カテゴリ: いろいろお知らせ

先々月末のブログ
既に触れていましたが、
本日10月2日(土曜)から、
郵便物の土曜日配達が休止

IMG_5671




















このことに対して、


「私にとっては少し死活問題
 ですが、対策は練ってます」


〜と書いてましたが、
スッカリ忘れてました。
失礼しました。

郵便物に対してではなく
クロネコメール便に関して。

こちらは土日曜日に
関わらず配達されます。
しかも、名称等が変わって
クロネコDM便」と。

yamamotod











スッカリ忘れてました。

この10月に入ってから、
必ず経済政策も変わるはずです。

*4人の誰が選出されても
 「変わる」のは同じでしたが、
 1年前に対立していたのは?

kisivison
















岸田ビジョン 分断から協調へ

 岸田文雄・著(講談社
 昨年9月に出版

帯にあるように(若干の変更)
「次期総理の素顔と政権構想」

もちろん、私は読んでません。
ですから全く不明(失礼)。
また、経済学も人様に話せる
ほど詳しくはありません。
マル経は少しかじりましたが、
 ほぼ役に立ちません・涙)




ココは経済学に詳しい方の
話しをお聞きするのが
得策だろうと思います。
昨年来の大人気セミナーで。

そのセミナーでの経済学な話し
は、ランチェスター法則的
視野から、新たな経済政策も
紐解いてくれるはずです。
今だからこそ必要。

*「経済学を軽んじる経営者は
 をご参照ください(驚感!)

*朝晩の冷え込みで、ブログも書け
 ないほど坐骨神経痛がジンジン。
 &今回は両肩もガチガチ。
 ですから、しばらく手短な
 ブログが続くかもです(苦)

IMG_5729












ここのところ「不倒会」サイト
ご紹介してましたので、お気づきに
なった方はお気づきだったかも。
そのリンク先にチラっと!?)

以前にもご紹介しました
リンク先が変更されてますので、
改めてご紹介いたします。


「ランチェスターには
 第三法則がある・・・

lanc3lanc


















ランチェスター第三法則サイト
  (第三法則研究会の制作)


私がブログを書き始めた
当初の、10年以上も前に、
タイトルだけ先走って
ランチェスター第3法則
と書いたことがありましたが、
決して同じではありません。
その時は中身がなく、
全く別物です。

こちら「第三法則」です。
中身も超・長文です。




9月からスタートしてます
(株)プラスソフト
竹花利明氏と学ぶ
「不倒の経営」勉強会
戦略基礎コース)では、
まだ話題になってませんが、
きっと・・・そのうち・・・
必ず・・・たぶん・・・
応用コースで?かも)

zoosun












なお、先日の『戦略社長塾』では
私から少し話題にしました。
でしたが、参加者はフリーズ。
ZOOM接続が不調だった
だけかもです(微妙)

昨日のブログで、私が驚感した
不倒会『弱捨の戦略』に
触れましたが、驚き過ぎ
だったせいなのか、いきなり
『弱捨の戦略』をご紹介。

その前段階となる「不倒会
自体を、まだ詳しく触れず
だったのを思い出して、
前後しますがご紹介。

Image5












(株)プラスソフト
代表取締役社長である
竹花利明氏

倒産110番・八起会の代表
でもあり、その八起会の活動
一環で運営されるのが、
この「不倒会」です。


◆不倒会

 倒産を知るからこそ、
 倒産しない経営を知る。

 不倒会は「倒産しない経営」を学ぶ、
 経営者の会。

 経営における「失敗の原因」を
 明らかにし対処し、
 「失敗しない経営、
  倒産しない経営」
 を実践します・・・


少し厳しめの言葉ですが、
八起会を通じて、実際に
多くの「倒産」を経験された
社長様と接してこられた
竹花氏だからこその言葉。
(最初は故・野口会長

23aebbbe












そんな「倒産しない経営」を
どのように実践するのか。

IMG_5729












別途【実践の心得】の冒頭
ビシっと言い切ってます。


◆不倒会、実践の心得

IMG_5730













弱者と自覚せよ。
 倒産を恐れる危機感と警戒心が、
 本気の経営を生む。
 <ぜひ、本文もご参照


そんな「不倒会」の中でも、
経営戦略の基礎的な面を学ぶ
のが「不倒の経営」勉強会
戦略基礎コース)。

IMG_5728












9月から、ZOOMで学ぶ
形式でスタートしてます。
(もちろん、竹花利明氏と)




