カテゴリ: 竹田陽一

今回のブログ・タイトルを見て↑
ピン!っと来た方は
竹田先生ツウです。
(ツウでも驚く内容あり)

787dc17a















1988年に出版された
最初のハガキ本である
1枚のはがきで売上を伸ばす法
からの内容です。
(私は改訂版を持ってません)


◆工務店は営業の「手抜き工事」だ


・・・私は昭和46年、
太宰府市の農家から
115坪の土地を買った。




その農家の人が言うには
自分の知り合いに大工さんが
いるから、家はその人に
頼んでくれ、とのこと。

土地を買って1年して、
その大工さんに建設を頼んだ。

念願の自宅が完成し入居したのは
昭和47年10月28日であった。

この日は???
 (ランチェスター戦略を知る前
  であり、不思議な縁?)




資金の余裕はなく、
とにかく無理に無理を
重ねての建設であったため、
月々の支払いは給料の3割を超す
「設備投資過大型」の
苦しいスタートであった。


その大工さんから入居して
3カ月後の翌年1月1日に
年賀状が来た。

しかし、それから10年間は
音信不通であった。

ところが、昭和59年の正月に
11年ぶりに年賀状が来た。


なぜ11年ぶりに来たかと言うと、
その半年ほど前、福岡市南部で
大工さんや工務店さんの集まりが
あり、私がこの会に招かれて
講演をしたからである。

テーマは
「中小工務店の営業対策」

「営業力をつけるとは、
 一度仕事をさせて
 いただいたお客から
 支持されることである。
 そのためには、
 訪問の顔コミ、電話コミ、
 手紙コミを組み合わせて
 投入することだ」

「この3コミの投入が
 全くない音信不通型で
 お客を紹介して貰おうとか、
 増築をさせて貰おうなど
 という欲の深いことを
 考えてはダメだ。
 とりあえず、手紙から
 着手すべきだ」と話した。


そして、私も地元の太宰府市に
家を建設して10年になるが、
建設会社からは年賀状すら来ず、
全くの音信不通だ、
という体験を詳しく話した。

多くの参加者の中に、
私の家を建設した大工さんもいた。

後ろの方に、この人が
いることは初めから
分かっていたが、
かまわず話を進めた。

当の大工さんはバツが悪くて、
テキストで自分の顔を
隠していた。


こういうわけで、半年後の
正月に11年ぶり年賀状が来た。

その年賀状の裏に、
「深く反省しております」
と書かれてあった。

IMG_6165














その年に一番下の子供が
高校に進学したので
二間ある2階に、
もう一間増やす増築工事をした。

この他あちこちやり直し工事を
したので、工事費は締めて
160万円かかった。

この工事代金の送金先が
11年ぶりに年賀状をくれた
大工さんであったのは
言うまでもない。

これ以来、年賀状は毎年
来ている・・・


この項目に続いての
「畳業界の営業努力は最低」
では、もっと厳しい
実態まで触れてました。
(加えて役立つ情報も)


・自分の家の畳を入れた業者の
 名前を知っていますか?

 結果:0%



アメリカ西部劇でお馴染み
「ピストン」本体を作る会社と、
ピストンの「弾」を作る会社
とでは、どちらの方が
儲けたのだろうか?

OK牧場










答えは「弾屋」の方で、
(花火師?)
コピーの場合も同じく、
機械よりも紙で儲けている。
(トナーも?)

これは畳でも同じ・・・


なるほど&なるほど。

その他、毎度ながらですが
「全く出してない銀行振込のお礼状」
「ルート営業間マンもサボっている」

IMG_6166















この本の冒頭には、
「お礼状の実態調査アンケート」
が紹介されていますが、
現在にも通じた内容と
なっています。

こう考えると、古くに
出版された本の方が
生々しい書き方かも。
確かに個々の内容自体が
古いのは古いので、時には
誤字脱字&死語も見かけます。

81CZLmh5hbL












読みやすいのは5年ほど前、
あさ出版から出ました
1枚のはがきで売上を伸ばす方法

読みやすいから心に響かず、
実行にも移さず?

