カテゴリ: 出会い

昨年に参加者限定の開催した
竹田先生との座談会』。

DSC01690












途中、各参加者からのご質問に
竹田先生が答えていく中、


「・・・今の時代、
 多くの業界が成熟期に
 入って、商品に
 あまり差がありません。

 その商品だけでなく、
 営業エリア、
 客層や営業方法も
 他社と大差がありません。

 そのような中で
 中小企業が差別化するには
 お客さんとのコミュニケーションと
 お客さんへのサービスからしか
 出てきません・・・


そのように、サラ〜っと語った
「お客さんとのコミュニケーション」
「お客さんへのサービス」との
抽象的な2つのこと。その後、
続けて竹田先生が説明した
のが「業務規則集」と
ハガキの出し方

0a3803d2















この時の参加者の中で、
そんな話しをお聞きしても
しっくりこなく、疑問だけ
残ってしまった社長様が
お一人いらっしゃいました。

ハガキの出し方はともかく、
(それはそれで大事・ダメな例
その内容自体は、かなり
具体的でしたが馴染みの
ない語句(業務規則)だった
から、疑問に感じたのかも
知れません。


「・・・では、いろいろ
 言われた お客さんとの
 コミュニケーションや、
 お客さんへのサービス。
 
 そのことで大切なことは
 何だろか?」


〜と強く思いながら、
今月初に開催しました
顧客中心の経営戦略
竹田先生セミナーにご参加。

DSC01953












最後の質疑応答時間に、
先の疑問を竹田先生に
お聞きしようと、心の
準備をしていたそうです。

しかし、先にご質問された方と
竹田先生との応答(やり取り)
で解決されたとか?


「・・・お客さんへの
 気配りであり、それが
 地元No.1になる秘訣。
 そのために必要なのが
 業務規則集です」


そう仰ってました。

take080509













そんな竹田先生が気配りされた
やり取りと、その言葉(セリフ)
自体に、先の疑問に対する
お答えをシッカリ見出されたと。
有難うございました。
(ご参加も感謝)

7e1ab5a7












ともかく、恐るべし
業務規則集」かな?

竹田先生の名講師ブリですね。

このブログでも、以前から
ランチェスターは古い」など
今さらランチェスター」など
いろいろ言われてきたことを
取り上げてきました。

lanchs
















(これも今年初のブログで)
特に最近になればなるほど
若い人からご指摘が多いのが、


ランチェスターの説明って、
 戦争の話しが多くて
 内容についていけない。 
 つい興味が薄れてしまう」





その「古い」との言葉自体が
「今さら」感があったので、
耳にしたその場は、少し
説明をした後、本題とは
異なるのでスルーしました。


「今さら、
 手書きのお礼ハガキ?」

「今さら、
 訪問販売の事例?」


これらって、ある面では
いわゆる「戦術」ですよね?

戦術ツール類に関しては、
時代と共に変化していき、
(多くは発展・進化、
 逆もあるのことに注意)
その変化と共にツール類も
置き換えるのが普通。

置き換えられないなら
スマホも使わないように。
竹田先生は持参してません

0a3803d2
















例えば、ハガキに関しては
手書きのハガキを書く
ことの目的を正せば、
お客さんとの感謝の
コミュニケーション
維持していきましょう
となるはずです。

それがITツール類でも
根本的に成されてない
会社が多いのことが
課題なのではないかと。

b8011994
















今回、時間も無いので、
この辺で終了とします。
(続くかは不明・失礼)




*ちなみに、以前から
 ランチェスター経営(株)
 での竹田先生ご自身は、
 「ハガキ」を使うよりも
 「FAXコミ」が主です。
 念のために。(それなのに
 「ハガキ本の竹田先生」として
 有名なのは〜なぜでしょう?

毎年末に開催してます
「計画勉強会」&
「竹田先生セミナー」。

5c67c962












こちらにご参加いただく
ことが多かった方から、
この夏場に珍しく(!?)
メールをいただきました。

何度となく本日開催した
【前半】「業界戦略」勉強会
【後半】竹田先生セミナー
ご案内を私からメールして、
そのご返事を兼ねて、


・・・夏は、やはり忙しく
日程の調整が難しいため、
残念ながら不参加でお願いします。

また年末に日程が合いましたら
参加させていただきたいと思います。

よろしくお願いします。


実は、今回の両方のテーマに
かなりご興味をお持ち
いただいたようです。
何とか最後(昨日)まで
スケジュールを調整
しようと試みたとも。

お忙しい夏場でしたが
有難うございました。
(残念でしたが)




