先生との座談会

DSC01656












そちらにご参加いただいた
方々に追伸です。


「ごめん、ごめん。

DSC01666














 業績の良い会社として
 覚えておいてください」

 *妙な言い換え例


〜との竹田先生

全国で3本の指にあるほどの
業績の良い会社らしいです。
特殊過ぎる業界ですが
それを逆に言っちゃ〜ダメです
よ・・・倫理的に良くない!?

昨日のブログから引き続き、
昨年末に開催しました
恒例「竹田先生セミナー」。

DSC01619











今回は、レジュメに書かれた
私が作成したレジュメなので、
 正式には「書いた」です)
内容から、振り返りと
一種の反省(?)を。

DSC01634












当初(案内段階で)
テーマだったのは


◆利益性の原則から導かれた
 ランチェスター経営
 「強い会社」の条件





それが、レジュメ作成時に


◆ランチェスター経営
 「強い会社」の条件、
 利益性の原則と市場占有率


最終的に、竹田先生
スタート&締めで、
(これに近い言葉)


「今回は、利益性の原則と
 市場占有率について
 お勉強していきましょう・・・


 *話した内容に関してはコチラ




 ・・・ということで、本日は
 利益性の原則と市場占有率に
 ついてお勉強していきました」


当初の「強い会社」など含め
「強い」との言葉はほとんど
話されませんでした。
(強いもの作り〜は仰ってました)

確かに、「強い会社」と呼んで
おきながら、別に途中で
似たような「強者の会社」と
の言葉も使えば、聴く側が
ゴチャゴチャになることは、
たぶん長年の講演経験から
周知の事実だったのかもです。
失礼しました。

DSC01610












その上、教材などで常々、


人は、強いものや
カッコいいものに憧れる
という傾向もあって、
たとえ番外弱者の会社で
あっても、つい業界1位の
会社のヤリ方を真似て
しまったりするもので・・・


〜として警告しています。
そのこともあるのでしょう。

DSC01606












私としては、会計的な発想の
「大きさ = 強さ」に対し、


売上高と利益性には
相関関係はありません
<会計の常識は、経営の非常識>




「大きさ」と「強さ」の問いかけ


〜とのサブテーマ的な文章
まで付けて案内したことを
訴えたかったのが真意。

この点は、竹田先生も
何度か別の角度から辛口で
話していただきました。
一安心でした。

DSC01612












本題に戻りまして、
今後、「強者の戦略」や
「強者の会社」などを
説明していく中では、
安易に「強い会社」や
「強くなる」云々などの
抽象的な言葉の使用は
なるべく控えねばと
思う次第です。

特に、竹田先生の前では
ご法度なのかもです。
反省いたします。

DSC01630












・・・ご法度。

・・ご法度。

What!?

そうでも無さそうな?
しかも拡大文字。

DSC08698












「ランチェスター経営」で
  あなたの会社が強くなる
  (サンマーク出版

もっとも、出版社が付けた
本のタイトルでしょう。
本文中には「強くなる」
などとの言葉は、ほぼ
見当たらないですから。
(たぶん)

やはり教材などでは、
ご法度なのかもです。
心得ておきます。

そうでも無さそうな?

340cdbig








経営を総点検し営業力を
 強くする』CD教材

会社であっても、一部分で
ある「営業力」に関しては
使用してOKなのかも。
(商品力は自信なし?)

昨年末に開催しました
恒例「竹田先生セミナー」。

DSC01593












主だった内容は、既に
開催翌日のブログ
大公開していますので、
是非ご参考ください(笑)




*レジュメも希望者に販売
 &各「利益表」付きで。

IMG_5038












そのレジュメに書かれてない
私が作成したレジュメなので、
 正式には「書いていない」です)
内容から、振り返りです。

DSC01601












竹田先生が昔々、まだ
東京商工リサーチに勤めて
調査員だった頃のこと。
陶山訥庵地域戦略
応用して圧倒的な1位
作りに励む中での話し。

そこでの営業活動により、


「どこの会社にも、
 『(東京商工リサーチ
  の略で)商工の
  竹田が来ている』

3681946e






















 『商工の
  竹田が来ている』
 との噂が流れていた」


〜との状況が完成。
意図して作り上げたと。

DSC01626












結果として、1位効果
(1位有利の法則)の1つ


特定の地域にお客を集中
して作って1位になると、
その地域に対しては
競争相手の営業マンが
あまり来なくなることが
あげられます。

1位同業者排除の原則です。

f9ff298b













『戦略☆名人』CD教材より


〜とに繋がるのかと。

DSC01617












やはり、平均社員の7.7倍の
売上を上げる営業マン・竹田陽一
は、タダならぬことを考え
出していたんですね〜怖!

