昨年末に開催しました
竹田先生セミナー
&「計画勉強会」。

DSC01966a












それらをご案内して、
とある社長様から参加申込み
いただいた際のコメントから。
(ザックリ一部)


「・・・遅い時間に1人、
 ランチェスターの勉強
 していると孤独を痛感する。
 竹田先生の説明は、
 あまりに論理的過ぎて、
 逃げ場みたいなのが無く、
 『長時間、仕事しろ
  &長時間、勉強しろ』
 と追い込まれてしまう。

 それを紛らわせるために、
 知合いの社長と飲んでても、
 相手がランチェスター
 知らなければ、ほとんど
 話しが通じなく、逆に
 モヤモヤしてしまう。
 
 だからか、セミナーなどに
 参加すると、同じように
 ランチェスターを勉強している
 全国の社長さんと一緒になり、
 いつも刺激を貰えます」


そんな刺激また得られるだろうと、
来週23日(金・祝)開催の
「竹田先生との
 ランチェスター・完全理解」
オンライン座談会を、早々に
ご案内しましたが、早々に
スケジュール調整できずだと。
(残念)




ただ、昨年末のセミナー&
勉強会は、凄く刺激を貰えた
云々とお礼を仰いました。
(こちらこそ感謝でした)

DSC01962












思い出しついでですが、
(先の)社長様のコメントに
「孤独」と言葉がありました。

もう10数年前のブログ
「社長の孤独」に言及した
記事を書いてました。
(ポイントのみ抜粋)


◆「連れション」社長がゾロゾロと・・・






「社長は孤独。
 それを嫌がらず
 耐えないと強くなれない。
 その理由は・・・ 



確かに、世間的にも
社長は孤独」と言われます。

その孤独を紛らわすために
群れる仲間の団体なのか、
その孤独に耐えた人が
集い学ぶ団体なのか・・・


その時に参考で取り上げた
日経トップリーダー
2011年8月号を発見!

IMG_0516
















あまり覚えてないですが
付箋紙まで付けて読んだ
跡があります(笑)

その付箋した部分は2つ、


◆苦しくても考え抜くのが社長だ


 ドトールコーヒー
 鳥羽博道 名誉会長(当時)
 <創業者>


IMG_0518














悩みをためこまず、
全て社員に話してきた。
衆知を集めながら
考えに考えて、決断を下す。
苦しみの中にこそ、
社長の誇りがある。



◆社運をかけた事業が失敗した時は?
「社長が覚悟を示せば、社員は応えてくれる」



岡本硝子 岡本毅 社長(当時)


IMG_0517


















・・・約40億円に上る
設備投資を決断し、
結果は大失敗でした。

しかし私は決して
他人のせいにしたり、
取り乱したりはしません
でした・・・



「なぜ社長は孤独に陥るのか」
と、小宮コンサルタンツ
小宮一慶氏の分析がありました。


◆なぜ社長は孤独に陥るのか


社長は追い込まれた時、
孤独に直面する。
それと向き合う上で
ヒントとなるのが、
古典や名経営者の言葉だ。
「正しい生き方」と
「心を開く」。
この2つがカギとなる。

*この著書が↓オススメとの
 訳ではありません(失礼)


ko3ya1


















【孤独と付き合うための3つの心得】

1.生き方を勉強する

孤独に陥った時の指針となる
のが「生き方」。
『論語』『老子』などの
中国の古典や、松下幸之助や
稲盛和夫など経営者の
先達に学ぶのは、生き方の
勉強として非常に有効だ。


2.衆知を集める

「独裁すれども独断せず」。
最終的に決断するのは自分自身。
だが、その過程で多くの人の
意見を集めることが重要。
これが松下幸之助の
「衆知を集める」だ。
その実践には「素直さ」が
必要になる。


3.社長仲間を持つ

悩みを相談できる相手を作る。
同じ社長という立場で、
しかも利害関係のない
相手が望ましい。
例えば、同じセミナーに
通っていたり、同じ社長を
師と仰いで勉強したりしている
社長仲間など。


この「孤独と付き合う」は、
精神面(人間的な側面)での
アプローチが強いかも。
戦略面(論理的な側面)では、
気を付ける点があるかと。

例えば「3」の社長仲間を
持つにしても、冒頭の社長様
の場合と似たように、集う
面々が「理念があっても、
戦略がない人が多い」とか
であれば「それなり」と
割り切らないとダメに。
(ブリ返したくないが)




最後に、小宮一慶氏が
「衆知を集める」際に
大事な素直さが、社長に
あるかどうかを見極める
ために尋ねる質問が、


「部下の話しに
 メモが取れるか?」


傲慢になっている社長は
メモを取らない。

本当にスゴイ人は、素直に
人の意見に耳を傾ける謙虚さと、
役立つ知恵は何でも取り込もう
という貪欲さを持っている。

そうした社長は
孤独になりにくい。


このことも、心得の「3」
の社長仲間を持つ際にも、
役立つ判断基準の1つ
かも知れません。

higatake5higatake3






*これまたブリ返したくない
 が、↑ こんな状況じゃ・・・