カテゴリ: ちょいと一息

このご質問は、以前から
何度も何度もいただいて、
ご説明して納得いただきますが、
正しくご理解されません。


「どうして離れて戦うと、
 2乗になるのでしょうか?」


分数計算を用いらないと
ダメなので、そのこと自体
進行の妨げになりそう。
戦わないようしましょう
とお茶をにごしてスルー?

いや、数学が苦手な人なら
逆に小数計算より、分数計算
の方が解りやすいとの声を
以前の以前にお聞きした
ような気も?

そう思ったら、資料の中で
(先の)分数計算と小数計算
が混在してしまってます。
作り直し必須か!?

3nsub
















昨日の続きかもですが、
ランチェスター経営戦略
学ぶ前に「算数」の計算を
思い出して欲しいです。

*確か「算数」レベルかと。
 (違ったら失礼)

完全なる備忘録です。


情報のウエイト付


DSC01160


・顧客観 50%

・競観  25%

・主観  15%

(その他 10%)



加えて「1位主義」と「売上主義
との対比でもある経営の全体図、

zentaiz










追加資料で必要となりました。
どこに入れような考え中。

b5916295












なお「竹田ビジネスモデル」は
名称変更したので、今回は
触れずに・・・あ!?
既に資料に入ってました。
(失礼)

つい先日開催しました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾第2回

zomm














そのスタート前の準備中、
ZOOMの更新をしたら、
画面の下部に表示される
「ミーティングコントロール」
に、軒並み新しい機能(?)
が2つ整列してました。

どちらを押しても読めない
(読めても意味不明な)
英語表記の文章です。
もちろん「キャンセル」

それにしても、スゴク邪魔で、
この2つ消えません。

zsumai






スタート後、ご参加の方々に
お尋ねしても「?」だった
ので、終わって非表示させる
方法など調べました。

まずもって、この新機能は
何でしょうか?


◆Zoom、AIが会議の概要まとめる新機能 
 遅れて入っても話についていける







・・・ただし、現在のところ
すべての機能の対応言語は
英語のみとなっている。
日本語対応を待とう。

「ASCII」記事より。


「議事録」みたいなのでしょうか。
ただ、日本語対応されてないなら、
よけいに非表示できないのかと
続けて調べました。

しかし、2日ほど経って断念。
ZOOM側から新機能の
PR広告の一環なのかと。
(これもステマか?)


それにしても、


◆Zoom、AI会議サマリーを発表






Metaverse Post
ビジネス ニュースレポート」より


〜との記事にあるように、
映画「ターミネーター」の
シュワルツェネッガーみたい
なの(T-800)が、裏側で
ミーティングをシャカシャカ
要約しているっとかも
今後あり得るってこと?

arterme










ネット検索のし過ぎなようで、
異常(以上)とします。

昨年末にご質問をいただき、
ブログに「再確認」として
記事として残していた
「従業員教育」の7大要因

ランチェスター経営(株)
『従業員教育の戦略』DVD教材
からの説明が大枠です。

IMG_4599
















先日開催した、創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会
で、
その「従業員教育」に関して
新たな考察(タブーの事実?
を思い出し整理しました。

また、起業家が実践中の
(以前の竹田先生実践
「組織活性化」法も少し
加味しています。

そのことで、注意事項や
補足説明を付記した要因が
昨年末に示した「2つ」
から、追加で「2つ」と
なりました(合計4つ)。

ご参考までに。


◆教育を構成する7大要因
 <注意事項と補足説明を付記>



1.誰から教育するか。

 教育の実行は組織階層の高い人
 から、あるいは古い人から
 実行するのが組織戦略の原則。
 だから、1番は社長!
 次に戦術リーダーで・・・
 (後述の「5」参照)


*ただし、向上心と人柄に
 問題がある人は、勤務年数が
 長い人であっても決して
 リーダーにしてはいけない
 (『組織戦略』CD教材より)