*ともかく「6月です」よ!

*この総資本回転率とか
 私に尋ねられても「?」
 ですから〜困ったもんだ。

IMG_4447












ともかく、改訂された
ランチェスター経営(株)
『資金と経費戦略』DVD


◆資金分析の危険値を理解

 今の経営分析には、
 中小企業の社長用がない
 と説明した。
 
 では、どのような数値を
 当てはめると、上限値と
 下限値(危険値)が出てくる
 か、これを10年以上も
 研究して、ある時フッと
 思いついた。




 ランチェスター法則
 応用研究から・・・


〜として、研究過程など
少し簡略で説明しています。

そんな指標として、


1.自己資本比率

2.固定比率

3.総資本回転率(数)

  
自己資本額も載っているが、
 あくまで「1人当り」です。


それら数値や分析に対して、
あまりに難しいと思い、
10年ほど前に、私が、


「財務戦略の中にある
 財務分析とか
 利益性の分析とか
 普通じゃ分かりづらいですよ。
 しかも、誤字脱字も
 多くて・・・」


〜と竹田先生にお尋ねすると、


「そうやろうな・・・
 (認めました)




 でも、簿記3級くらい
 持っている経理係なら、
 直ぐ分かるはず。
 
 それが分かれば、
 社長は確認するだけでOK。
 何も社長自身が
 数字を導き出さなくても
 チェックが出来ればいいから」


この延長で、
『社長の簿記会計』CD
出来上がったのかも。
(ただ、オススメはDVD版

DSC01332












(話しを冒頭*に戻して)
お尋ねいただいた指標の
総資本回転率に関しては、


◆総資本回転率(数)について

 ・・・製造業や卸売業など
 資金を多く使う業種の社長は、
 まとまった設備投資をする時、
 特に、大本になるのは
 固定資産になるので、
 総資本回転率には
 注意を払い十分に検討すべき。

DSC01418

『財務戦略』CD版より。


〜と詳しい説明があります。
中には業種別のランク付
も掲載されてます。
DVD版にもあります。

*ちなみに、平均の下限値が
 一番低いのが製造業で、
 「0.82回」だとか。

IMG_4461




















今後に設備投資を考えている
社長様は頭においておくべき
か・・・いや、失礼。

根本的には、およそ30人に
1人いるかいないかの、
営業戦略まで解る
経理の専門家」に
お願いする方が得策かと。
この社長様のように

IMG_4488












竹田先生は言ってませんが。
示しています

誰だ!?

鍵もケイタイも持たずに
外出してしまって、
そのまま閉め出されて、

*ケイタイを持ってる時が
 ほぼ無いかも(失礼)


「伊〜佐〜く〜〜ん、
 連絡してくれん?」

DSC01834













*珍しくマスク姿でした。


〜と、私に助けを求めて
のっそり会議室に来るのは?

そんな時に限って、
あの「スゴイ社長」様から
ご質問のお電話が・・・
(意外に勉強熱心?失礼)




その間に、会議室内を
キョロキョロされて、
去り際に、


「いらないイスは捨てなさい!
 いらない机も捨てなさい!!」

DSC01847













*ドンドン声が大きく・・・


これは、平成最後の日
実施した抜き打ちテスト
つい先日も実施・失礼)
その逆襲だったのかも?

*ちょうど、サロンパス
 落として無くて良かった。 

*ちょっと調べ足らなかった
 点もありましたので備忘録。
 (特に後半部分★から)

part3_01_200[1]










ランチェスター経営(株)
教材、旧版『戦略☆名人』や
戦略★社長』DVDから。

「目的と手段」の混同
説明する中で、文中に突然
「キャッシュフロー」と出て
きて「?」と問い掛けます。
その後に答えが無いまま
終わっているのもミソ。

*下は↓旧版『戦略☆名人』


◆経営の目的を1位作りにする

 人が何かをするときに失敗する
 のは、目的と手段がゴチャゴチャ
 になってしまったとき。
 こうなると手段にこだわり
 過ぎて全体が分からなくなり
 結局、失敗することになる。

 手段の処理が優先されたら
 目的が忘れ去られてしまう。
 その手段がダメな場合は、
 別の方法を考えれば良いだけ。
 目的を見失うと失敗する。

 これは経営についても
 同じことが言える。
 「目的と手段」あるいは
 「目的とヤリ方」が
 ゴチャゴチャになると、
 小さなことにこだわり過ぎ、
 全体を見失って、結局
 失敗してしまうことになる。


*キャッシュフローは、
 目的か、それとも手段か?


