カテゴリ: 竹田陽一

先月末に開催しました
オンラインセミナー」で
竹田先生が、昨年来の
締め」で話されるネタ。

今回も同様に▼ご披露▼を。


【深く掘り下げて研究すること哲人のごとし】






*蛇足ながら【ご参考】で。
歴史上最大の誤訳
−女は男の肋骨からつくられた(旧約聖書)−」
京都大学特任教授(当時)
資源・環境ジャーナリスト谷口正次氏
<構想日本>より。


その話しっぷりなど、
竹田先生ご自身も深く掘り
下げて研究されてます。
また毎回、それぞれのテーマに
合わせてご披露されている
様子が、以前と比較すると、
実によく解ると思います。

20244276










自ら「研究」続けている証拠!

折角なので、昨夏に開催した
顧客中心の経営戦略
竹田先生セミナーの▼締め▼より。


【深く掘り下げて研究すること哲人のごとし】






*この時は、セミナーの
 テーマに合わせて
 「顧客維持活動」を
 どれほど掘り下げ研究
 すればイイかと・・・


え!退化してるって?

先月末、少し寒かったようで
体調が思わしくなかった
からかも知れませんが
気のせいです(失礼)

ともかく「まだまだ」との
飽くなき探求心を持って、
物事の単なる表面だけでなく、
3段階、4段階と、深く
掘り下げ研究していくよう
心掛けたいと思います。

*この詳しい内容は
ランチェスター法則・
 完全理解の条件』CDご参照

IMG_6392












この似たようなことを、
池谷裕二さんによる新著
夢を叶えるために脳はある
講談社)でも、


◆理解の概念


・「わかる」は学習を遅滞させる。


IMG_0586


















 「わかる」という感覚は
  知識欲を減退させ、
  短絡的な理解と、
  思考停止を招く。

  実は「わかる」は、
  学習において弊害だ。

  だから、何となく
 「わかる」糸口が見えた時、
  意を決してその勉強を
  ストップさせて、
  別の科目や、新たな
  分野の勉強を始める。

  しばらく経って、
  また元の勉強箇所に
  戻り続きを進めて・・・

  そんな学習方法の方が、
  1つのテーマをズーっと
 「わかる」まで勉強するより
  良い成績だった。


ちょっと違うかも(失礼)
ですが「脳の仕組み」から
して何らかの方法で探求心を
持ち続けた方が、結果は
イイと言えなくありません。

だから、露骨に「早解り」を
謳い文句にするなどは、
以ての外かも知れません。
ランチェスター」の範疇
ではありえない行為か・・・

あら!?





同一人物による大いなる
矛盾に、戸惑う私!?

この点、もっと深く掘り
下げた研究が、まだまだ
不足していると〜反省。

CIMG3554

*別途、教材化されていても
 「まだまだ」の探求心を・・・

調べ物が終わらず・・・苦!

取り急ぎ、昨日のブログ
触れた、1週間前に開催
オンラインセミナー」にて
竹田先生が話した内容で、
気になる点をピックアップ。

20244273














後に貼り付けていますが、
素人の私だから、動画の
編集作業にメチャクチャ時間が
かかり、昨日&今日は調べ物
どころでなくなり大変でした。

今回、セミナーのタイトル
「弱者必勝の経営戦略13カ条」




ただ、これは竹田先生の
通常の「講演テキスト」裏面
注意書きそのまま。

65f38060




















*これは当日、使用せず。
 ただし、レジュメの最後に
 注意書きだけ貼り付け

これとは別に、私が前日までに
まとめてレジュメにしたのは
数字だけ合わせ「13項目」
としていました。

が!?




