先月に開催しました
だから創業7年で
地元No.1に!その起業家と学ぶ
情報活用】ZOOM勉強会





その際、いろんな資料から
まとめ上げたチェックリスト


◆「お客は誰か?誰にすべきか?
  誰でなければならないか?」
  チェックリスト



◆お客は誰か?

 まず、このことで
 社長の性格・好き嫌いをチェック。



◆誰にすべきか?

 これで、
 社長の経験などからチェック。



◆誰でなければならないか?
 
 最後に、競争相手をチェック。






*以上は概要のみ、詳細は別。


このチェックリストを別途、
何回かの個別の勉強会でご提示し、
試しに問い掛けました。

7b2eb366-s[1]











その何回かの勉強会でも
ランチェスター経営(株)
旧版『戦略☆名人』DVD
テキストを「使用テキスト」
として指定しているので、
それぞれのチェック項目を
テキストの中で、情報収集に
関する説明部分に照らし
合わせていきました。

それにしても各自の反応は、
その部分で説明される通り


◆情報は「社長の実力」と同時に
 「社長の事業に対する願望や熱意」
 に比例してしか入ってこない。








また、最近のブログ記事では
少し言い換えましたが、


◆情報は、その人の質(戦略)の
 レベルに合わせてしか入ってこない。








だからか、私が問い掛けて
チェックしていく過程で、
多くは「たぶん・・・」と
何らかのお答えをいただく
くらいの方々ばかり。

しかし、中には私が問い
掛けていったはずなのに、
逆に上手く私に問い掛けて
(誘導尋問?)
答えのみ得ようと試みる方も。
いかにも、その場しのぎ的で
要領がイイのでしょうか。
後々苦労するのに・・・

旧版『戦略☆名人』の中で、


かつてレーニンが、
「自分が行動せずに情報を
 集める人間を官僚と呼ぶ」
と言った。

*出典不明。


0ninni


















従業員に依存する人は、
役人型の社長になる。
これでは経営が上手くいかない。


〜とあり、つい私が、


「お前は、レーニンか!?」


〜と言い間違えたりでした。
(失礼)

それにしても「レーニン」って、
今の若い人はご存じ?

強いて申し上げれば、
ファーストネームは
あの竹田先生が命名した
最狂の「言いがかり」名人と
同じなのでご注意を。

64aa








*「世界を征服!
 とは困ったもんです。
平和を征服ともあるが)