竹田先生が答え合わせを
忘れるほど、軽々しく
扱ったのでしょうか?

7b2eb366-s[1]











★ココから抜けてました↓

別途『財務戦略』CDの中で
「キャッシュフロー」に
ついて説明があります。

DSC01802












つい先月末に開催しました
「商品戦略」竹田先生セミナー
でも、いつもながら
ホワイトボードに記した、


マルクスの価値公式
 (テキスト↓表紙もご参照)

7bd10375-s[1]













・経営における価値は
 資金の力 × 知識や技術の力 × 時間

DSC01803














先月末のセミナーでは、
 (ホワイトボードを↑ご参照)

・粗利益=資金の力 × 人の力
     <4割>  <6割>

 人の力(戦略知識 × 戦術技能)


(戻って)『財務戦略』CD
では、その説明に続いて、
若干、要約して


・・・資金を多く使う業種では
次の作業が役立ちます。

まず1番目は、財務分析をして
資金配分の実態を掴むこと。

2番目は、利益の状態を
チェックするときは
総資本経常利益率が有効な
分析方法になります。

3番目は、キャッシュフローの
計算になります・・・


これに対して、中小企業では、
資本を使ってはいるが
「ごく僅か」という業種が
「7割」を占めています。

このような業種では、人が
身に付けている知識や技術は
「人件費」で支払われるので、
損益計算書の分析は必要になる
モノの、貸借対照表を分析
してもあまり役に立ちません。
中でも、総資本回転数や
総資本経常利益率を計算しても
意味がないモノになります。

これはキャッシュフローの計算
についても同じ事が言え・・・


〜と言うことは、業種的に
中小企業の3割ほどで、
(社数での割合では無さそう)
資金配分のチェックする際の
3番目くらいのツールとの
認識とも言えます。

cd301








*実質的に「キャッシュフロー」
 と資金繰とは異なりますが。

それよりも、根本的に
あの過激で度を越し過ぎる
旧版『財務戦略』DVD教材、
その中からは、


◆資金繰は、
 「自己資本7分に、
  (やりくり)技術3分」

 
 社長が資金繰から解放されると、
 商品対策営業対策顧客対応
 など、粗利益が発生する所に
 関心と努力を集中できる
 ので、業績が良くなる。


この「やりくり技術」ばかり
指導する会計の専門家や
コンサルタントも昨今
多く見受けられます。
残念で仕方ありません。

最後は、久しぶりに
お知り合いの税理士さんの
言葉で締めておきます。


◆自己資本の蓄積は
 社長の心構えを示す物的証拠
 その心構えまで指導するのが
 (TKCの)税理士の役目





以前にも触れてますが
そう言えば、竹田先生は
自己資本を蓄積しない
社長の価値観は、


社長が雷に打たれたり、
高圧電流に触れて
「記憶を喪失」すると
変わることもあるが・・・

CIMG2937

*同・旧版『財務戦略』より。


〜と、過激で度を越し
過ぎる説明でした。

今年のゴールデンウイークは、
今日(5月2日)を休めば7連休!
(そのため腰痛を我慢

そのまま、6日(金曜)も休めば
最大で10連休!!となります。
そんな会社も身近にチラチラ。
それだけ順調な証拠?

DSC01817












なお私事ですが、その10日間
で、セミナー・勉強会など
企画が立て続けに4つも。

DSC01777aDSC01788a







既に初日で腰がパンク!?
それだけ不調な証拠!

bone
















残り半分以上の日々を
竹田先生から、効果に疑問を
投げかけられた「サロンパス」で
乗り切らねば(苦!)