証拠動画・編集済

確かに「案内サイト」には、


◆「弱者必勝の経営戦略13カ条」セミナー
 講師:ランチェスター経営(株)竹田陽一先生


 皆さんのリクエストに応え、
 竹田先生から「弱者の戦略」を
 5大戦略とかではなく、
 タップリとお話しいただきます。
 ただ、当日「13カ条」ではなく
 もう少し項目が増えるかもです。
 (また減るかも知れません)


〜と数が増える(または減る)
ことを予想してました。
しかし、本当にそうなる
とは・・・

これも同様な「言い間違い
かも(お歳だから・禁句)

grigritt
















*日本でのタイトル『やり抜く力
 アンジェラ・ダックワース
 (ダイヤモンド社

いや、竹田先生がトコトン
細部にまでオリジナルに
こだわった結果だと
認識しておきます。

1take2021











ところで、今回のセミナーに
ご参加いただいた方から、
こんな竹田先生の絶対的に
オリジナルな「ランチェスター
の原点をお聞きしたいと。
そして、自分自身(自社)の
オリジナルな経営戦略の構築に
応用させたいとリクエストを
いただいてます。

さすが・・・勉強熱心!
有難うございます。

そんな「絶対的に」を
強調されるなら、テーマは
あれ」になるのですが、
確かに私も聞いたことが
ありませんので、これは
良い機会になるかも。

3681946e




















ただ集客が・・・不安です。
(少し再考します)

先週の土曜日に開催しました
オンラインセミナー」で
竹田先生が間違えたまま
オススメされていた本。

grigritt















*日本でのタイトル『やり抜く力
 サブタイトル的に「 GRIT」
 アンジェラ・ダックワース
 (ダイヤモンド社




そのことを昨日のブログ
記事として取り上げましたが、
とある参加者から、


「いや、竹田先生は
 話しのちょっと後で
 正しい本のタイトルを
 口にされてましたよ」


ホンマでっか!?
インチキ関西人の私

そのシーンを動画で再確認




いや&いや、実際は非常に
「惜しかった」ようです。

日本人で、2008年に
ノーベル化学賞を受賞された
(名前は思い出されず)
故・下村脩先生クラゲ逸話
話された直後に・・・




やはり間違えてました。
申し訳ございませんでした。
(動画でご確認ください)

プレゼンテーション1














ともかく、土曜日のセミナー
参加者の中で、お二人も
別の「グリット」を間違って
ご購入されしまったようです。
これ以上、被害者を増やさぬ
よう、再確認をお願いします。

もしかして竹田先生による
陽動作戦なのかと疑って
しまいました。

1take2021











*この写真↑を忘れず
 頭に叩き込んでください。

つい先日の日経新聞・夕刊、
コラム「文化往来」には
【宮崎監督、鉛筆でリアル追求】と。

IMG_0551












一読して&二読しても、
身近な方(だれ?)とソックリと
思うのは私だけではないはず。

DSC01973












コラム全文ご紹介したいのですが
残念ながら [会員限定記事]なので、
(別途まとめ記事ご参照
似ている部分の文面を6つ、
お二人を対比させ列挙いたします。


第96回アカデミー賞宮崎駿監督(83)
 「君たちはどう生きるか」が
 長編アニメーション賞を受賞した。
 デジタル機材を駆使したアニメ制作が主流の中、
 紙に鉛筆の手描きを貫き、7年かけて完成させた。
 年齢を感じさせない奔放な創造力を発揮し・・・



▼これは先月末に提供が開始された▼
▼新教材の完成に置き換えると▼


IMG_0525














ランチェスター経営(株)
 代表取締役である竹田陽一社長(85)
 「成果が出る従業員教育の進め方」新教材CDを作成。
 デジタル機材を駆使した教材制作が主流の中、
 原稿用紙に鉛筆の手書きを貫き、半年かけて完成させた。
 年齢を感じさせない辛口な着眼点を発揮し・・・


新教材で賞など取ってないので
少し残念な印象かも。


◆対抗馬の「スパイダーマン:
 アクロス・ザ・スパイダーバース」は、
 3DCGや水彩画風など場面ごとに
 表現を一変させた斬新なCGアニメだが、
 栄誉をつかんだのはこつこつと
 手描きした宮崎作品だった。