9月からスタートします
戦略社長塾」でもOKです。
リアル参加も受付けます
また寒くなる年末までに
お越し願います。

先日の豪雨の後も、引き続き
未だに急な大雨に襲われる
福岡近郊(&北部九州)。

redfuku














その災害対応の中で、
身近な方から無理な動きに
腰を痛めてしまったとの
ご報告がありました。
お大事に・・・

58146884
















開催中の大相撲名古屋場所で、
1人横綱の照ノ富士が腰痛
(ヘルニア)で、ちょうど
今日から休業だと。
お大事に・・・

腰痛持ちの私自身も、
我が事のように気を付けねば。

*そう言えば、腰痛に飲んで
 効く薬があったような?
 (過去の腰痛談義より)


◆2011年は何と何を変えるのか、
 何と何をやめるのか
 2011年の計画の学び



・・・そう言えば、
ご参加された方々の発表内容
で「共通項」となるような
キーワードとして、
(私が記憶に残った中で)


1回目(15日)では、
 「捨てる」「競合」
 「社長の意志と人格」


今回の2回目では、
 「捨てる」「1位作り」
 「戦術からの脱却」






今回の勉強会のサブタイトルが
「2011年は
 何と何を変えるのか、
  何と何をやめるのか」

となっている通り、
何か新たなことをするにも、
その分の時間・エネルギーを、
何かをやめる(捨てる)こと
で生み出さないと、元々ある
経営力が乏しい弱者の会社
では実現不可能です。

かと言って、何も変えずに
今までと同じような経営を
していると、業績は自ずと
3%〜5%低下して10年後
には半分になり、そのまま
消えてしまいます・・・


少し前、決算を終えて直後
来期以降の「経営計画」を
立てられた社長様から、
その主な内容をザックリと
お聞きしました。

ただ・・・やっとコロナ禍が
収束との思いもあってなのか、
あまりに盛りだくさん。
それほどの人員や資金・時間が
あるのか疑問だらけでしたが、
自粛期間中、新しいことに
取り組めなかった社長様の
思いも解らないことも
ありませんでした。

やんわりとでしたが、
冒頭で取り上げた当時
(2010年末)勉強会
使用してご参考になりそうな
資料などをご紹介しました。

fc75fcae[1]










もちろん使用テキストだった
ランチェスター社長学
竹田先生・著)もご紹介。
 
同時に、マイケル・ポーター氏
戦略とは捨てることである
との言葉にも少し言及。

00e511be












その社長様からは、


「有難うございます。
 早速、その2冊の本を
 読んでみます」


即断即決!

ただ、そんな読書の時間が
あるのか、ますます疑問と
少し心配にもなったので、
それ以上の話は止めました。
(申し訳ございません)

20101229












逆に私は、冒頭で取り上げた
当時の「勉強会」の資料を
改めてチェックし、また
新たな気付きを得ました。
捨てずに良かった?

さすが、ジョージ先生!!

スキルを再武装し
 生き方を最覚醒する極意
と素晴らしいサブタイトル
リスキリングの虎

agbeorg
















先月に書いたブログ記事
似て非なるようなタイトル。
今回は「後付け」ではなく、
一部「こじ付け」かも(?)




またまたサインを貰うべき本
増えたような気がします。




ただ、先月にも触れたように
「リスキリング」自体は
あまり興味が無いので
(失礼)、別の「虎」本に
サインして貰いましょう。
よろしくお願い申し上げます。

いわゆる「能ある鷹は爪を隠す」。
今回を総括すれば、この
能鷹隠爪」に至るのかと。

由来は、安土桃山時代の
 ことわざ集「北条氏直時分諺留」
 の、鷹に関する記述から。

taketke










やはり、本当に実力や才能が
ある人は、そのことを普段から
誇示したり自慢したりしない
ことを実感いたしました。
有難うございました。

皆さんからのご感想も同じ。
たとえ「1位の社長」であった
としても、自ら掲げずとも、
近隣や周りが認めているので
あれば、自然発生的に紹介・
口コミは拡大していくでしょう
し、競争相手も避けるはず。
事実、そうでしたし。

それでいて、昨日のブログ
で少しご紹介しましたが、
あれほどの向上心を。
本当に頭が下がりましたし、
その場だけでなく、後の
お気遣いも感謝でした。

takaou











ただ、あまりにも前日が、
強烈な自己顕示欲と
承認欲求を発する面々に
周りを囲まれてしまい、
そんなギャップというか
矛盾(?)というかに、
頭が整理できずにいます。

どちらも「1位」ですが、
全く別も含めて)どの
「1位」を目指すかは
自分次第に問われるかと。
これは私自身も同じ。

あくまで参考として


【臨床心理士監修】
自己顕示欲とは?
特徴や付き合い方、
コミュニケーションのコツを解説





Chatworkコラムより。


いや!?

