先日からスタートしました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。
その初回に参加者から、


「20年以上までに
 参加したセミナーで
 『ランチェスター』との
 言葉を耳にしました。
 印象に残った話しが
 イノシシ退治についてで、
 解りやすかったです」

inos4























〜と自己紹介と同時に、
チラッと「話しのさわり」
部分にも触れました。

長崎県の対馬における
いわゆる「陶山訥庵
究極の地域戦略」です。

DSC09202












その話をご存じなかった
別の参加者からは、


「そんな20年も
 頭にこびりついた
 印象的な話しならば、
 ぜひ聞いてみたい」


〜とリクエストがありました。

まだスタートして直ぐで
時間もありましたので、
まずは「話しのさわり」の
続きを一言&二言・・・


「・・・続きは、
 4回目の応用編 
 そのものズバリの
 地域戦略がテーマの際、
 お話ししましょう」


リクエストされた方は
少し納得いかないご様子
でしたが、もう1人の方が
その反応を遮るように、
別の話題(ご質問)を。


「そう言えば・・・」




前回の後記ブログ
 ご参照ください。


そして、つい先日開催した
戦略社長塾』第2回。

b5916295












ちょうど地域戦略など
経営の8大要因に関して
説明がありましたので


「・・・ところで、
 イノシシの話題が
 気になりませんか?」


〜と問いかけて、話しを
続けようとすると、


「いや、気になりません。
 持っていた
 ランチェスターの本
 イノシシの絵が載ってた
 ので解りました」

DSC08698
 













その方のお持ちだったのが
竹田先生の著書で良かった
のは良かったのですが、
挿絵と注釈を見返して、
たぶん「発見した」くらいで
ご本人は納得されてました。

IMG_4637












逆に「とつあん」との名の
読みを別の方に自慢気(?)
に教えていました。
長くなりそうだったので
その場はそれで終了。




また改めて『戦略社長塾
4回目の応用編,了に
でもお尋ねしてみましょう。
お聞きしたい方はご一緒に