▼これは来月27日(土)開催予定の▼
▼前半「間違いだらけの▼
▼ランチェスター経営戦略」研究会▼
   &(どちらもオンライン開催)
▼後半「弱者必勝の経営戦略13カ条」▼
▼竹田先生セミナー、に置き換えると▼







◆前半「間違いだらけの
 ランチェスター経営戦略」研究会
 では、ZOOMの画面共有で
 パワポ資料の斬新な展開だが、
 後半はパックのホワイトボードに
 必要あれば板書していく
 竹田先生セミナーです。


「過去形」の文章と、開催予定の
「未来形」と強引に変えると
やはり無理がありますね。
(失礼)


◆「僕は画工。机に向かう仕事を
  していないと映画をつくれない」
 と宮崎監督はかねて語り、
 今回も制作過程のほとんどの絵を
 スタッフと共に、紙と鉛筆、
 絵の具で描いた・・・



▼これも先月末に提供が開始された▼
▼新教材の完成に置き換えると▼


IMG_0526


















◆「僕はIT北京原人
  机に向かう仕事をしていないと
  教材をつくれない」
 と竹田先生はかねて語り、
 今回も執筆過程のほとんどの原稿を
 紙と鉛筆、消しゴムで書いた。
 スタッフは読み取るのが大変!?


これまた少し強引だったかも。
セリフだけに留めておいた方が
よかったかも(失礼&失礼)


◆現代の技術では実写と見まがう
 アニメ表現もできる。
 だが、宮崎監督の2Dアニメ
 最新技術をしのぐリアルさがある。
 それを可能にするのは徹底した観察だ・・・



▼これは先ほどからの▼
先月末に提供が開始された▼
▼新教材の完成だけでなく、日頃の▼
セミナーなどにも置き換えると▼






◆現代の技術では本人と見まがう
 コピペで文章も完成できる
 だが、竹田先生の教材や講演は
 最新技術をしのぐリアルさがある。
 それを可能にするのは徹底した実態調査だ・・・


これは納得の置き換え文かと。
やはりお互いリアルさを
重視されているのかと。


◆奇想天外なアイデアを作品に
 持ち込むのも監督の際立った才能だ。
 受賞作でもインコをデフォルメした
 「インコ大王」などを登場させ観客を驚かせた。
 リアルで奇想天外なファンタジーは宮崎監督の真骨頂だ。
 実写映画の監督らを含めて
 国内外のクリエーターから尊敬されている。



▼これは、日頃のセミナーや▼
▼教材などに置き換えると▼


DSC03327














◆奇想天外な言葉を教材に
 持ち込むのも先生の際立ったユーモアだ。
 今までも、バタバタして忙しく仕事をしている割に
 実際は貧乏している人を表現した
 「バタビン」などを登場させ勉強する人を笑わせた。
 リアルで奇想天外な言葉遣いは竹田先生の真骨頂だ。
 実社会の社長らを含めてランチェスト
 (ランチェスターを勉強する人)から尊敬されている。


ただ、お二人「2歳」しか違わず、
このように挙動が似てくるのは
当然と思い返しました。
最近、宮崎監督はヒゲを剃った
そうですから案外、顔も?




*残念↑あまり似てませんね。

先月末ごろ発売になった
新教材の(実態は改訂版)
成果が出る
 従業員教育の進め方』CD。

IMG_0527












その1番の注目ポイントは
早々にご紹介済みです。

それ以外のポイントも
それなりに申し上げました
ので、今回は短めな分から。
しかも、CD本体(音声)で
話されていない部分です。
<テキストのみ掲載>


◆組織対策を構成する要因と
 従業員教育の位置付け



<参考>

能力主義や実力主義の
賃金制度が始まったのは
1960年代の中頃からで、
その後は呼び方を変えて、
およそ15年周期で流行して
いますが、業績との関係は
ごくわずかしかありません。