福岡では、途中参加を
ご希望の方も、特別
ご相談に応じます

DSC01415












お待ち申し上げております。

先日のブログでご紹介した
現『戦略社長塾』にご参加で、


ランチェスター
 関して、長い間
 いろいろ勉強した中で
 疑問に思っていた点が
 今回の1週間ほどで
 一気に解決しました」





〜と喜んで仰った参加者から
疑問に関して追加です。

特に根本的な疑問でも
ありましたので、若干
取り扱いに注意が必要かも
ですが、ご了承を。


【その8】ランチェスター経営戦略に
     ついて新旧、織り交ぜながらか
     いくつも分かれている疑問。




*2008年6月に自費出版
 (非売品)された小冊子
 『ランチェスター戦略の
  記事を書いた人達
 (要約はこのリンク先を参照)
 からの文章をご紹介しました。
 (その9でも↓ご参照)


最近の傾向(?)は不明ですが
10年ほど前の状況であれば、
その↓小冊子の内容が正しい
ので、そちらをご参照。

CIMG3102


または、非売品のDVD
竹田陽一の
 ランチェスター法則物語

*でも↓パッケージの表には
 定価10,000円(税別)と
 ちゃっかり記されてます。

DSC00682












その中でも、途中までの
経緯は触れられています。
話している内容は正しいので、
青色ボードは間違い有
是非ご参照ください。


【その9】その分かれている中で
     異なる理論が存在する疑問。




*間違えないように、一番
 詳しい(株)プラスソフト
 ・竹花利明様が説明された
 内容などご紹介しました。
 (その8でも↑ご参照)


どちらも、今まで何人かの
方から同じようなご質問を
受けてきました。

ただ(私のように?)、
私情を挟んだり、正誤よりも
時流で答えが変わるような人に
尋ねるとボロが出るので、
ご注意ください。

やはり、詳しく学ばれている
のが双方だけでないのです
から、その方の説明を
ご参照されることを
オススメいたします。

DSC01416












そんな方から直接学ぶと
いつも驚きの連続です。
(私の顔が証拠です↑)

全国的に同じような疑問を
お持ちの方、折角の機会です。
先日のブログでご紹介した
戦略社長塾』と同様、
「不倒の経営」勉強会
(戦略基礎コース)も、
福岡では途中参加を、
承っております。
お待ち申し上げております。

*このブログ、まだ続くかも?

またチコちゃんに怒られる
ランチェスター経営(株)
各「利益表」ネタから。

竹田先生が教材の中でも、


中小企業の利益実態を
確認するには、まずは
従業員1人当たりの
粗利益から・・・





〜と説明してますので、
その「粗利益表」自体は
業界平均(黒字企業)の
数値と比較されているかと。
だから熟視しているはず。
熟視し過ぎて表(紙)に穴
が開いてしまい、裏面まで
見ていないかも(?)

その裏面「労働分配率調べ」、
何年か前から全業種の単位が
(表内の左上、その部分だけ)
【万】↓と表示されています。

IMG_5703












もしかすると【万%】との
あり得ない数値な・・・
ことは無いでしょう。
失礼いたしました。

それより、そもそも論として
この「労働分配率」の表、
提供を開始された頃から
「2008年7月(単位万円)」
(表の欄外↓左上の部分)
のままですね「%」なのに。

やむを得ない事情もある
ようで無いような(禁句)

粗利益と労働分配率











最後の「そもそも」部分は
暗黙知(?)でしたが、
それまでの件に関して
冒頭の通り、毎度お馴染み


「ボーッと
 生きてんじゃねえよ!」




NHKで放送の
チコちゃんに叱られる!」より


以上で終わってしまうと、
重要でも無い誤字の報告で
役に立たないでしょう。
申し訳ございません。

その反省で、蛇足なネタ。
(こちらの方が重要かも)

