カテゴリ: 竹田陽一

昨日のブログから引き続き、
昨年末に開催しました
恒例「竹田先生セミナー」。

DSC01619











今回は、レジュメに書かれた
私が作成したレジュメなので、
 正式には「書いた」です)
内容から、振り返りと
一種の反省(?)を。

DSC01634












当初(案内段階で)
テーマだったのは


◆利益性の原則から導かれた
 ランチェスター経営
 「強い会社」の条件





それが、レジュメ作成時に


◆ランチェスター経営
 「強い会社」の条件、
 利益性の原則と市場占有率


最終的に、竹田先生
スタート&締めで、
(これに近い言葉)


「今回は、利益性の原則と
 市場占有率について
 お勉強していきましょう・・・


 *話した内容に関してはコチラ




 ・・・ということで、本日は
 利益性の原則と市場占有率に
 ついてお勉強していきました」


当初の「強い会社」など含め
「強い」との言葉はほとんど
話されませんでした。
(強いもの作り〜は仰ってました)

確かに、「強い会社」と呼んで
おきながら、別に途中で
似たような「強者の会社」と
の言葉も使えば、聴く側が
ゴチャゴチャになることは、
たぶん長年の講演経験から
周知の事実だったのかもです。
失礼しました。

DSC01610












その上、教材などで常々、


人は、強いものや
カッコいいものに憧れる
という傾向もあって、
たとえ番外弱者の会社で
あっても、つい業界1位の
会社のヤリ方を真似て
しまったりするもので・・・


〜として警告しています。
そのこともあるのでしょう。

DSC01606












私としては、会計的な発想の
「大きさ = 強さ」に対し、


売上高と利益性には
相関関係はありません
<会計の常識は、経営の非常識>




「大きさ」と「強さ」の問いかけ


〜とのサブテーマ的な文章
まで付けて案内したことを
訴えたかったのが真意。

この点は、竹田先生も
何度か別の角度から辛口で
話していただきました。
一安心でした。

DSC01612












本題に戻りまして、
今後、「強者の戦略」や
「強者の会社」などを
説明していく中では、
安易に「強い会社」や
「強くなる」云々などの
抽象的な言葉の使用は
なるべく控えねばと
思う次第です。

特に、竹田先生の前では
ご法度なのかもです。
反省いたします。

DSC01630












・・・ご法度。

・・ご法度。

What!?

そうでも無さそうな?
しかも拡大文字。

DSC08698












「ランチェスター経営」で
  あなたの会社が強くなる
  (サンマーク出版

もっとも、出版社が付けた
本のタイトルでしょう。
本文中には「強くなる」
などとの言葉は、ほぼ
見当たらないですから。
(たぶん)

やはり教材などでは、
ご法度なのかもです。
心得ておきます。

そうでも無さそうな?

340cdbig








経営を総点検し営業力を
 強くする』CD教材

会社であっても、一部分で
ある「営業力」に関しては
使用してOKなのかも。
(商品力は自信なし?)

昨年末に開催しました
恒例「竹田先生セミナー」。

DSC01593












主だった内容は、既に
開催翌日のブログ
大公開していますので、
是非ご参考ください(笑)




*レジュメも希望者に販売
 &各「利益表」付きで。

IMG_5038












そのレジュメに書かれてない
私が作成したレジュメなので、
 正式には「書いていない」です)
内容から、振り返りです。

DSC01601












竹田先生が昔々、まだ
東京商工リサーチに勤めて
調査員だった頃のこと。
陶山訥庵地域戦略
応用して圧倒的な1位
作りに励む中での話し。

そこでの営業活動により、


「どこの会社にも、
 『(東京商工リサーチ
  の略で)商工の
  竹田が来ている』

3681946e






















 『商工の
  竹田が来ている』
 との噂が流れていた」


〜との状況が完成。
意図して作り上げたと。

DSC01626












結果として、1位効果
(1位有利の法則)の1つ


特定の地域にお客を集中
して作って1位になると、
その地域に対しては
競争相手の営業マンが
あまり来なくなることが
あげられます。

1位同業者排除の原則です。

f9ff298b













『戦略☆名人』CD教材より


〜とに繋がるのかと。

DSC01617












やはり、平均社員の7.7倍の
売上を上げる営業マン・竹田陽一
は、タダならぬことを考え
出していたんですね〜怖!

