ちょっと前のことですが、
ランチェスター経営(株)
教材をご購入いただいた方から、


「繰り返し聞いていても、
 内容が学問的すぎて、
 実際の現場で即、
 使えるようなことが
 なかなか見出せません。

 特に、何度も出てくる
 細かな数字など
 全く必要ないでしょう!?

 他のマーケティング系の
 本を読んだら、直ぐに
 実践できることばかり」


〜とのクレームにも近い
ご感想をお聞きしました。

4post1












これは勉強量の少なさに
より、「戦略」と「戦術」の
区別が全く解っていないのか、
もしくは、似顔絵名刺
お礼ハガキなどの戦術っぽい
モノを求めたのでしょうか。

0a3803d2















それとも以前、頻繁に
ご質問されたことがある


「先生!
 具体的な答えは何ですか?
 答えてくれないと分かりません」







〜とに似た思考停止
依存症状態だったのかも。

4post2












ウエイト付」の重要性すら
よく解らないのであれば、
仕事の優先順位も判断つかず、
目先の仕事に追われて
しまうのでは?

現に、その方の
スケジュールが「後入先出法」
になっているよう。根本的に
アイゼンハワーマトリクス
の修得をお願いします。

*そんなことは、決して
 お答えしませんでしたが。

preeisen
















ところで、その方と
ほぼ同時期に、同じように
ランチェスター経営(株)
教材をご購入して勉強され
出した後継者の方がいます。

ご参加いただいている
ランチェスター経営ジム
ZOOM『戦略社長塾』で、
つい最近、全く異なる
ご感想をお聞きしました。


「ランチェスター経営の
 フルラインの教材を
 朝5時から徹底して
 勉強してみて解ったのが、
 竹田先生の説明が、抽象的な
 経営原理・原則に続いて、
 数字で表せるモノは表した上で、
 それらの筋が通った解釈を
 具体的な事例や戦術的な
 展開に置き換えて、
 全てに網羅されてました。

 そのことから、本質的な
 原理・原則を具体的に
 応用する仕方が学べます。

 たとえ内容が古くても、

 『自社のような業種では
  どのように置き換えるか?』

  だけでなく、

 『現在のインターネット社会で
  展開するには、どうするか?
  インスタグラムでは?』

 と、自分でドンドン
 置き換えて応用できます。


instagg














 このランチェスター経営
 先に学んでいたおかげで、
 後から勉強している
 マーケティング系の
 ノウハウを、自社に合う
 カタチで取捨選択できてます。

 これが、順番を逆に
 勉強していたら・・・」


誠に有難うございます。

なお、前者の方は、
勉強量の少なさはもちろん、
後者の方が最後に触れた
「勉強した順番が逆」
だったかも知れません。
気付かせていただき
重ねてお礼申し上げます。

c867c7df-s[1]

 










ともかく、後者の方から
以前に何度か取り上げた
最高の戦略教科書 孫子
 /守屋淳・著
日本経済新聞出版社
の「まえがき」に書かれた
「応用の才気」のことを
思い出しました。

再確認でご紹介いたします。


◆実践家に必要なのは「応用の才気」


・・・日露戦争の日本海海戦で、
バルチック艦隊を破る原動力と
なった名参謀・秋山真之は、


戦略や戦術の原則は、
海上も陸上も同一である。

ただ使う手段だけが
異なっているに過ぎない。


だから、陸軍戦術から海軍戦術
を割り出すことも可能となる。

この点で、応用の才気のない者は、
どんなに戦術を研究したところで、
ただ単に口や文章だけの
学者にしかならず、
実践家になるのは難しい。



ameaki















我々が持つべきは、
この「応用の才気」に他ならない。
それが評論家ではなく、実践家
として成果を上げる道なのだ。


なお、この「応用の才気」に
至るまでに引用した文章は、
(当時、前日に書いた記事
今、ご紹介すると生々しい
内容なので(失礼)、
リンクだけしておきます↑

覚悟のある人だけご覧願います。