IMG_5038












この各「利益表」で取り上げ
られた業種、その基準は
あくまで竹田先生目線。

私がランチェスター経営(株)に
入社して翌年に、この各表を
作成して、その際に疑問に
思った点を当時のブログ
列挙してましたので、再掲載。
(番号や「。」も付記)


1.妙にサービス業が少なく
  製造業、卸業が多い。

2.思いっきり母数が少ない
  業種を取り上げていたりする。

3.逆に母数が多いにもかかわらず
  取り上げてない業種も。

4.特に新しい産業(業種)が
  取り上げられてない。

5.なぜか複数の分類を足して
  まとめて1つとして掲載。

6.引き継いだ前年の数値が、
  どう見ても「?」だったり。





上記の「3」や「4」に関係する
業種として、例えば小売業の中に
無店舗小売業】との分類があり、
その業種も、大本のデータ
TKC経営指標(BAST)
には掲載されています。


無店舗小売業
 店舗を持たず、カタログや
 新聞・雑誌・テレビジョン・
 ラジオ・インターネット等で
 広告を行い,通信手段によって
 個人からの注文を受け商品を
 販売する事業所、家庭等を訪問し
 個人への物品販売又は販売契約を
 する事業所、自動販売機によって
 物品を販売する事業所及び
 その他の店舗を持たない
 小売事業所が分類される。

*これに「ただし」が続くので
  若干の注意は必要です。


2000年になる前までは、
(または、平成になる前か?)
日本標準産業分類でも無かった
のかもしれませんが、当然
今では主力産業でもあり
母数も多いはずです

元々、有店舗だった会社が
例えばインターネット販売に
特化して、いつの間にか
この無店舗小売業に転換した
ケースも多くあるでしょう。

であれば、業界平均と比較する
際に、ランチェスター経営(株)
からの各「利益表」からだけ
では限界があり・・・

それを打開するには、
TKCの会員である
税理士事務所と契約されて
データを得ることは可能。
また、ある程度までは
TKC経営指標サイトの
要約版・速報版】で
確認することも可能です。

ただし、ちょっと前に
ご紹介したようなケース
あるので↓ご注意ください。


◆うち(当社)はTKCの
 税理士さんに頼んでますが、
 同業者比較のデータなど
 見せて貰ったことありません。





再確認すると事実でした。
 未だに多いようで・・・


こんな税理士は直ぐに
変更してください!!!

オススメするTKCの会員
でもある税理士事務所さんが
現在『戦略社長塾』に・・・

IMG_4488


















経営を学ぶことへの相当な
心意気で、もっと営業戦略
理解しようとご参加中です。
(さりげなくPR)

会社規模別(人数)社長の
学習回数と学習時間について、
以前から、何度も何度も
ブログで取り上げてます。

*加えて、仕事時間や時給、
 学習予算も含む【総括】あり。
 (是非ご参考ください




この学習回数と時間との関係
も含め、説明されているのが、
ランチェスター経営(株)
教材『戦略☆社長』DVD

part2_12_200










特に、社長の学習時間(回数)
については、もっと深く
考察したブログ記事も
今年初に書いてます。
軽くご参考ください




ただ、どの記事も私の
「くどい」性格が出てしまい、
だらだら文章が続きます。
読んでいて眠くなります。
申し訳ございません。

そんな方々に朗報(?)

