「おのれの『すみませんでした』
 『私が悪かったです、ごめんなさい』
 そんなもん聞く耳は、とうにねぇわい!
 ボケ!!
 
 おのれの後ろを3歩下がって
 歩いてやろうかい! こら!!
 木刀もって、後ろから
 ぶん殴ってもイイぐらい!」


NHKで、こんな言葉が
流されるとは思いもよりません
でした。コチラは
クローズアップ現代+
「お客様は神様」は古い?
 深刻化するカスタマーハラスメント

IMG_0627












先日、ちょうどご覧になってた
社長様と話題になりました。
社長様自身と同業者の方が
出演されていたとのことで、
今後に対策を考えるために
社内で話し合いを設けようと。

同時に、私と共に50歳代、
グラフを↑「我がこと」として
肝に免じましょうとも。
折角なのでご参考に。


◆「お客様は神様」は古い?
 深刻化するカスタマーハラスメント

 (2024年4月30日)






・IT業界で働く 40代男性

「年に多いときは(カスハラ)
 10回くらいあったんじゃないか。
 言ってあげて、この人が気づけば、
 この人、よくなるんじゃないか」

 みずからも仕事の中で、
 上司や客からの厳しい指摘が
 成長の糧になったと感じてきたという男性。

 店に不備があると思ったら、
 相手のためだと思い、正してきたといいます。
 しかし最近、自分の行為が一線を越えた
 カスハラだと気付いた出来事があり・・・


*この後に、高校生の息子さんが
 イイこと言ってくれてます。


改めて、肝に免じなければです。

蛇足ながら、途中スタジオゲストで
ご登場の桐生正幸教授東洋大学
の著書『カスハラの犯罪心理学
集英社インターナショナル新書

cushara1
















その桐生正幸教授による
プレジデントでのコラムで、
もっと深刻な内容が・・・


◆年収1000万円以上の
 中高年男性が最もキレやすい…

 全体の45%が「カスハラ」した
 経験があるという衝撃の調査

現役世代でプライドの高い人ほどカスハラをしがち







*PRESIDENT Onlineより。
 (2023/07/09


私自身、勉強会など
情報リテラシーが高い社長様を
中心に接しているから大丈夫
・・・では無いようです。
思い当たる節が・・・(内緒)

IMG_0586
















ただし、これも先日に触れた
夢を叶えるために脳はある
池谷裕二さん著(講談社)から、
(少し文章を変えてます)


◆できない人ほど自信過剰


 ・・・このように、自分の
 実力レベルを認知できていない
 ヒトに、真正面から
 「君はカスハラだから気を付けてね」
 と言っても始まらない。  

 「こんな番組やデータがあるんだ」と
 紹介しても、返ってくる答えは
 「うん、いますね、そういう人」
 「具体的に顔が思い浮かびますよ」

 誰一人「自分が該当するかも」
 とは言わない。そのように、
 ヒトは思い込みが激しい。
 
 いや、思い込むだけでなく
 「自分は思い込んでいない」
 とも思い込んでいるのが実際。
 (バイアスの盲点)


やはり、肝に免じましょう。

また私よりも一回り若い
世代の方々にも、ご参考として、


◆「カスハラ」や「老害」予備軍は
 40代から増えてくる!


上手に怒ってストレス減!〈第7回〉






一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
 代表理事の安藤俊介さんに伺いました。
 (OurAge、2024.04.03


最後に、冒頭のNHK
『クローズアップ現代+』
特集のタイトルに「?」付で
触れられていた言葉、
「お客様は神様です」
について、ご存じな方も
多いと思いますが、
その真意をご参考に。


◆「お客様は神様です」について


三波本人が生前にインタビューなどで
このフレーズの意味を尋ねられたとき、
こう答えておりました。
 
『歌う時に私は、
 あたかも神前で祈るときのように、
 雑念を払ってまっさらな、
 澄み切った心にならなければ
 完璧な藝をお見せすることはできない
 と思っております。
 ですから、お客様を神様とみて、
 歌を唄うのです。
 また、演者にとって
 お客様を歓ばせるということは
 絶対条件です。
 ですからお客様は絶対者、
 神様なのです』


3na3spri














三波にとっての「お客様」とは、
聴衆・オーディエンスのことです。

また、
「お客様は神だから
 徹底的に大事にして媚びなさい。
 何をされようが我慢して尽くしなさい」
などと発想、発言したことは
まったくありません。






三波春夫オフィシャルサイトより
 (要約して引用)


以上を肝に免じた上で、
ランチェスター経営での
顧客維持戦略』に
取り組んでいきましょう。