ちなみに、100%の
成果主義は「完全歩合給」
になりますが、中小企業で
完全歩合給にした会社の
倒産率はとても高く
なっています。


この「15年周期」の
ご指摘は、既に業種別CD
会計事務所の経営戦略
で触れられていました。
特殊な教材なので、皆さん
あまりご存じなかったかも。

IMG_5076












また後半「ちなみに」以降は
竹田陽一の経営随筆集
CD教材で、もっと クドクド
失礼、論理的に説明を。
特に他の教材などでも
説明されていますが
自営業者は超・完全歩合給
で、それでも業績が悪いと。

16b8c49e












それはそうとして、この
「15年周期」の流行を
実感するには、最低でも2回
ほど経験しないとダメだろうと。
そうなると社会人として
30年も過ごした上に、
賃金制度とかにズ〜っと
関心を持っていないと無理。

もちろん「長生きをする」は
最低条件として、先月に開催の
◆竹田先生と学ぶ!
ランチェスター・完全理解

 オンライン座談会




そのサブテーマだった
徹底して考え抜く力を身に付ける法
にも重なる、1つのことに
長期間も関心を持ち続ける
持久力というか探求心という
かは、さすがの竹田先生

take5111










ただし、1つのことを考え
出すと周りが見えなくなり、
歯医者さんの前で大変な
ことになったのは内緒です。
一昨年末緊急事態

一昨日に開催した竹田先生との
ランチェスター・完全理解
 オンライン座談会」。




今回のテーマが
「誰も考えつかないような
 アイデアの出し方」&
「徹底して考え抜く力を身に付ける法」

20240223-7










最初の自己紹介の際、
ご参加いただいた方々から
「アイデアの出し方」に
ついて、いくつか
お話しいただきました。
有難うございました。

総じて、思いっきり情報を
インプットし続けた後に、
フっとした瞬間、アイデアが
生まれることがあると。
(もちろん生まれないことも)

223zad1










その後、竹田先生からも
教材の内容とテーマに沿った
話しを、30分ほどの予定が
倍近くお話しいただきました。

20240223-2










その冒頭、竹田先生が


「訳があって現在、
 ある方に向けた内容の
 本(小冊子)を執筆中です。
 今までもテーマにしてきた
 内容ですが、特にその方の
 ためだけに書いてます」


IMG_4744














*このあたりの経緯は、
 『居酒屋の経営戦略』CD
 教材開発にも似ていますね。


〜との話題からスタートを。

20240223-8










そして最後の最後に、
冒頭の執筆中の話題に戻って、


以前の教材などを見て、
 マネようとすると
 新しい知恵が出なくなる。

 だから以前の原稿などは
 じぇ〜んぶ(全部)捨てて、
 1から書き直している。
 書くのが遅いから、
 半年がかりよ〜ぉ」


これこそ「最高のアイデア
(知恵)」の出し方かと。

20240223-4










いつもながらマネできません。

*だから、私は何もかも
 捨てきれません(積読!?

もう20年超前になりますが、
私がランチェスター経営(株)
転職してきた頃の話し。

新人には電話を取らせないのが
竹田ランチェスター顧客対応
だから当初、私は何もする
業務が無いので、時間があれば
ビデオ教材(当時)を見て勉強」
することばかりでした。

CIMG1595

ビデオ教材の中では、社長の
竹田先生が(妙な文章表現?)
笑顔を交えて面白おかしく
話しを続けていきます。
(旧版なので今以上

しかし現実には、竹田先生が
書斎から事務所に顔を出される
時は、メガネをずらしながら
ムっ!とされ、執筆中の原稿の
進み具合が悪くて、一目で
「機嫌が良くない」のが
丸わかりな表情でした。

そのギャップが・・・

DSC03133












そんな昔の話しではありません。

最近の若者に関する話題から
ポツポツ目にすることで、


◆LINE句点「。」は誤解を招く…
 “マルハラスメント”とは?

 若者世代「冷たい、怒ってる、冷めてる、
 もう会話が終了という意図なのかなと」






ABEMA的ニュースショーより


パソコン世代の私にとっては、
全くの「?」状態で、逆に
驚く限りです。

そんな句点(読点もですが)
ばかり云々だと話題になった
ような記憶が・・・

竹田経営システムz











本来は旧「竹田ビジネスモデル
当時でしたが、何人かの方が、
図表に多くの句読点を打たれる
竹田先生の律儀さを感じると。
(神経質ではとのご意見も)

それが今では「怒り」を表すと。

上の竹田経営システム↑では
怒りマークが24個?