会社規模別の、社長の
学習時間(回数)・教育予算、
それらを図表化しました。

学習回数













教育予算












くどい性格だからか、
はたまた老眼のせいなのか、
妙に大きい図表になりました。


「それらのことも全て
 教材『戦略☆名人』
 触れてます・・・

S1430004











 ・・・こちらを
 お持ちでない人は
 是非お勉強ください」

S1430001












そう話す人もいるでしょう
確かに触れてはいます。
(または、DVDに出演され
 説明されてはいます)
しかし、一見して解るまで
になっていません。

ですので今回、ココ
ぜひ再確認をお願いします。

*出来るだけ「雨」以外の話題
 を書こうと試みるも・・・

先週末に開催いたしました
あなたも戦略名人になれる
【後半】竹田先生セミナー後、
(初めて)ZOOM参加者宛に
追加資料をお送りしました。

そのお送りしたのは↓こちら。

DSC01305

大安、仏滅、友引物語
のハガキにて、ご参加
お礼をお送りしました。
ハガキなので純粋には資料
でありませんが代用です。

ただし、ZOOM参加者で、
このハガキを今まで私から
受け取ったことが無いような
初参加の方を中心にです。
枚数が少なかったので
全員には送れずでした。

DSC01485












その理由は当日、会場への
リアル参加者に対しての
竹田先生の行動にあります。

リアル参加者には今回、
資料お持ち帰り用の封筒で
ほぼ同じデザインの
大安・仏滅・友引物語
封筒を配布しました。

CIMG6380












セミナー中、竹田先生が
結婚式場の事例を話して
いく中、突如として
最前列の参加者に近づき、
机の上に置いていた
その封筒を抜き取って、
話を膨らませました。

DSC01510












たぶん、ZOOM参加者に
してみると突如、画面から
竹田先生が消えてしまい、
放送事故的に「何事か!?」
状態に陥ったかと。

S1440002










82歳とは思えない、
その素早い機敏な動き。
(少々ビックリ)

S1440008










何とか途中で気付いた私が
カメラで追ったのですが
ボケボケな映像でした。
(失礼いたしました)

S1440007










ZOOM参加申込者には
【申込・参加の手順など】
として、事前に、


◆今回の申込・参加の手順など

 ・・・なお、開催当日に
 追加資料がある場合は、
 (特にセミナーに関して)
 後日にお送りとなる場合も
 ございます。


〜との注意事項を、
いつも書き添えています。

今回、同じ封筒はムリなので、
(ムリというよりムダ)
ハガキをお送りした次第。
ご了承願います。

同時に資料としても
再確認をお願いします。
私の乱筆が読めたかが微妙)

DSC01493












昨年4月からのZOOM開催
追加資料は今回がお初でした。
(たぶん)

あまり経験したくないですが、
ある意味では(毎度ですが)
講師との、ほぼ打ち合わせ
無しでの醍醐味でしょうか。

S1430001










なお、先にも触れました
セミナー最後の最後に
教材『戦略☆名人』
竹田先生がPRしましたが、
こちらの案内は先んじて
ほぼ事前に請求書と同封。

または、案内文と同封で
早々にお送りしてました。

IMG_5627












だから、セミナー直後に
切替えのご注文もいただき
ましたが、逆にご参加申込
すらされず終いだった方が
多数で・・・
(失礼いたしました)

DSC00403












ところで、今回のネタ
「大安、仏滅、友引物語」
的な視点で申し上げると、
このお盆期間中、ほぼ全国で
物滅の友引となりそうな。
(↑敢えて、この「物滅」で)

これらの詳細な内容に
ご興味をお持ちの方は是非、
ランチェスター経営(株)
大安・仏滅・友引物語
DVDをご購入ください。

こちらはランチェスター経営で
一番お安い貴重なDVD教材。
(たぶん)

taianbig[1]















経営に関係する内容も少し
触れており、差別化のヒントを
掴むことが出来るはずです。

*結局「雨」の話題にも
 触れることになりました。

【8月7日(土曜)開催の
あなたも戦略名人になれる
  勉強会&竹田先生セミナー.




お陰様で【前半】勉強会から
ご参加のお申込みは、既に
定員に達し・・・ではなく、
かなり定員オーバーとなり、
締切させていただきました。
有難うございました。

S1160001









これも&それも、
案内文に書いていましたが、


今年4月末に開催した
竹田先生セミナー】参加者
から多くのリクエストに応え、
竹花氏に実践発表いただく
こととなりました。

Image5














〜と、このリクエストの
賜物でしょうか。

今回お申込みの半数超が
4月末ご参加の方々です。
有難うございます。

DSC01420












しかし、案内文の発信が
完了したのは今月20日で、
まだ1週間しか経ってません。
お手元に届いた最後の方は、
昨日くらいに案内文を目に
されたばかりとか、あり得る
かも知れません(失礼)。

それだと、アっという間に
今日、定員オーバーの
ために締切・・・驚!?
(私も驚きです↓失礼)