DSC01814












さて、GW初日に開催しました
◆「商品戦略」にこだわって学ぶ!
 【後半】竹田先生セミナー


その中で竹田先生、毎度ながら
利益表」を手にされながら、


「上場企業においても
 目立たないけど、
 競争力ある1位の商品を
 持っていると強い。
 そこには強い競争相手が
 出てこないことが大事。
 
 例えば青汁とか、昔は
 知らない中小企業が扱って
 それで儲かって有名になった。
 そんな程度だったのが、
 今では多くの上場企業が
 何社も参入している。

 *この延長で、サロンパス
  疑惑の脱線ネタでした。
 
 本当に儲かっていても
 黙っておかないと、
 真似されるのがオチ。
 こっそりやること。

bo2bo2d

















 たとえ、同業者に
 『儲かってますか?』
 と尋ねられても、
 三味線を弾くように」


何のこっちゃ!?

〜と思いましたが、
(語彙力がなく失礼)


◆「三味線を弾く」とは、

 相手の言うことに、適当に
 調子を合わせて応対する。
 また、事実でないことを
 言ってごまかす。


これって、竹田先生の得意技?
(禁句)

DSC01812












ともかく、会社の業績が順調で
堂々とGW10連休とかの
会社の社長様でも、決して


「儲かって&儲かって
 仕方ありません(笑)」


〜とお応えせぬようご注意を。

しかも、SNSで旅行先とか
の写真をアップさせていると、
留守中で空き巣に狙われる
こと必須ですから要注意。

昨日のブログの最後に、
(後から、少し変更済)


*最終的に、もっと予期せぬ
 出来事に陥りました・苦!





〜と締めたのは、昨日に開催の
「商品戦略」勉強会&セミナー
その片付けをし終えた頃に
腰に少し痛みが走ったから。
いつもの坐骨神経ではない)

bone
















そして今朝、その痛みが
「激痛」にまでレベルアップ!
しばらく身動きできず。

ゆっくりと起き上がり、
ちょっとストレッチなどして
痛みが緩くなった後、
直ぐトリガーポイントの先生
の予約スケジュールを確保
しようと電話をするも、
少々長いインターバル後、


「ごめんなさい!
 ゴールデンウイークで
 うちも休みにしたので、
 5月6日まで
 頑張ってください」


*お休みのところお電話に
 出ていただき〜感謝。
 失礼しました。


ガーン!?

止む無く、腰のあたりを
中心に「サロンパス」を
ペタペタにして、痛みを
ごまかしています。

こんな状態を予期せずに、
昨日の勉強会スタート時は、
深々と頭を下げて挨拶した
証拠写真が残ってました↓

DSC01770












そう言えば「サロンパス」は
効かないというお話しも、
昨日お聞きしたような?

幼少期の一時、鳥栖市
お住まいだったこともある
ので、信憑性は高いかも。

DSC01798












そう思うと、効いて無い
ような気もするのですが、
プラセボ効果」か?
「ノセボ効果」か?

どちらの効果が強いか、
結果は直に判明するかも。

DSC01796












竹田先生も時々、サロンパス
 の臭いをプンプンさせてる
 こともあるので、心の中では
 信じているはず・・・と
 信じておきます・祈。
 (麻痺されてるかも)

昨日に書いたブログで、
竹田先生『営業昔話』CD
を取り上げた際、ちょっと
思い当たることがあって、
調べてみると、ビックリ!?

IMG_5505












ここ最近、ウクライナ問題も
影響してか、経済ニュース
などで盛んに叫ばれるのが
「スタグフレーション」

2年前、コロナ禍初め頃にも
盛んに話題となり、「備忘録
として取り上げましたが、
無事に忘れてしまうくらい
一時は落ち着きました。

しかし・・・もう始まった!?


◆日本経済を壊滅させる
 「スタグフレーション」に警戒せよ





デフレしか体験してない人は
何が起こるか分からない?

