結局、ゴールデンウイーク中
結論が出ずに終わってしまった
調べ物」について(涙)、
備忘録として残しておきます。

当然ながら(?)いつもながら
超!長文なのでご注意を。

4ra4rab
















事の発端は、録画して見ていた
フジTV系の教養バラエティ番組
ホンマでっか!?TV

honmn










ちょうど「痩せ体質になる方法
との特集で、その最後くらいに
心理学者の植木理恵先生が、
「ダイエットを宣言する人は
 失敗しやすい」と。
(以下、箇条書き程度に)


◆ダイエットを宣言する人は失敗しやすい。






・昔から心理学では、
 「自己宣言の成就効果」で、
 言ったことは叶うと知られていた。

・その理由が、
 子供の頃は他人の目が基準のため
 宣言したことは、やらないと
 恥ずかしいと効果があった。

・しかし、思春期ごろを過ぎると、
 他人の目ではなく美意識や
 プライド(自我?)のために
 動機が変わり、成就効果に
 繋がらず、失敗することに。

・理由には2つのバイアスが関係。
 1つ目が、宣言すると「痩せた?」
 「太った?」と周囲から指摘され、
 その度にヤル気が失せてしまう。
 
・もう1つが、ダイエット宣言しても、
 同時に、別で失敗した時の言い訳も
 考え出すから。


この説明に、以前だったら
「心理学者の植木理恵先生なら
 かなり確証は高いはず」と
思ってましたが、今回は
3度くらい見返すほど
「?」となりました(失礼)

若干、今後の年末勉強会など
での運営に関係してくるので、
いろいろ調べてみました。

ueking
















そして調べた結果は・・・

「自己宣言の成就」ないしは、
「自己成就予言」ないしは、
「予言の自己成就」または
「自己達成予言」云々・・・と、
言葉は微妙に異なりますが、
怪しい自己啓発系のサイトや
もっと怪しい宗教系のコラム
などに辿り着き、大変な・・・
(失礼&失礼)

*あくまで、ご参考として
 Wikipedia(英語版)より
Self-fulfilling prophecy




そんな中でも、現実的な
知識人による見解として、


◆SNSで目標を宣言してはいけない
 科学的な理由



◇ソフトバンク新書『続ける脳
 (茂木健一郎・著)から

・目標を言ってはいけない。

・内に秘めると力に変わる。






*SBクリエイティブ [ニュース]
2018年1月25日 掲載
 Book Bangより。


その中で紹介されているのが、
アメリカの起業家、
デレク・シヴァーズによる
心理実験のTEDスピーチ


【TED】「目標は人に言わないでおこう。
    デレク・シヴァーズ







 目標を他人に宣言すると、
 「目標に近づいた気分」に
 なってしまうと考えられ・・・


また別途(冒頭の)心理学者の
植木理恵先生の説明に近い
文章であれば、その後の
対策にまで触れている、


◆公の場で宣言する
 「パブリックコミットメント」
  と「ブーメラン効果」



公の場で目標を宣言することで、
目標達成へのモチベーションが
高まります。これは
パブリックコミットメントと
呼ばれています・・・

例えば勉強をしようとしている
とき「勉強しなさい」と言われ、
やる気をなくすケースは
よくあります。これを
ブーメラン効果と言い・・・

・・・2つを踏まえ、
目標達成を促すときには、

…蟯的に宣言や報告の場を用意する。

⊆犬辰燭蠱躇佞鬚靴燭蠅垢觝櫃砲
 解決策も一緒に考える。

L槁乎成時のメリットの伝達、
 ビジョンの共有などで
 コミュニケーションを深める。

3つのポイントに留意しましょう。






*日本テクノ 広報室
 (2020/05/19)より。


何となく「目標を宣言」する
環境や、単発ではなく継続性も
関係するような説明です。
だから「怪しい系」などで
良いように拡散しやすい
効果だとも言えなくないです
が・・・(失礼)

そんな中で、私と似たような
結論(私は未完ですが)で
書かれた説明を発見。


◆目標宣言の効果
【宣言の仕方で効果のあるなしが決まる】



・目標宣言の効果

・目標宣言が逆効果になることがある
 (ここに先のTEDスピーチあり)

・目標宣言の仕方で肯定的に作用

・宣言することで自分を変える






*Fukuoka English Gym代表 Okada
 (2022-12-02)より。


以上を備忘録として・・・

と思いきや、最後の最後に、
あの「670ページ」ある
池谷裕二さんによる新著
夢を叶えるために脳はある
講談社)で目にしたのは、


◆能力の多様性


IMG_0586


















・将来の夢を
 語ってはいけない時代?


読めば「確かに!」と納得。
ただし、今までと全く異なる
アプローチでした。
(未完の未完)