DSC01416












このブログをご覧の方で、
(ご覧じゃなくてもOKです)
【8月7日(土曜)開催の
あなたも戦略名人になれる
 【前半】勉強会(&セミナー)
ZOOM参加をご希望される
方がいらっしゃれば、まずは
私(伊佐)までお電話を。

★電話:090-2518-4980です。

キャンセル枠?特別枠?
型枠?があるかもです。
よろしくお願い申し上げます。

2DSC01138












*もちろん【後半】竹田先生セミナー
 のみも奮ってお申込み受付中です。

今春4月末に開催しました
非常時対応の経営総点検
【後半】竹田先生セミナー

DSC01426












開催10日ほど前のブログで、
私が直々に竹田先生から
聞いてみたいと書いた
【経営システム全体の
 整合性をチェック】




これ自体は、セミナーと
同タイトルのDVDCD教材
の、最後の最後で触れられて
いるので、セミナー当日に
話すか、時間切れで話さず
終わるか気になってました。

IMG_5363










結局、この時オリジナルの
レジュメにすら書かれずに。

IMG_5435












*そのレジュメは、全く別物
 で締められ↓しかも話さず
 終了だったので一安心。

IMG_5433












ともかく、聞きたかった
【経営システム全体の
 整合性をチェック】

IMG_4610












ほぼ同じ説明が、改訂版
『戦略☆名人』DVD
「第5章 弱者の経営戦略」
その最後の方にもあります。

DSC00403












そうであるならば、
今夏に開催予定の、恒例
竹田先生セミナーでは
「戦略名人」関係をテーマに
企画すれば、聞きたかった
この部分も十分聞くことが
出来るのではないかと。

しかも、念には念を入れて
セミナーのレジュメを、
先の改訂版『戦略☆名人』
DVDテキストから大幅に
抜粋させた上に加工して、
オリジナルで作成を。

DSC00535










しかも&しかも、その
抜粋する部分を決める作業、


「竹田先生も忙しそうで、
 前回のように、単発の
 セミナーのためだけに
 レジュメを作成するのは
 大変な作業となるでしょう。
 今回は私が手助けします」


〜と(先の)聞きたかった
【経営システム全体の
 整合性をチェック】を
絶対に削除させないよう
私が先んじて申出ました。

案の定(?)竹田先生から
快くOKを貰いました。

それが甘かった・・・

DSC00537












この連休中、この抜粋の
作業前の選択段階で、既に
いろいろ思い悩んでます。

(先の)聞きたかった
【経営システム全体の
 整合性をチェック】の
部分だけを抜粋させると
全く意味が解りません。

竹田先生の名講師術でも
その意味不明さをカバーする
のに、ホワイトボードが
昨年4月末に開催した
セミナー時よりも乱筆↓
状態になるだろうと危惧。
(ZOOMでは不向き)

S1160009










逆に、いろいろ前もって
「第5章 弱者の経営戦略」で
説明される部分を残していく
と、とても予定の1時間半で
収まりきらない量にまで
膨れ上がりそうです。
確かに元々、DVDだと
3巻分で3時間ほど説明して
いるのですから無理かと。

こうなると、時間切れで
竹田先生が話さずに終わる
毎度なパターンに。
(結局、前回と同様

DSC01449












意表をついて、この
【経営システム全体の
 整合性をチェック】の
部分を最初に移動させて、
倒置法で展開するとか、
(英語のスピーチか?)
昨日くらいから悩んで
いたのですが〜STOP!

思い出しました、
あの平成最後の日のこと。
その直前の打ち合わせ


「・・・竹田先生は、
 こちらが計画的に
 進行しようとしても、 
 他人が敷(し)いたレール
 に乗らない人だから、
 竹田先生自身の
 臨機応変な対応に
 任せるのが無難でしょう」





〜とのように、直前の
打ち合わせで大先輩が
仰っていたことを。

これで少し気が楽になりました。
(感謝です)

DSC00152DSC00153







ともかく、まずは買い揃えた
レターパックライト
【8月7日(土曜)開催の
あなたも戦略名人になれる
  【前半】勉強会(&セミナー)
の仮申込者への発送作業。
そちらを先に終えましょう。




ギリギリ、プチプチも
足りそうですから。

↑このページのトップヘ