実際、過去に日本が経験した
スタグフレーションですが・・・


◆悪いインフレ? 生活にも影響する
 「スタグフレーション」とは





この野村證券「EL BORDE」記事で、
(一部のみ引用)


◆日本はスタグフレーションを経験済み

 ・・・1970年代の
 第1次オイルショック後に
 日本はスタグフレーションを
 経験した・・・


*当時の消費者物価指数と
 実質GDP成長率の推移
 (そんな図表あり)


その図表からすれば、
1974年をピークとして
前後1年の3年間が最も
激しかったようです。

そう言えば、この時代、
我が「伊佐家」はそうとう
苦しい生活だった記憶が(涙)

IMG_5470












(失礼、私情は別にして)
こんな時代であっても、
平均社員の10倍の売上を
目指して頑張った竹田先生。
(結果は7.7倍でしたが)

『営業昔話』CDが発売された
当初のブログでも書きましたが、
その部分を抜粋


ご感想をお聞きして考えたのが、
当時の竹田先生の場合、販売戦術
改善から入って、それだけでも
平均社員の5倍まで達したが、
それ以上を求める過程で、
商品を変えた(講演の実施)上で、
対馬陶山訥庵に学んでいます。
(追記:1974年でした) 



   
まさに、商品戦略
地域戦略の革新だった訳です。


その商品戦略の革新(講演)が
【1971年】ごろで、
地域戦略の革新(陶山戦略の
前に、田岡信夫先生の講演に
ご参加されてます)が
【1973年】でした。

DSC09215












この時期以降は、戦略的に
営業成績を伸ばし続けたと
申し上げてもイイのでしょう。
しかも、単に「売り」の戦略
だけでなく「商品」の戦略でも。

DSC09432












しかも、どちらの成功体験
要因を分析してルール化した
上で、商品化(教材化)
フルで揃ってます

DSC01713












(締めは昨日のブログと同じ)
そのフルライン教材で納得
できない方、4月29日(祝)
竹田先生セミナー
ご参加が必須かもです。
お待ち申し上げます。

少し前に開催しました
参加者限定『竹田先生
との座談会』から。

DSC01651












その時「新商品開発」に
ついて説明していく前に、
現状における一般的な
大企業での新商品開発の
事例を話していく中、


「・・・普通は、
 D社やH社などの
 広告代理店に、
 何百万から何千万円の
 高いお金を払って、
 市場調査を依頼する。

S1520002












 それと同時並行で
 研究やら試験やらで
 莫大なお金を使う。

S1520005











 それで、やっとのこと
 新商品が世に出ても
 思っていたより
 上手くいかないのが
 ほとんどである・・・」


このことに竹田先生から、
定番となる鉄道会社
地ビールのネタから、
つい最近の失敗事例など
いろいろ話しありました。
参加者も納得。

DSC09450












それに続けて、


「・・・このように、
 高いお金を使うと
 新商品開発に
 成功するというならば、
 それら(新商品)を全て
 大企業が押さえてしまう。
 
S1520003











 しかし、そうではない
 のが現実である。
 だから、中小企業にも
 チャンスがある」


〜とのことで、中小企業で
あっても世にブームを
巻き起こしたような
新商品開発の事例を
少し話されました。

DSC01672












これには、いつもながら
イゴール・アンゾフ氏
成長マトリックスにも似た
縦軸が「客層(市場)」、
横軸が「商品(製品)」との
新商品開発のマトリックスを
使用(非関連の多角化チェック

a89edd2a[1]












その中で、いくつかコツ
あるのですよ(確かに)。

ただ(以前にも触れた)、
ここには単なる論理的な
思考だけでなく、また
お客さんの声でも無く、
右脳的な「ヒラメキ」が
必要とのこと。

DSC01679












事実、超・論理的思考の
竹田先生でさえ、それで
成功失敗を(繰り返し)
経験されているのですから。


「売る側から見た良い商品と、
 買う側から見た良い商品は、
 滅多に一致しません。




 それを実証したのが
 このカレンダー

 しかも、思いの外
 売れて、ビックリ!
 本当、ありがたや〜ぁ」

DSC09020













 *一堂、大爆笑!


