*私のクセで、このブログ
 つい超!長文になってしまう
 反省の意味も込めて。
(&昨日の仕返しも込め)

5f6ba330












竹田先生がご自身の
「物知り」をPRしたかった
のようなナルシスト的(?)
未だ問題作の教材CD
竹田陽一の経営随筆集』。

IMG_6111












旧版『時間戦略』ビデオテープ
教材のスタート画面で露呈した
飛行機好きの竹田先生。

それが、この『随筆集』では
単に映像で示すだけでなく、
その膨大な知識量を文章で
表現し尽くしています。
(長すぎるので一部分)


第4章 帰納法の限界と成功体験

◆帰納法の応用とその限界


・・・では、飛行機の
開発を例にして説明しよう。

DSC05520














古代ギリシャの
イカロスは・・・(短め)

イタリアの天才
レオナルド・ダヴィンチ
(1452年〜1519年)
は・・・(長め)

日本では愛媛県出身の
二宮忠八が・・・(短め)
(1866年〜1936年)

ドイツの機械製作者
オットー・リリエンタール
(1848年〜1896年)
は・・・(短め)

ライト兄弟は、
リリエンタールが
書いた雑誌の・・・(短め)

eda9e9d1














実際に飛行機を飛ばすには、
大事な原則がいくつかある。

その1番目は、機体を
上に浮かせる揚力に
なり・・・(長々)


飛行に欠かせない2番目は、
前に進むための推進力に
なり・・・(長々)

・・・それは風切羽に
なり・・・(長々)


・・・つまり、鳥とは
全く異なる「数学者」が
空気力学に加わって
初めて飛行理論が完成
して・・・(益々長々)

*本文中に↑写真や↓さし絵は
 ありませんが、文章だけだと
 映えないので貼り付けました。
(しかし、よけいに映えない?)

c2a026de














*ちなみに、同じ章の少し前にも
 「飛行機」に関するかなり難しい
 話しが随所で登場してます。
 (しかも間違っている


テキストだと6ページほど
費やしての説明です。
スペース的に余裕があるから
長々・・・長々・・・と
なるのは私も同じかも。
独断と偏見の賜物?)

DSC05089




















その「飛行機の開発」に関する
話題、テーマは異なりますが、
同じ人が原稿を書いたのか?
と疑いたくなるほどの
説明文を見つけました。


◆科学的問題解決法
ランチェスター経営戦略


人は大昔から空を飛んでみたい
という夢を持っていました。

中でもレオナルド・ダ・ヴィンチ
(1452年〜1519年)は、
かなり深く研究し、
飛行機の設計図を残している。
もちろん実際に飛行機を
作って飛ばしている。

ドイツの研究者
リリエンタールも
空を飛びたいという夢を持ち、
実際に飛行実験を続けている。

しかし、実験の途中、
横風を受けて墜落し、
死亡しています。

ダ・ビィンチも
リリエンタールも・・・




*続きはWebで。



既に、コンテンツ提供も停止
されているコラムでしたが、
スペース的に制限があると
コンパクトにまとめて
説明しようと努力する分、
解りやすくなるのかも。

692f2381[1]












蛇足ながら、先ほど触れた
『随筆集』第4章の最後
「まとめ」の文章を少し
加筆してご紹介して、
終わりたいと思います。
以前にもご紹介済


◆帰納法の限界と成功体験
(過去の成功体験を捨てよ)


まとめ

・・・45歳を過ぎると
過去の経験が多くなり、
50歳を過ぎると過去の
経験がもっと多くなり、
さらに60歳になると
いよいよ過去の経験が
多くなり・・・

*私のように80歳を
 過ぎると、鍵を持ち忘れ
 外出してしまい・・・?
 (後述★)

・・・これに対して
60歳を過ぎると
将来に対する目標が
大幅に減少するので、
人と話しをしたり、
従業員と話しをする時は
過去の話、つまり昔話が
多くなります。

「私が若い頃には・・・」
「今の若い者は・・・」

という話しが多くなったら、
疑いなく、このパターン
になるでしょう。

これに対して、
35歳以下の人は、
過去の経験よりも
将来の方が長いですから、
35歳以下の人は当然、
未来思考で物事を考えます。

こういう人に対して
社長が昔話を多くしたの
では誰だってヤル気を
失ってしまいます。

このような事情から
社長は昔の話を少なくし、
今から何をするのか、
将来の話を多くするように
心掛けるべきでしょう。




★しかし、私のように
 常日頃から将来のこと
 ばかり考えると、つい
 直近の重要な物(鍵)を
 すっかり忘れ行動するので、
 逆に用心せねばいけません。


ともかく、周りを振り回さぬ
ようお願いいたします。

haihai












もしや、そろそろ必要かも?
私の意見ではございません

*思わず長文を失礼。