DX未対応の竹田先生だから、
コロナ禍当初、セミナー開催前
資料送付となれば、盛んに
プチプチ(正式名:気泡緩衝材
レターパックライトを使用。

IMG_5971












最近になって、請求書も含め
データとして送れるモノは
出来るだけメール送信を。

その方が有難がられる場合が
多いのですが、逆に苦情を
申し立てられたり様々。
(竹田先生世代だからか?)

pucpucp










それにしても、まだまだ
データで送れない物は
プチプチで梱包して送付を。

しかも、下手ッピなので
(失礼)1つに半日作業
だったり、セロテープも
含め直ぐに無くなります。




コロナ禍当初、「DX」に
関しては、DX超合金
勇者ライディーン」との
ブログ記事を書きました
が・・・




そのDX超合金を送るのも
プチプチが必要でしょうが、
レターパックライトでの
重さ制限をオーバー?
(そんなに重くないか)

*梱包作業で疲れ以上。