takeda3














*これは↑別の怖い顔(失礼)

この内容に関しては、別途
竹田先生の『営業昔話』CD
充当・・・いや、それ以上に
詳しく知ることが出来ます

IMG_5470












&もちろん『地域戦略』の
各教材もお忘れなくです。

tiikisenryakubig[1]









ただ、圧倒的な1位を目指す
場合に参考となる話しなので、
番外弱者の段階だと「武勇伝」
くらいで聞き流すのが
イイのかも〜要注意か?

*でも、ポジティブ思考に繋がり
 発想力が高まるのは確かです。
 (詳細、後日に触れるかも)

年末恒例の「計画勉強会」、
その事前【ワークシート】
記入いただく際の、確認用
事前チェックシート」。

7b2eb366-s[1]










使用テキストである旧版
『戦略☆名人』DVDからの
項目を中心にチェックを
促すようお願いしてます。

引き続き一昨年末から、


竹田ビジネスモデルを再確認

4post3














・・・竹田先生のように
1つのことで25年間も
取り組んだことはあるだろうか?


*旧版『戦略☆名人』DVD
 テキストをお持ちの方は
 再確認ください。


〜に加えて、昨年末には


「戦略」の語源については
40年間も以上も探し求めた
そうで(真似はしないように)、
今回の計画内容も1年だけで
終わらせぬように。

DSC05485














*なお『戦略とは何か』CDには
 その成果が活かされてない
 のでご注意ください。 


〜とのことも足しました。

しかも、あるまじきことか
「真似しないよう」
促してます(失礼)。

DSC01580












実際、勉強会の開催当日、
この部分は一種の笑いのネタ
くらいで触れ、ご参加の
皆さんもスルーされました。
(失礼&失礼)

DSC01603












また続く(こちらも恒例)
年末「竹田先生セミナー」で、
竹田先生自身から、いわゆる
自称【竹田理論】である


1人当たりの経常利益が
 市場占有率の2乗に比例する




*今回のセミナーでは
 自称されませんでしたが。


〜との話しをされた際、


「・・・その頃、
 調査会社に勤めていた。
 ランチェスター戦略の
 話しを聞いた時、
 市場占有率の数値に
 すごく興味を持ち、
 そのまま研究を続け・・・

DSC01628













(竹田理論を発見した経緯を説明)

DSC01631













 ・・・見つけ出すのに
 12年かかった」


〜とも追加されました。

DSC01632












先の「25年」「40年」と、
この「12年」以上を足すと
「77年」も!?

いや&いや、これら足す必要は
全くありません(またまた失礼)
が、ともかく前言撤回、皆さん!
一流になりたければ
ぜひ真似してください。

人生のあらゆる成功を決める
「究極の能力」を身に付ける
ためにも真似してください。
(今回、大いなる反省)

やり抜く力 GRIT(グリット)
 アンジェラ・ダックワース・著
 (ダイヤモンド社・出版

grigritt















弾丸スケジュールの中で、
やっと読むことができた
竹田先生の推薦書。
考えながら読み進んだので、
まだ精読の途中ですが、
竹田先生の幸福感と健康は
ココから来ているかも
思えてしまいます。
究極の時間戦略かと。

速読とかして要するに
と結論だけ追い求めると、
竹田先生が推薦される
真意を掴むことが出来ず。
ランチェスター経営自体を
まどろっこしい」と
日頃から思う人は、
合わないかもですが。
(誰のこと?)



折角なので、TEDでの
著者によるスピーチも、
ご参考ください。

*これこそ「要するに」
 かも知れません(ご注意)

寒波が襲来する前の今週中に、
来週29日(水曜)開催の
竹田先生セミナーのレジュメ、
その大枠を完成させようと
こもっています。

最新教材であれば、情報が
アップデートされているだろうと、
今回も改訂版『戦略☆名人』
DVDを参照にしています。

12bf5fbd












しかし、竹田先生にとっては
大事な年号、日本人の独創となる、
あの数値を導き出した年が、変?

