昨年に書いたブログ記事
 最新の改訂版です。




ドラッカー先生が、当初の
タイトルは「事業戦略」
だったと、後付けで言う
著書『創造する経営者』。

DSC00425












しかし、その中身は
倒産110番・八起会
その代表世話人である
(株)プラスソフト
竹花利明社長様によれば、


「・・・書かれた内容、
 8割ほどが現状分析で、
 (★後述あり ↓)
 戦略はほんの少し」

DSC01416













*いつもながら驚く私↑


その内訳、ザックリ序章に
書かれていたので、再確認
してみると(今回も都合、
ページ数まで確認せず・失礼)


序章 本社の課題


◆本書の構成

本書は三部分かれる。


【第吃堯曚最も長く、
分析と理解に重点を置いている。

・第1章、第2章、第3章、第4章
 第5章、第6章、第7章、第8章



【第局堯曚楼媚弖萃蠅砲弔い届世犬襦
(思考法か?)

・第9章、第10章、第11章
 (&次の【第敬堯杪茖隠仮呂癲法



最後の最も短い【第敬堯曚
成果に結びつける方法について述べる。
(ここに経営戦略あり)

・第13章、第14章

IMG_5564






















*最後から1つ手前になる
 第13章に「経営戦略」
 とだけあるだけなのに、
 それで本書タイトルを
 「事業戦略」にしたかった
 とグズつくとは↑当時の
 ドラッカー先生は大人気ない?


以上から「章」単位で
3部分をウエイト付すると、


(析と理解: 計8章

意思決定(思考法):計4章

初版の訳から)
 成果達成計画: 計2章  

soz1












ウエイト付は、4:2:1で
57%、29%、14%に。


導き出されたウエイト付を、
独断と偏見で、勝手に


 嵎析と理解」を【情報】

◆岼媚弖萃蝓併弭曜 法廚
 無理があるが【革新】

「成果達成計画」を
 【広義の戦略】と捉える。
 (目的・目標、戦略)

4post3













*この際「願望」は
 忘れてください(失礼)


〜で「竹田ビジネスモデル
に取り込んでみると(驚!)


【情報】  56%

【革新】  28%

★冒頭の竹花社長様が仰る
 「8割が分析」は↑ココまで
 のウエイトを示されてます。


【目的・目標】9%

【戦略】  5%

【戦術】  2%

4post2














根本的に「情報」「革新」は
竹田ビジネスモデルの横軸、
実行手順の各要因において
必要になると、竹田先生
説明されているので、
ウエイト付から外して
考えないといけません。
(ある意味、一番重要)

しかし、実行手順の並びで
最後に位置していたり、
その説明も最後に簡略化
されているので、つい
忘れてしまう人が多々。
そうなってしまえば、
何も創造しない経営者
陥る可能性が高くなります。

はたまた、「想像して」
ばかりいる経営者に陥る
可能性も大いにあります。
まさに「想像する経営者」?
(親父ギャグを失礼)

souzo2











今月後半からスタートの
戦略社長塾』も第1回目は
「経営は自己分析から始まる」
とのテーマです。
重要だからこそ初回に。




『創造する経営者』の原題
Managing for Results
「成果を上げる経営」を目指す
社長様、お待ち申し上げます。