鳥平先週と同様、昨夜も1人の方
のために、勉強会を開催。

熊本から毎週ご参加、本当にご熱心な
2代目お持ち帰り焼鳥屋さん
←です。




先週は、「焼き鳥屋」なのに、いろんな新しい食材を探求中、
こんにゃく?いかがなもんでしょうか」と私は問題提起を。

その延長で、この焼鳥屋さんに「おでん」と「ヨウカン(羊羹)」と
「お花屋」の事例を見ていただきました。


「おでん」は、某・巨大コンビニの新メニュー開発秘話を。
この事例では、最後の砦のこの方が怖い顔つき・・・
何ヶ月かかかって開発したのに、「美味しくないね」の一言で終わり(笑)

「ヨウカン(羊羹)」は、あの虎屋
伝統とは革新の連続である」との言葉は流石でした、敬服。
神田昌典氏とならぶ「日本No1マーケッター」ですね。
(昨年の「GQ Japan 11月号」より)

「お花」は、パークコーポレーションさんが手がける
青山フラワーマーケット福岡・天神にもありますね)。
「100本の花束を1人に売りより1本のバラを100人に売りたい」
100本の焼き鳥を1人に売るより1本の豚バラを・・・違いますね。

虎屋本











急遽、その焼鳥屋さんが送って下さったのが「特製のタレ」、
10本も送っていただきました、有り難うございます<(_ _)>
でも、既に私の手許から消えてしまってます。
当社の女性事務員さんが持って帰って、、、

感想は、このブログでお知らせします。
教えていただいた「焼き鳥丼」が、上手く作れるかどうか、、、