もうスッカリ内容を忘れて
しまった、先月に修了の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』(失礼)。

DSC01862












(引き続き)実戦編2回目は
『新ビジネスモデル』との
テーマで復習のような内容。
1位主義の経営の目的から
戦闘まで実行する手順通りに、
今まで学んだポイントを
大枠で一通り着眼大局的に
言及していきました。

4post3












「目的」からなので、その上に
位置する願望など精神面は
除いてですが、それらも含め
上位の概念になるほど
簡潔ではあるが抽象的。

その一方、現場の業務となる
戦闘を含む戦術要因は、
末端の作業になるほど
細かくなりますが具体的。

DSC01861












例えば、前者であれば
「良い会社を作りましょう」
の考えも、それだけで行動に
移せるなら正解でしょう。
このことを、竹田先生
たまに「スローガン経営
と呼ぶことがあります。
(後述)

その考えをベースにして
後者となる現場での接客で
「常に笑顔でハキハキと」
のマニュアルも、一見する
と正解かと思えます。
(あまりに小手先

それが明らかにクレームを
言ってきたお客であったり、
しかも因縁をつけたような
悪意の場合もありえます。
それも競争相手がお客を
装っている場合も然り。
(旧版『顧客戦略』参照)

DSC05491












それらをどのように対応・
対策すべきか(先の)前者と
後者の間に入る目標から
戦略・仕組の概念で、考え
抜いて示すのが会社組織。

それが無いと、ある意味
現場だけでの個人芸に
終わってしまいます。
これこそ職人芸

そんな職人社長がこけたら
・・・その上、中小企業では
対応も出来ず「スローガン」で
終わる場合が多いとのこと。




以上、一般的な経営学では
この辺りで終わり、続きは
「だからマネジメントが
大切」云々とかと。

4post2












しかし、ランチェスター的には
その対応・対策(その考え方)
に大きく2通りあって・・・

DSC01864












・・・と基礎編くらいから
何度か説明していました。
だから、ご参加のお二人は
直ぐ解っていただけました。
抜かりなく予習&復習を
有難うございました。

DSC01863












*間の2通りの「・・・」を
 体系的に学びたい方は、
 9月中旬からスタート
 『戦略社長塾』にて!
 お待ち申し上げます。