takeda3














*これは↑別の怖い顔(失礼)

この内容に関しては、別途
竹田先生の『営業昔話』CD
充当・・・いや、それ以上に
詳しく知ることが出来ます

IMG_5470












&もちろん『地域戦略』の
各教材もお忘れなくです。

tiikisenryakubig[1]









ただ、圧倒的な1位を目指す
場合に参考となる話しなので、
番外弱者の段階だと「武勇伝」
くらいで聞き流すのが
イイのかも〜要注意か?

*でも、ポジティブ思考に繋がり
 発想力が高まるのは確かです。
 (詳細、後日に触れるかも)

年末恒例の「計画勉強会」、
その事前【ワークシート】
記入いただく際の、確認用
事前チェックシート」。

7b2eb366-s[1]










使用テキストである旧版
『戦略☆名人』DVDからの
項目を中心にチェックを
促すようお願いしてます。

引き続き一昨年末から、


竹田ビジネスモデルを再確認

4post3














・・・竹田先生のように
1つのことで25年間も
取り組んだことはあるだろうか?


*旧版『戦略☆名人』DVD
 テキストをお持ちの方は
 再確認ください。


〜に加えて、昨年末には


「戦略」の語源については
40年間も以上も探し求めた
そうで(真似はしないように)、
今回の計画内容も1年だけで
終わらせぬように。

DSC05485














*なお『戦略とは何か』CDには
 その成果が活かされてない
 のでご注意ください。 


〜とのことも足しました。

しかも、あるまじきことか
「真似しないよう」
促してます(失礼)。

DSC01580












実際、勉強会の開催当日、
この部分は一種の笑いのネタ
くらいで触れ、ご参加の
皆さんもスルーされました。
(失礼&失礼)

DSC01603












また続く(こちらも恒例)
年末「竹田先生セミナー」で、
竹田先生自身から、いわゆる
自称【竹田理論】である


1人当たりの経常利益が
 市場占有率の2乗に比例する




*今回のセミナーでは
 自称されませんでしたが。


〜との話しをされた際、


「・・・その頃、
 調査会社に勤めていた。
 ランチェスター戦略の
 話しを聞いた時、
 市場占有率の数値に
 すごく興味を持ち、
 そのまま研究を続け・・・

DSC01628













(竹田理論を発見した経緯を説明)

DSC01631













 ・・・見つけ出すのに
 12年かかった」


〜とも追加されました。

DSC01632












先の「25年」「40年」と、
この「12年」以上を足すと
「77年」も!?

いや&いや、これら足す必要は
全くありません(またまた失礼)
が、ともかく前言撤回、皆さん!
一流になりたければ
ぜひ真似してください。

人生のあらゆる成功を決める
「究極の能力」を身に付ける
ためにも真似してください。
(今回、大いなる反省)

やり抜く力 GRIT(グリット)
 アンジェラ・ダックワース・著
 (ダイヤモンド社・出版

grigritt















弾丸スケジュールの中で、
やっと読むことができた
竹田先生の推薦書。
考えながら読み進んだので、
まだ精読の途中ですが、
竹田先生の幸福感と健康は
ココから来ているかも
思えてしまいます。
究極の時間戦略かと。

速読とかして要するに
と結論だけ追い求めると、
竹田先生が推薦される
真意を掴むことが出来ず。
ランチェスター経営自体を
まどろっこしい」と
日頃から思う人は、
合わないかもですが。
(誰のこと?)