IMG_4689
















でも、ご安心ください。

竹田先生はLINEも含め
SNS全般を使ってません。
&パソコンなども含めて
使えませんので。

パソコン私がいただきました

昨年末に開催しました
竹田先生セミナー】、
そのダイジェスト動画から
ご紹介し忘れていた内容
その2です(その1)。

DSC01966a












コチラも、竹田先生
経営における「後工程」
と説明されているから
忘れたかもです。
再び失礼いたしました。

竹田経営システムz











竹田経営システム▲から
「後工程」だと再確認を。

確認後に↓ご覧ください。


◆経営を「お金中心」に考えてしまう
 人間の性(さが)/まさに下心?







既にランチェスター経営
勉強されている人にとっては、
すごく「当たり前」で単純な
ことを竹田先生が話している
としか思わないかもです。

CIMG8053













ただ、竹田先生2冊目の著書
「利益時間」戦略』に
載った▼総合戦略図表▼を
見返してみると、


◆図表7−2 総合戦略図表


cbcee213


















*財務戦略:     25%

*製造戦略(商品戦略):25%

*販売戦略:     25%

*人材育成と組織戦略:25%



◆ちなみの「現在のウエイト付」↓
 (戦略四兄弟ポスターより)

4post2














〜と、こんな竹田先生でさえも、
財務戦略」をトップに据えて、
そのウエイトは今の3倍以上
に設定しています。

いかに、人が自分の仕事
(業務)しか見ていないか、
いや見えていないかが
解っていただけるかと。




先日のブログ↑締めと同様▲

そんな過去は過去として、
これ以降も竹田先生が
中小零細企業の経営実態を
研究し続けたお陰で、
ランチェスター経営がある
のだと有難く思うように
せねばいけないのかと。
感謝&感謝。

DSC01975












*そんな竹田先生、下心は
 未だに持ち続けていて・・・
 (この最後で確認できます

昨年末に開催しました
竹田先生セミナー】、
そのダイジェスト動画から
ご紹介し忘れていた内容

DSC01965












竹田先生も説明されますが
経営における「後工程」
だから忘れたかもです。
失礼いたしました。

DSC01973












自社の組織対策に関する
内容としてもですが、
競争相手の情報を収集する
際の基準として役に立つ
かも知れません。


◆組織運営から見る「良い会社」
 と「ダメな会社」の条件







昨日のブログで触れましたが
竹田先生が初期に出版した本
ランチェスター弱者必勝の戦略
では、ここまで詳しく
組織戦略に触れてません。

従業員が10名以上となる
会社の社長様は、別途
詳しく勉強すべきかと。

IMG_4256












いや、たとえ1人起業家や
個人事業者であったとしても
外部も組織」と応用した
考え方では、組織戦略の
学びが役に立ちます。




そんな「外部も組織」の
応用した考え方も学べます、
『不倒の経営』勉強会
毎月初の土曜日に開催中。
<次回は2月3日(土曜)




また、今月スタートします
ランチェスター経営ジム
◆『戦略社長塾』では、
ランチェスター経営戦略に
関して、基礎的な内容から
学ぶことが出来ます。

昨年末に開催しました
竹田先生セミナー】。

DSC01965












私が作成したレジュメには、
竹田経営システム」に至る
試行錯誤の推移をいくつか
過去の図を掲載していました。
私にとっては、ココを
「山場」と位置付けてました。
一種のトラップ