「売る側から見た良い商品と、
 買う側から見た良い商品は、
 滅多に一致しない」は、
ドラッカー先生の著書
創造する経営者』から。


「中小企業の社長が、
 『今年の経営課題は?』
 と尋ねられると、
 その2番目くらいに
 答えられるのが
 『従業員教育』です。
 (1番は営業力アップ)

 私も、会う社長、
 会う社長に尋ねると
 同じような結果だった。
 その中には、
 『従業員教育こそ
  全ての業務に優先する』
 と力説した社長もいた。

 そこまで言われるなら・・・

a1064f38-s5B15D[1]

 と数年前、CD5巻モノの
 『中小企業の従業員教育
  弱者の教育戦略』を作成。

 大々的に案内しました
 全然、売れません。

 買うときは話しが別!?




 後で、サブタイトルに
 『教育☆名人』と付け加え
 たまに売れるようになった」

DSC09589













 *一堂、シーン状態・・・


だから、竹田先生も決して
新商品開発を諦めません?
最近の成功例は?)




こんな展開を、また
4月29日(祝・金曜)開催
セミナーで新ネタを交えて
ご期待しましょう!

昨日のブログでも触れたので、
思い出しネタ的な内容です。

DSC01608












公開して開催のセミナー
もちろん、参加者限定での
竹田先生との座談会』とか
になれば、熱心な参加者が
竹田先生を乗せることもあり、
相変わらず、飛び込み営業
(セールス)が主流だった
時代の昔々話しが多く
なってしまいます。

IMG_5505












その行き着いた先が、
昨年に提供された教材CD
竹田先生の『営業昔話』

日露戦争の頃のネタもあり、
昔話が盛りだくさんで、
新しい「日本史探究」の
授業ではサブテキストに
なるかもです。

IMG_5470












(話しを戻して)
飛び込みセールス自体、
数年前くらいに、
特定商取引法」での
「訪問販売」に関する
規制などが厳しくなり、
ある意味で違反スレスレ

また、根本的に訪問販売で
物を買った人がいるか
どうかも非常に微妙。
ともすれば、竹田先生が話す
ようなセールス行為自体を、
見たことも&聞いたことも&
(もちろん)経験したことも
ない世代が、社会に出始めて
いるかも知れません。

だから聞いていて「?」状態で、
時として竹田先生のセミナー
中に、簡単に売り込まれる?
ジャパネットたけだ?)




これには一理あり!?

DSC01753












先のように飛び込みセールス
未体験だから、参加者に
免疫が無く効果抜群かも?

S1580001










ともかく、竹田先生の話術に
効果がある間は、飛び込み
セールスの優位性が保たれる
証拠なのかも知れません。
今後もご期待しましょう。

DSC01484












*この免疫の確保は、セミナーに
 2回以上、続けて参加しないと
 ダメ?ご参加お待ちしてます
 (しかも、短期間で)

ちょっと前から自粛して
言うのを止めようと思って
いたのですが、先日の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』で、つい
口に出してしまいました。

参加者へ眠気覚ましの秘策
(私自身の眠気覚まし?)


ランチェスター経営の)
教材は、DVDが良いか?
CDが良いか?


(該当部分のみ抜粋)

・・・また、私が実際、
撮影に立ち会ったDVD教材
独立起業の成功戦略』では、
竹田先生が途中で、

「どうも、調子が乗らない」

s312[1]












と言って、ハダシになったり、
ズボンを脱いだり(秘密)。


スタジオ収録に立ち会った
私が言うので間違いなし。
この画面の下は↓
パンツ一丁な状態でした。

4da520f4












その状況を確認された方は、
今だといろんなソフトで
【写っていない部分を補完】
が可能でしょうから、
ひょっとすると・・・

その編集作業だけで眠れない
かも・・・ご注意。

YouTube動画でお試しを。

↑このページのトップヘ