CIMG1529



2.何を教育するか、
  教育テーマを決める。


 全体から部分に移るのが、
 正しい手順になる。


 中小企業の利益実態
 (決算書を公開するとかでなく、
  図を使って解りやすく↓)


 経営の基本原則


 3匿佑涼甘している仕事


IMG_4591














*「ほとんどの社員は、
  給料日やボーナス支給日が
  何時なのか覚えている。
  それだけでなく、
  おおよその金額まで
  把握できているのだから
  基本的に頭がイイ」
 のは事実かも知れません
 しかし社員は、堅苦しい
 簿記会計的数値の理解など
 「自分の仕事ではない」と
 思っているので、社長の
 言葉として聞かされると、
 逆に反抗されるので要注意。
 




3.従業員の素質をチェック。


*このチェックの後に
 「教育の実行」がある。
 また、このチェックを
 入社前に行うように、
 『組織戦略』CD教材では
 新たに「従業員の採用」を
 追加して注意を促している。
 



4.仕事に役立つ良い教材を
  ランチェスター経営(株)で揃える。

  全従業員向けには↓最適なDVD
  『良き社員になる13の条件


IMG_4578















5.教育方法の決定。

 従業員100人以下の会社では、
 社長がインストラクターに。
 (直接戦の応用)

  
 社長が直接教育が無理な場合や
 (先の「2」で示したように)
 受け入れてくれない場合は
 現場でOJTをメインとして
 戦術リーダーが教育する。
 この場合は、前もって
 「教育方法」を教える。


 それでも、やむを得ない場合、
 外部の講師や外部研修に
 参加させることになる。
 その際、社長が同席するか
 先に社長自身が参加すること。
 (間接戦の応用)


*外部の講師や研修会では
 講師の考え方がバラバラの
 ため、相当の注意が必要。
 根本的な「経営理論」が
 異なれば悪影響を及ぼす。
 (特にお客対応などでは
 自社の経営に魂を入れるのを
 他社にしてもらうのは
 考えモノになる。
 (『顧客維持戦略』より)



BlogPaint














6.教育回数の決定。


7.評価の実行






このYouTube ↑での説明と
 順番は異なりますが、
 内容(項目)は同じです。


途中途中、回りくどい説明
ばかりで申し訳ございません。
タブーもあり、ストレートに
正確な情報」をお伝えできず。

ただし!?

勉強会では、バンバン
起業家が語ってくれます
&私も説明いたします。




10月もご期待願います

昨日のブログと同様、
先日開催した、創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会

その内容の一部からです。
(長文ご注意)

途中で「学習効果の公式」に
触れる際(念のため↓参照)、


◆学習効果(教育効果)の公式


<社長向け・学習効果>

素質×教材の質×学習回数、



<従業員向け・教育効果>

素質×教材の質×教え方の質×学習回数。



*社長にとって自主的な「学習」、
 従業員に対しては、社長から
 見て(実行して)の「教育」。


公式で示される社長の「素質」、
それをいかに測るか?を、
ランチェスター経営(株)
本格派の『経営計画』教材
に添付されている
経営計画記入ファイル
から説明しました。


◆将来計画

 素質の高い人ほど
 将来目標をもっているので、
 将来目標がハッキリしている
 会社には、質の高い人が
 入社してくる率が高くなる。

CIMG7942














*この「将来」目標とは、
 7年先、10年先の
 会社規模などのことと。


この点に加えて、コロナ禍
直前に、同じく「社長の素質
を書いたブログ記事から、
(その部分を引用)


◆「社長の素質」を測るバロメーター


1.自社が7年〜10年先、
  どのような会社に
  なっているかの
  将来目標を持っている。




★これだけだと願望先行型の  
 「ホラ吹き」も多いでしょう
 から、付け加えると、


2.素質の高い社員が
  入社して育っている。



先の「1」に加えて、
教材『組織戦略』などで
説明される下記の点を
考慮に入れてます。
毎度お馴染みかと)

syaju[1]
