竹田経営システムz











ただ竹田先生は、いつも
以上にスローな話しっぷりで
進行していき、「山場」に
程遠いレジュメの半分以上
残して「定番ネタ」に持ち
込み、時間オーバーで終了。

そんな打合せには無い
進行だったので、終了直後
いきなり私が「山場」を
提示して、竹田先生を含む
皆さんにご覧いただきました。

CIMG8053













その図が、竹田先生2冊目の
著書『「利益時間」戦略』に
載った▼総合戦略図表▼です。



◆図表7−2 総合戦略図表


 私もかねてから戦略の研究に
 取り組んできた。分かりやすく
 する方法はないものかと、
 あれこれ思いめぐらした末、
 次の方法を考えついた。

cbcee213


















 図(総合戦略図表)のように、
 経営戦略は4つの中間戦略に
 よって構成されている。
 中間戦略の4分野を合わせた
 ものを総合戦略と名付けた。

 この4分野について、
 一通り理解し得るようになる
 には、「10ヵ年計画」で
 取り組むことだ。短期間
 ではマスターできない。

 しかも、この研究は仕事をし
 ながらであるため “独学”が普通。
 で、どうしても進歩が遅くなる。

 チャンスを見つけて、
 ランチェスター経営(株)
 教材で自主学習するのも
 1つの手だろう。






*以上は、以前のブログから引用。
 (昨年末セミナーでは図のみ)


その図とウエイト付に関して
竹田先生は、ジっと眺めて、


「その数字は・・・
 (少し間を開けて)

 何かの間違いじゃろ〜ぅ」


〜と、何かバツが悪そうに
お応えした上で、自分で
勝手にZOOM参加者に向け
て声掛けされて進行を。

DSC01973












ただし質疑応答時間の最後、
締めの際に、また改めて
少し触れていただきました。

その際、竹田先生は、


「この当時は、まだ
 オペレェイションズ・リサーチの
 方法を勉強してなかったから、
 そうなったんだろうなぁ・・・」


〜と話されてました。

改めて先の▲総合戦略図表▲を
ご覧いただけると「驚!」なのが、


◆先の「総合戦略図表」より


*財務戦略:     25%

*製造戦略(商品戦略):25%

*販売戦略:     25%

*人材育成と組織戦略:25%



◆ちなみの「現在のウエイト付」↓
 (戦略四兄弟ポスターより)

4post2














ウエイト付では「財務戦略」と
組織戦略」が現在よりも高く、
逆に販売戦略が低いです。
商品戦略は、ほぼ同じ)

確かに、ウエイト付は
告白された通り、まだ勉強
されてない時代で「適当」な
数値なのかもです(失礼)が、
注目は並んでいる順番。

DSC01968












一昨日のブログ記事に、
竹田先生が昨年末セミナーで
辛口的に話された


◆実学と懸け離れた
「大学の経営学者」の実態に
 竹田先生が喝!







・・・大学の経営学者は、
自分で商品を売ったり、
自分でお客を作った経験が無い
から、具体性に欠けた思想に
近い抽象論だけしか話せない。

しかも、アメリカで考えられた
経営方法を輸入した後、これを
「卸売り(いわゆるコピペ)」
しているのが現状だと・・・


〜とのことは、もしかすると
竹田先生ご自身の過去にも
当てはまることなのかと。


◆竹田陽一の略歴


福岡大学経済学部を卒業後、
北九州の建材メーカー
就職し、経理部に配属
しかし算盤は全くダメ。
簿記知識も「ジェロ」で
ひどいお荷物社員に。
そこで簿記学校の夜学に
6カ月通学、幸い上司が
会計の名人(ハセさん)
だったので簿記をマスター
28歳のとき企業調査会社の
東京商工リサーチに転職し、
決算書の分析業務を経験。






その後、財務分析に
ランチェスター法則
応用することを考えつき、
ランチェスター財務分析
完成させた。

講演は33歳の時に始め、
今では4300回になる。


*以前の『簿記会計』DVD
 案内に記載された竹田先生の
 プロフィールより。


そんな過去は過去として、
これ以降も竹田先生が
中小零細企業の経営実態を
研究し続けたお陰で、
ランチェスター経営がある
のだと有難く思うように
せねばいけないのかと。
感謝&感謝。

↑このページのトップヘ