考え直すと前日だけでなく、
その当日、ある面で強烈な
自己顕示欲を発していた方も。

pbp2red












・・・確かに。
(これこそ凄いギャップ

冗談のような本当の話し。


「朝、時間があったので
 映画『最後まで行く』
 見に行ったのですが、
 伊佐さんから集合時間に
 間に合わないと言われ、
 勿体なかったですが、
 最後まで見ずに出ました」


そら〜そうでしょう。

sai5mede









いかにも旅行気分を満喫しに、
一部「怖いもの見たさ」参加
福岡にまでお越しだった方。

しかし、最後の最後には、


「お聞きした話しで
 特に印象的だったのは、

 『・・・私は
  そんなに能力がある
  わけでも無いので、
  人よりも努力をしないと
  (他の会社と)対等には
  やっていけません。
  だから学び続けてます』

 こんなことを、
 あれほど業績の良い
 老舗企業の社長様から
 お聞きしました。
 
 私も今回を通じて、
 ふらちに映画など見ず、
 今以上の『学び』を続けて
 いくしかないでしょう」


まさに積極的で行動力のある
異業種の「1位の社長」
交流できたからこそかと。
有難うございます。

結果の結果、そんなチャンス、
福岡にお越しになり、実に
「20回」以上もあったはず。
皆々様のお陰です。
有難うございました。
その一部です↓)

IMG_0129












*その後、本当に「学ぶ」続けて
 いるかのチェックは、後日
 改めてジックリと・・・
 (平成最後の日のように)

こちら、旧版『戦略☆名人
DVD教材からの引用。

part3_01_200[1]










以前から何度も何度も
ご紹介しましたが、改めて。


◆社長は強い願望を持つ


ダ儷謀で行動力のある人と交流する

 積極的に行動しようと
 思っていても、途中で
 つい弱気になる。
 そこで、行動力のある
 熱心な人と交流する。






Γ碓未里△異業種の社長と交流する

 小さな経営力で1位になるには
 長い年月が必要になるので、
 強い忍耐力と、創意工夫が
 必要になる。成功者の話が
 続ける勇気を生む・・・


 経営規模が小さな会社の社長は
 弱気にならないで、積極的な
 心構えで1位作りに取り組むべき。

 ・1位の商品を自分で作った人。

 ・1位の地域を自分の努力で作った人。
 
 ・新しい営業のやり方を
  自分工夫で考え出した人。

こんな人と交流すると熱意がもらえる。


よくよく読み返してみると、
今回、「怖いもの見たさ
参加される方のお気持ちも
少し解るような気も?
失礼いたしました。




ただ、腐った物と原料に近い
物が出てきそうなので(?)、
お腹だけは壊さぬよう
ご注意願います。
しかも初日





*こちらでは↑創業7年で
 地元No.1の起業家と学べます!
 【リーダーシップ・実践編
 ZOOMミニ勉強会ご案内中。

いつもながらの「竹田節」
竹田先生による辛口な
一言、二言、三言・・・


「社長さんの多くは
 業績が少し良くなると
 車の買い換えを頻繁にする。

c98b2d70














 買い換えどころか
 2台目、3台目・・・と
 ドンドン増えていく。

 その割に、戦略教材など
 揃えようともしない。
 頭には投資しない。

dbcf6ef1














 フルセット教材でも
 新車の軽自動車並の
 価格なのに(確かに)」


これは、コロナ禍前の
2019年夏に開催した
竹田先生セミナーでの話し。

この言葉を遅ればせながら
数日後、思い出したように
ブログ記事に残してました。




また、その年末に完成させた
ランチェスター経営(株)
『居酒屋の経営戦略』CD教材

*ちなみに現在の名称は
飲食業・居酒屋の経営戦略

IMG_4744













その付属資料として作成させた
居酒屋の成功戦略13カ条

IMG_4738




















その最後の最後の「番外」に、


番外。

IMG_4739














弱者は調子に乗るな。
小さな成功で生活内容を変えたり、
高級車を買ったりするな、
ギャンブルにも手を出すな。


そんなコロナ禍前から
セミナーや私の勉強会
ランチェスター経営
勉強され出した社長様。

顧問税理士さんからの
決算報告を受けた際、
驚かれながら言われたのが、


「変わりましたね、
 何があったのですか?

 以前は 少しでも
 利益が出そうになったら、
 私に相談もしないで
 頻繁に車を買換えたりと
 スゴかったのに・・・」


そんなご報告を受けました。
ランチェスター経営を本気で
勉強されたことによって、
その社長様の心構えが
変わった証拠なのかと。
流石です。

そんな指導を顧問税理士さんは
出来なかったようで・・・

そこで(いつもながら
お知り合いの税理士さんの
言葉をご紹介します。


◆自己資本の蓄積は
 社長の心構えを示す物的証拠
 その心構えまで指導するのが
 (TKCの)税理士の役目。





顧問先企業の、社長様の
心構えを変えたいと
願っている税理士さん!

ランチェスター経営伊佐での
福岡『戦略社長塾』へ、
そんな社長様をご紹介
お願いします。




この福岡『戦略社長塾』なら
途中からのご参加でも
お受けいたします。

↑このページのトップヘ