仕方が無いので、今までの
全ての教材から、市販の本
過去の講演テキストまで
引っ張り出して見比べました。

しかし・・・変??

69e9d818
















先ほど触れた通り、
最新教材なので、新たな
情報を入手されたから
アップデートされたのかも。

zoosun












*蛇足ながら、冒頭で触れた
 竹田先生セミナーにZOOM
 参加予定の方々は、ZOOM
 アップデートもお忘れなく。
 (現時点で最新は、5.9.0 です)


「こんな大事な年号も
 伊佐くんは覚えてないの?」


〜と切り替えられそうで、
(夢にも出てきたので)
丸々2日間ほど、調べに&
調べて・・・Give UP!

素直にお尋ねしました。


「それ・・・昭和37年としか
 覚えてないな〜ゴメン」


だったら西暦で書かないように。

もぉ〜!?

やはり「本日人」という宇宙人
が導き出したのでしょう。

304c3765

















最新教材であればあるほど、
逆に記憶力が衰えてから(失礼)
作成されたことを肝に免じ
なければいけないかもです。
(誤字脱字も多々あるし)

危ないので、竹田先生が
脂ののってた頃、まだ好んで
マックのポテトを食べていた
当時に作成された教材を
中心に参照とします。
(説得力あり?なし?)

part3_01_200[1]










そうなると、やはり
旧版『戦略☆名人』DVDを
完成させた頃となります。
良い内容だから、私は常に
使用テキスト」としてます。

7b2eb366-s[1]









また、内容的にはCD教材の方
が詳しく説明されているので、
同『戦略☆名人』CDはもちろん、
地域戦略』&『営業戦略』や
講演テキスト等々も・・・

どぉ〜せ、年号を調べるのに
引っ張り出したのですから。
(ケガの功名?)




どちらにしても、今回も
レジュメをほんとんど使用
しそうになさそうですが、
私の量稽古のために、
もう少しこもろうと
思います。

竹田先生が少し悲しむような
ニュースが入ってきました。


◆マクドナルド
 :フライポテトSサイズのみ
 の販売に制限、輸入遅延で




日本マクドナルドホールディングス
21日、北米からのポテト輸入遅延のため、
当面「マックフライポテト」の
Sサイズのみを販売すると発表した。
M・Lサイズの販売は一時休止する。
全国の約2900店舗が対象・・・


来週29日(水)に開催する
年末のセミナー終了後か、
翌日くらいに「酒のつまみ
として好んで食べている
マクドナルドのポテトを
買い込もうとしていたかも。

しかし、両日ともSサイズ
しか販売されていません。
(31日から再販売)

macppt









え!今は違うとか?

先日も触れました著書、
小さな会社は一通の
「感謝コミ」で儲けなさい

その本への書き込みで、


(居酒屋で)から揚げは、
食べ過ぎてはダメ。





*やはり「食べてはいけない」
 との記憶が正しかったです。


〜と、繰り返し私に忠告された
頃から、ご自身も脂っこい物は
控えるように食生活を
見直されたとか。

だから、マックポテトでの
晩酌も控えているそうです。
ビール類を控え、焼酎が
メインだからとも。
失礼しました。

DSC06528












これぞ、長寿の秘訣!

リベンジ消費に精を出される
一部の方、見習いましょう。
(リベンジ消費を期待されて
 経営される流川の方は別)

昨日のブログで取り上げました
私が納得できないでいる
新聞記事について。

本日、竹田先生にお会いでき、
お尋ねしてみると、


「・・・根本的に、
 業種・業態ごとに
 違いがあり過ぎるはず。
 だから、記事のデータは、
 あまり意味がない」





〜とでのことで一蹴を。

確かに・・・納得でした。
失礼いたしました。

このことから「計画勉強会」で
私からは話題にしません。
(尋ねられれば別ですが)

ただ、竹田先生からは、
この件に派生して、
(派生しなくても)
29日(水)セミナーでは
利益表を用いて、バンバン
業種・業態の違いによる
業績など構造的な差を
お話しいただく予定です。
乞うご期待ください。

IMG_5038












別途、JR九州ネタも
出そうな予感が・・・

tetub1












*ただ「卵かけご飯」ネタ
 皆さんお腹いっぱいかも?

↑このページのトップヘ