中小企業では、社長の実力と
従業員の実力は均衡する

結果として、
会社の実力=社長の実力
となる。


★もうお解りだと思いますが、
 この2つのバロメーター、
 「1」は持っているが、
 「2」が全くダメな社長
 ほど手に負えない(危ない)
 のは言うまでもありません。
 (業績が悪いとかは別)


当時のブログ記事では、
この辺りくらいで説明終了。
特に★の2つの部分に関して
全く説明せずでした。

CIMG8252













今回の勉強会を開催するに
当たり改めて調べ直しを。
すると、旧版『組織戦略
テープ教材のテキストで、
次のような説明を見つけました。
ただ、先日の開催当日
時間が無くなってしまい、
触れず終了しました(失礼)

せっかくですから、
ご参考までにご紹介します。
(改めて長文なのでご注意)


◆人材を確保できるかどうかは
 「社長の長期目標」で決まる



中小企業に入社してくる人は、
長所もあるが、それ以上に
欠点もあるという人が多いです。
こういう人を集めて、
「何でもいいから仕事をしろ」
と言ったのでは、プラスと
マイナスが打ち消し合って
力は発揮されません。

欠点も長所も合わせ持った人が
良い業績を出すには、長所を
活かすしかありません。

その長所も、会社の仕事内容や
将来計画と一致するものでなければ、
何の役にも立ちません。


その各人の長所を発揮させるには、
まず社長自身が明確な将来目標を持ち、
次に、それを具体化するハッキリした
計画を立てなければなりません。

こうなれば、その計画に応じて
特徴のある人を採用し、
育成することができます。


逆に、将来目標が決まってない上、
当面の計画もハッキリしてなければ、
たとえ、ある分野でスゴク高い特技を
持った人が入社してきたとしても、
その人をどの仕事の、どの部分で
活用すればいいか、それ自体が
ハッキリしない訳ですから、
その人は全く役に立ちません。

そればかりか、会社にとって
どういう人が良い人材なのか、
それも分かりません。


★ココに、日本の映画産業が
 昭和30年代に大きく
 「娯楽」として花開いたが、
 テレビが普及して、一気に
 役目を奪われた云々との
 事例を説明しています。
 どの映画会社も将来を見越し
 テレビ局を持とうとかせず、
 衰退の一途をたどった。
 その象徴的な話しとして
 「永田ラッパ」に言及。
 (あまりにも古い・・・)

da1ei











当面の仕事をするのに人手がいる、
という意味での人材確保ではなく、
会社を長期的に成長させるような
人材の確保ができるかどうかは、
社長自身が会社の将来をどう考え、
どんな方向に発展させようと
考えているか、それによって
全てが決まるのです。

社長は決算が終わったら
時間をかけて、次のことを
考えなければなりません。


1.お客は、本当のところ
  自分の会社が販売している商品の、
  どの部分にお金を払っているのか。


2.お客の立場、あるいは
  全産業的な見方をすると、
  本当のところ、
  自分がしている事業は
  どのような業種に属するのか。


3.今やっている事業は、
  時代と共に、どのように
  変化していくと思われるか。


4.自分の会社の商品と、
  全く同じ用途を持つ代替商品が
  出てくる恐れはないか。
  もしあるとすれば、
  いつ頃になると思われるか。


こういうことを深く考えている
社長は、将来計画をハッキリ持つ
ことができますから、必要に
応じて早目に人を採用しますので、
結果として良い人が入ってきます。

しかし、このようなことについて
何も考えないばかりか、経営戦略の
研究も全くしていなければ、
良い人が入ってくるはずありません。


それでいて、自分に変わって
仕事をバリバリ進め、利益を
大いに出してくれる人の入社を
望んでいる社長がいるとすれば、
それはムシのいい甘い考えと
言わざるを得ません。