折角なので、TEDでの
著者によるスピーチも、
ご参考ください。

*これこそ「要するに」
 かも知れません(ご注意)

寒波が襲来する前の今週中に、
来週29日(水曜)開催の
竹田先生セミナーのレジュメ、
その大枠を完成させようと
こもっています。

最新教材であれば、情報が
アップデートされているだろうと、
今回も改訂版『戦略☆名人』
DVDを参照にしています。

12bf5fbd












しかし、竹田先生にとっては
大事な年号、日本人の独創となる、
あの数値を導き出した年が、変?

仕方が無いので、今までの
全ての教材から、市販の本
過去の講演テキストまで
引っ張り出して見比べました。

しかし・・・変??

69e9d818
















先ほど触れた通り、
最新教材なので、新たな
情報を入手されたから
アップデートされたのかも。

zoosun












*蛇足ながら、冒頭で触れた
 竹田先生セミナーにZOOM
 参加予定の方々は、ZOOM
 アップデートもお忘れなく。
 (現時点で最新は、5.9.0 です)


「こんな大事な年号も
 伊佐くんは覚えてないの?」


〜と切り替えられそうで、
(夢にも出てきたので)
丸々2日間ほど、調べに&
調べて・・・Give UP!

素直にお尋ねしました。


「それ・・・昭和37年としか
 覚えてないな〜ゴメン」


だったら西暦で書かないように。

もぉ〜!?

やはり「本日人」という宇宙人
が導き出したのでしょう。

304c3765

















最新教材であればあるほど、
逆に記憶力が衰えてから(失礼)
作成されたことを肝に免じ
なければいけないかもです。
(誤字脱字も多々あるし)

危ないので、竹田先生が
脂ののってた頃、まだ好んで
マックのポテトを食べていた
当時に作成された教材を
中心に参照とします。
(説得力あり?なし?)

part3_01_200[1]










そうなると、やはり
旧版『戦略☆名人』DVDを
完成させた頃となります。
良い内容だから、私は常に
使用テキスト」としてます。

7b2eb366-s[1]









また、内容的にはCD教材の方
が詳しく説明されているので、
同『戦略☆名人』CDはもちろん、
地域戦略』&『営業戦略』や
講演テキスト等々も・・・

どぉ〜せ、年号を調べるのに
引っ張り出したのですから。
(ケガの功名?)




どちらにしても、今回も
レジュメをほんとんど使用
しそうになさそうですが、
私の量稽古のために、
もう少しこもろうと
思います。

竹田先生が少し悲しむような
ニュースが入ってきました。


◆マクドナルド
 :フライポテトSサイズのみ
 の販売に制限、輸入遅延で




日本マクドナルドホールディングス
21日、北米からのポテト輸入遅延のため、
当面「マックフライポテト」の
Sサイズのみを販売すると発表した。
M・Lサイズの販売は一時休止する。
全国の約2900店舗が対象・・・


来週29日(水)に開催する
年末のセミナー終了後か、
翌日くらいに「酒のつまみ
として好んで食べている
マクドナルドのポテトを
買い込もうとしていたかも。

しかし、両日ともSサイズ
しか販売されていません。
(31日から再販売)

macppt









え!今は違うとか?

先日も触れました著書、
小さな会社は一通の
「感謝コミ」で儲けなさい

その本への書き込みで、


(居酒屋で)から揚げは、
食べ過ぎてはダメ。





*やはり「食べてはいけない」
 との記憶が正しかったです。


〜と、繰り返し私に忠告された
頃から、ご自身も脂っこい物は
控えるように食生活を
見直されたとか。

だから、マックポテトでの
晩酌も控えているそうです。
ビール類を控え、焼酎が
メインだからとも。
失礼しました。

DSC06528












これぞ、長寿の秘訣!

リベンジ消費に精を出される
一部の方、見習いましょう。
(リベンジ消費を期待されて
 経営される流川の方は別)

昨日のブログで取り上げました
私が納得できないでいる
新聞記事について。

本日、竹田先生にお会いでき、
お尋ねしてみると、


「・・・根本的に、
 業種・業態ごとに
 違いがあり過ぎるはず。
 だから、記事のデータは、
 あまり意味がない」





〜とでのことで一蹴を。

確かに・・・納得でした。
失礼いたしました。

このことから「計画勉強会」で
私からは話題にしません。
(尋ねられれば別ですが)

ただ、竹田先生からは、
この件に派生して、
(派生しなくても)
29日(水)セミナーでは
利益表を用いて、バンバン
業種・業態の違いによる
業績など構造的な差を
お話しいただく予定です。
乞うご期待ください。

IMG_5038












別途、JR九州ネタも
出そうな予感が・・・

tetub1












*ただ「卵かけご飯」ネタ
 皆さんお腹いっぱいかも?

これは、今夏に発売した新教材
『戦略教材開発物語』CDから。

IMG_5605












タイトル通り、教材開発の
苦労談など裏側を暴露した
ような内容です。

逆転









発売時にも触れましたが、
25年ほど前に13巻の
カセットテープで完成させた
逆転の人生戦略
 積極人間の自己啓発と時間戦略』
(既に廃版)

31827cf1












その改訂・要約CD教材の
自己啓発と時間戦略』に
ついての逸話として、


「これは、学歴や学業成績が
 悪く、財産も無ければ
 特別な才能も無い人が、
 不利な人生を逆転し成功する
 『弱者の人生戦略』に
 ついて説明してます。




 実は、私自身(竹田先生
 のために作ったものです。
 今でも定期的に聞いています」


(話を戻し)それより数年前、
フルライン教材を作成しよう
と取り組まれた中でのこと。
(原稿を書く前)


◆従業員を採用して
 自社主催の講演を始める

・・・財務戦略については
企業調査会社に勤めていた時、
調査先から貰った決算書を
分析したり、倒産会社の決算書
の分析をしていたので、既に
実力が高まっていました。
しかし、最も困ったのが
組織戦略でした。

組織については、軍隊や官庁に
ついて説明されているモノは
あるものの、従業員100人
以下、とりわけ50人以下に
ついて説明してるモノが全く
ないばかりか、講演の依頼も
ありませんでした。
これでは組織戦略の実力が
高まりません・・・

8dcba41f















原稿を書いていた頃の写真


こんな竹田先生の苦労と
顔写真からも判明できます
オリジナルな解釈を加えた
旧版『組織戦略』(当初は)
カセットテープ教材。

CIMG8252













しかし、この旧版では
危惧されていた軍隊ネタ
も少し見受けられます。
(海兵隊云々とか)

また、ドラッカー先生
分厚い著書『マネジメント』で
取り上げた(批判された?)
マズローの欲求5段階説など
を応用した説明もあります。
少し大企業向けかもです。

part3_09_210[1]










その後で完成させた
旧版『組織戦略』(当初は)
ビデオ教材からは、そんな
軍隊やマズロー云々など
ほぼ言及しなくなりました。

CIMG1529


その次の『組織戦略』CD教材から
「従業員教育」の多くの内容を、
別教材とし解りやすく改訂。
(『弱者の教育戦略・
  教育☆名人』CD)

a1064f38-s5B15D[1]


ただし、続く改訂版『組織戦略
DVD教材に至っては、
かなりのダイエットを。

要約し過ぎた感もありますが、
その分「従業員教育」について
ラインナップを増やし、制度が
改正される都度、改訂版も。

IMG_4599
















(『従業員教育の戦略』と
 『良き社員になる13の条件』)

IMG_4578












一部(ほとんど?)の
ランチェスター経営ユーザー
さんから、ランチェスター法則
「組織対策」に応用する
など出来るのかとの声
時々お聞きします。

IMG_4256












そんな疑問を持たれる方々に
オリジナルな解釈に満ちた
(&竹田先生の苦労も実感)
『組織戦略』教材、オススメ
しま・・・と言いたいところ、
以前に触れましたが、
(決して隠したりしません)


◆従業員10人以下の会社に
 「組織戦略」は不要?





〜との「?」付きな記事も
ご確認お願いします。

先日のブログで触れましたが
間違いを訂正してます
今年末の計画勉強会は、
良いランチェスター戦略、
 悪いランチェスター戦略
と大それたタイトルです。

その案内(サブタイトルも)には
「良い」「悪い」だけでなく、
「正しい」と「間違い」との
対比も入れています。

では「間違った経営」とは?




何と!?

このことについて、過去に
市販された竹田先生の本
ズバリ!言い切ってます。
少し順序を変えご紹介。


1つでも思い当たる人は、
間違った経営をしています


◇経営理念が会社を動かす

◇経営計画は数字がすべてだ

◇対前年比こそが目標だ

◇もっと社員は勉強するべきだ

◇資金繰りこそ大事だ

◇売上アップは市場の拡大しかない

◇成果主義で社員のやる気が出る

◇人間関係が良ければ業績はアップする


ea070152




















全国420万人の経営者へ
計画を実行している社長は1%もいない!


*分かりやすいよう逆にしてます。


日頃から竹田先生が「間違いだ」
と指摘されることばかりですが、
何とも大胆です。

この本はフォレスト出版からの
なぜ、「会社の数字」は
    達成されないのか?

DSC05759













しかし、今回の計画勉強会は
この本を参考図書にしてません。
今回も、参考図書は旧版
『戦略☆名人』DVDテキスト

7b2eb366-s[1]









その中からは別に、最後で
「間違った経営」を提示。
(正しく見える、間違った方法)
これは改訂版でも、ほぼ同じ
ような言葉で提示してます。

いわゆる「狂者の戦略」です。

kuyosya












その辺りの説明では、
世間一般の常識自体が
間違いだとのことです。

そんな計画段階から間違える
と、その後の実行まで全て
間違えたままとなるので
ご注意を。




なお「間違えた経営計画」は
こちらで説明済です。
ご覧いただくと、案内文に
間違い(誤字)があり・・・
(失礼)

数年前『嫌われる勇気』や
幸せになる勇気』など
(著者は岸見一郎氏
ベストセラーも生まれブーム
だった、アドラー心理学。

adokiraadasia












それよりも以前、1983年に
出版された本の中で、同じよう
な「勇気」を持つよう訴える
項目を見つけました。


◆断わる勇気を持つ
  (原文を優先)

IMG_5879






















地球には、宇宙のあちこちから
いろいろな電波が届いている。

カニ星雲からは、強力なX線が
きている。
木星からは波長が長い
強力な電波が飛んできている。

これ等の電波以外に様々な
波長を持つ雑音電波が、
我々にも降り注いでいる・・・


内容的に、天文学の本かと
思いきや、数年前に
変な内容の本だ」と
某・週刊ダイヤモンドで
言い放たれた竹田先生の著書、
「利益時間」戦略』(正式表記)




ただ(先ほど触れた)冒頭の
くだりだと、何を言いたいのか
サッパリ解りません(失礼)
やはり、変な内容?

CIMG8053













当時の「著者近影」を見ると、
確かに天文学者っぽいから、
本当に天文学の内容に関して
書こうとしていたのかも↓

IMG_5883
















これも、昨日に続いて
時間戦略」から思い出し
ネタでした(ご参考まで)

あれ?
気付かないうちに・・・急変?

左上のランチェスター先生が、
まるで観光地でよく見られる
「顔ハメ看板」ぽく、竹田先生
なっているだけではありません。
(お見事!)



このタイトル自体も、
長〜〜ぁくなってます。

【早解りランチェスター】
従業員教育・社員教育の戦略
(従業員100人以下用)
厳しい経済環境で業績を良くするには、
教育に力を入れ従業員の質を高めることが重・・・
(ちなみに、タイトルの続きは
 「要。地元No.1になれる秘訣とは?」)

他にも・・・抹消されてる!?
是非ご確認ください。

↑このページのトップヘ