ランチェスター経営(株)
『戦略教材開発物語』CD
の中で、竹田先生が、


「・・・実は、
 私自身(竹田先生)の
 ために作ったものです。
 今でも定期的に聞いています」





〜と紹介されるのが、
ビジネスマン向け教材CD
自己啓発と時間戦略』。

31827cf1












*本来は、25年ほど前に
 13巻のカセットテープで
 完成させた『逆転の人生戦略
 積極人間の自己啓発と時間戦略』
 (既に廃版。先の教材は改訂版)

逆転









そんな古い教材だからか、
私も知らない言葉が
ポツポツ出てきます。
古いな〜っと思いきや
オットドッコイ!?

例えば、
(少々長く引用・クドい?)


◆時間は手段であって目的ではない


時間戦略の講演をした後、
出てくる反論の1つに、

「馬車馬ではあるまいし、
 長時間労働など
 今の時代に合わない。
 現在は、ゆとりや
 生きがいを求める時代だ」

もっともな意見です。


しかし、理論的に考えると
時間はあくまでも何かを
成し遂げるための「手段」で
あって目的ではないのです。

(途中を飛ばして)


1日、何時間働き、休日の
何割を仕事の研究に回し、
それを何年間続けるかは、
やりとげようとする目標の
高さと、その社長の質の高さ
によって変わってきます。

目標がとてつもなく高ければ、
それに合わせて時間をフルに
活用するしかありません。


その証拠に、

「自分の潜在能力を開発して、
 自分にしか出来ない何かを
 成し遂げてみたい」とか、

「この業界で、県内1位の
 会社になってみたい」

等と言う、はっきりした
目標と強い願望を持っている
社長は、例外なく長時間労働を
していますし、休日のほとんど
をそれに使っています。


もちろん、

「生活に困らない程度の
 お金が稼げれば、
 それで十分だ」とか、

「会社の業績はビリでもイイ」

と思っている社長の場合は、
目標が小さいのですから、
長時間労働する必要は
ありません。

こういう社長は、
朝ギリギリの時間から
仕事をして、夕方も早々に
飲みに行けばイイのです。


昔の人は、仕事をせずに
ブラブラしていて、奥さんの
稼ぐお金で生活している人の
ことを「髪結いの亭主」
呼んでいました。

働く時間が少ないこと、
イコール「ゆとり」のある
生活というのであれば、
こういう人が一番「幸せ」
ということになります。

*この「髪結いの亭主」
 語彙力の乏しい私は
 知りませんでした(後述)


もし、これが正しい生き方
であれば、朝ギリギリから
仕事をして、夕方は直ぐに
飲みに行く社長であっても、
毎日ブラブラしている
「髪結いの亭主」から
見れば、馬車馬とまでは
いかなくても、ロバぐらい
には見えてしまいます。


時間戦略を否定する人は、
仕事や人生に対して
ハッキリした
「目標を持っていない」か、
仮に持っていたとしても
「目標のレベルが低すぎる」
のです。

これを隠すために、表現を
変えて「時間戦略は問題だ」
と、問題をスリ替えている
だけに過ぎないのです。

つまり、本当に問題にすべき
は、その社長の人生目標が
どのレベルにあるか、
そして、その目標は本当に
納得できるものであるか、
と言うことにあるのです。


*若干「社長向け」に変更を。
 (そうなれば、最後の問題に
  すべきことに無知という
  のも追加されるかも)


大本は竹田先生の著書
利益時間戦略』なので、
その著書1983年に出版。

CIMG8053













やはり古いな〜っと思いきや、
1990年にフランス映画で
Le Mari de la coiffeuse
 /髪結いの亭主」(との邦題)
が上映されてました。
日本では翌年の上映

dandad















セザール賞に7部門ノミネート
されたとかで〜有名だった?
この言葉だけでなく、
映画も知りませんでした(恥)

しかし・・・




この予告編を見ただけで
ですが、私には良さ(?)
が全く解りません。

ともかく、物理的な
ランチェスター」とは
対極にあるのだろうと
スルーしておきます。
(失礼)

ちなみに、


◆髪結い

江戸時代から明治にかけての
理髪業に従事する人を総称する
言葉で、現代の理容師のこと。

男性の髪を手がける男の髪結いで
「髪結い床」という自分の店を
持つものは床屋とも呼ばれたが、
女性の髪を手がける女髪結いは
遊廓(遊女は上得意だった)や
顧客の家を訪問していた・・・


・・・江戸時代には
女性の専門職は、髪結いか
産婆などに限られていたため、
妻の収入で楽な暮らしをする
亭主を指す「髪結いの亭主」
という言い回しが生まれた。

ただし、実際に亭主が髪結いを
行っているところもあった。


Wikipediaより


もっと、ちなみに、
都道府県別「髪結いの亭主」
とかまでありました。




トップは鳥取県!?
どうりで・・・