仮に、こんな素晴らしい
人材がいたとしても、その人が
こういう社長に使われる
謂れ(いわれ)はありません。

そればかりか、こういう人は
自分で事業を始めるでしょうから、
いくら待っても実現しません。

つまり、良き人材が入社して
育つかどうかは、1にも2にも
社長の実力によって決まるのです。


最後の締めはお馴染みの
「社長の実力」次第と、
至ってシンプル。

竹田課長のアップ











何はともあれ、途中
いかにも竹田先生らしい
歴史を感じさせる古い事例
私が生まれる前後の年
でしたから、その部分は
私が一読しても「?」で
大幅に要約しました。

ご興味お持ちになった方は、
リンク先のWikipediaを
ジックリ読んでいただくと、
倒産会社の取材を仕事
されていた竹田先生だから、
ワンマン」社長&
ホラ吹き」社長&
調子に乗る」社長を
何となく揶揄されているのか
と裏の意図を感じるかも。
(私だけ?)

久しぶりに耳にしました。
だから先日、私でなくても
全く異なる業種の方が、
少し話しをしただけで、


「戦略と戦術の違いを、
 しっかり勉強した方が
 イイですよ?」


〜とご心配し、アドバイスを
されたのに、それを無にする
ようなお言葉でした。

gyogyog
















これは、以前から何度も
取り上げてきましたが、
当初に触れたブログでは、


業歴が古くなると、
業界の「やり方」に
同質化してしまい、
それぞれに
差が無くなってしまう。

「我々業界は、ああだ、こうだ」
「我々業界は特殊だ」




それらは、お互いに
傷を舐め合っているに
過ぎない・・・


その業界自体はそこまで古く
ないので、独特な症状かも。
しかも治りにくい。

ricebal
















そのお店が取り扱う商品と
同じ物は、近くのスーパーや
コンビニ、ドラッグストア、
似た物はファミレスやカフェ
などでも手に入ります。
もちろん家でも作れます。

そんな商品が年を経るごとに
ドンドン増えてるような。


「売っているのが
 私達だから違う物です」


〜との思いが強すぎだから
よけいに治りにくいのか。
売れなくてイイならイイですが、
やはり業界全体に漂ってそう。

b01d2ce1












ランチェスター経営での
「漢方薬」的なハガキ
メインとした感謝コミなら
続けていくと、ジワっと
効果を発揮し「特別な物」と
認識してくれるかも。

kans[1]












ただ、ランチェスター経営
学ぼうとの直前だったので
叶わず、全く「違う物」と
認識され見向きもされず
終わる可能性大。

だから、似た業種の起業家が、
途中で大失態を起こしても
創業7年で地元No.1となる
のが可能だったのか?

いや違いました(失礼)

先の「我々の業界は特殊」病に
かからぬよう、ココで開催した
戦略社長塾』を再受講する
まで勉強熱心なのが地元No.1
の証拠かと〜さすがです!




今回、その創業7年で
地元No.1の起業家が語る!
実践リーダーシップ・応用編
ZOOMミニ勉強会

来週に開催します。

折角なので、周りの同業者が
「我々の業界は特殊」との
意識の中、それを如何に
差別化に結びつけているかも
語っていただきましょうか。
(難度アップ?)

確かに先月末、大ニュース
だったような記憶はあります。

ですが、既に月が替わり&
翌週ともなれば、関係がない
私の頭からスッカリ消えて
しまってました(失礼)


◆トヨタ工場停止の原因は
 「ディスクの容量不足」 







・・・トヨタ
「サイバー攻撃による
 システムの不具合ではない」
と強調した上で・・・


内容や原因はともかくとして
(失礼・当事者に大切かと
先月末の各ニュースでも
「サイバー攻撃ではない」
を何度も繰り返してました。
それほどデリケートな
情報だったのかと。
サイバー攻撃は昨年?

このように、大企業の
トヨタでさえ予測不能な
ことは起き得ます。

to4tot













ともかく今回、少し身近
思わぬ余波が起きていても
おかしくないはずです。
安易に「関係がない」と
言ってられないか・・・
(反省)




こんな予測不能なことにも
対応できるよう、ベースとなる
経営の原理・原則を学ぶ場!
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。




ご参加お待ちしております。

先月初に開催しました
顧客中心の経営戦略
竹田先生セミナー
質疑応答時間の最後
竹田先生が言及された、


◆お客中心の職場作り13ヶ条◆


IMG_0244























13.お客が思っていること以上の
   何かをしたり、お客の役に
   立つことをどこよりも熱心に
   実行し、お客から好かれて
   気に入られることで、
   地元No.1を目指せ。
   この仕事が自分の人間を作り、
   人格を磨くことになる。

IMG_0303













*せっかくなので↑拡大写真。


その同じ「13ヶ条」を
リアル参加者に配布していたつもり
が、一部には異なるバージョンが
紛れてしました(焦!)


◆お客中心の職場作り13ヶ条◆


IMG_0301






















12条。お客が思っていること以上の
    何かをしたり、お客の役に
    立つことをどこよりも熱心に
    実行し、お客から好かれて
    気に入られることで、
    地元No.1を目指せ。
    この仕事が自分の人間を作り、
    人格を磨くことになる。

IMG_0302













*こちらも↑拡大写真。


順番が「12」と「13」とで
逆転しての別バージョンです。

確か、このタイトル丸囲み版は
竹田先生の著書、
小さな会社は一通の
 「感謝コミ」で儲けなさい

8ad4daa7












その中に挟まれていた
「希望者に差し上げます」
としたプレゼント用だったかと。
だから、元々から三つ折りで
出来上がってきました。

だから古いのかも?

ただ、同じ『感謝コミ』本の中、
大型封筒の裏面を利用した例の
「お客中心の職場作り13ヶ条」↓
は何と・・・?

IMG_0304




















もしや、この事実は竹田先生、
あまり触れて欲しくなかった
のかも知れません。
だから最後に触れた?

これは「竹田ビジネスチャート
と同じ黒歴史か(真相は闇)

今日も急な雨に打たれました。
だから手短に。

そもそも、そんな夕立っぽい
急な雨が降り出す頃、外出せずに
ジッとしとけば〜と言われそうです
(言われてます)が、
その時間まで外は猛々暑々で、
止むを得ません。


◆「大安、仏滅、友引物語」葉書


DSC01305



先勝
朝方は晴れたが昼は曇り、
夕方は小雨の場合。


*いつもながら備忘録で。


今日の夕立は「先勝」ほど
ノンビリ曇ってきた訳でない
ですが、他に該当する天気
(その呼び方)が無し。

明日もお昼から雨っぽいとの
予報なので注意せねばです。


天気予報サイトからご参考

【先勝】
「先んずれば即ち勝つ」という
ことで、早め早めに物事を
すませると良いとされています。
特に午前中が吉となっています。





この2日間の雨で、少しは
涼しくなって欲しいのです
が・・・祈!

近々開催する勉強会の資料で
「経営規模で変わる社長の役目」
を簡単に示すのに没頭中。

BlogPaint












ランチェスター経営(株)
顧客対応戦略』DVDから。
第1章の最初が、ほぼ同じ
タイトルなので流用しようかと。
パクリ?)

社長1人









この2つだけでも↑↓しっかり
規模の差が表現されています。

社長10人










しかし、これだと勉強会の
最終結論も表現されてます。

私が説明しなくても、きっと
参加予定の「あの人」と
この人」にはバレバレで
・・・パクリ自粛

part3_01_200[1]










ここは従来通りに、旧版
戦略☆名人』DVDから


◆業績の何割が社長1人で決まるか
 「規模で変わる社長の役割」

IMG_4523














あ!?

テキスト次のページには、
先ほどと同じように勉強会の
最終結論が書かれています。

7b2eb366-s[1]











次のページに移らないよう、
ココは先の図の下に書かれた
貴重な注釈で話しを脱線させる
(業種的に該当するため)
よう、別の「その人」に
頑張ってもらいましょう。
よろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップヘ