元ネタ、漫画家・秋本治氏による
週刊少年ジャンプに連載されていた
こちら葛飾区亀有公園前派出所




その中で、主人公の両津勘吉
発していたんですね〜失礼。
美人だから成り立つ話」と。



そのままアニメでも↓
後に削除されるかも)




*別に「Yahoo!知恵袋」ご参照。

そんな両さんにも似た(?)
猛者もご参加いただいた
ゴールデンウイーク初日に開催、

◆トコトンまで
 「商品戦略」にこだわって学ぶ!
 【前半】「シンデレラ商品」勉強会
 (&【後半】竹田先生セミナー

*少し腰痛が改善しました。

DSC01770












シンデレラ製品コンサルタントの
深見信吾氏と、(株)プラスソフト
の代表取締役・竹花利明氏との
「シンデレラ」に関する考察を
元に、参加者を交えての
ディスカッションを実施。

DSC01771












そこで、冒頭タイトルで↑
取り上げました問い掛けも、
深見氏が柔軟に対応される
だけでなく、考察された
内容にもマッチさせて、


「・・・の意味では
 シンデレラ物語における
 フェアリー・ゴッドマザー
 (老婆の妖精)に
 我々がなれるかが
 力の見せどころで・・・」

fegodmo

















*これに時事ネタもプラス。
 (禁句)


〜とまとめていただきました。
すごく納得。
有難うございました。

DSC01784












それ以上に、参加者の中で
他社が開発した商品から
「シンデレラ」を見出して
取り扱っているとの方も。

ちょうどドラッカー先生
著書『創造する経営者』で
シンデレラ製品を取り上げた
その中の事例として紹介の
トランジスタ」と同様。

tosont








開催1カ月ほど前のブログ
で書きましたが、当社は
「シンデレラ」など関係ない
と思っていると、このような
鋭い社長様のような勉強家
(しかも、製造業ではない
 というのもポイント)
によって、コロっと・・・




まさに「企業(起業)家的柔道
であり、まさに「弱者の戦略」。

souzo1












だから今回、勉強いただいた
方は(自社内は別にして)
「シンデレラ」との考察は、
決して公言せずに、続く
セミナーで竹田先生が話した
三味線を弾くよう努めねば
でしょうか。

DSC01807












行き詰ったりすると
「結局シンデレラは顔でしょう?」
とスッとぼけるのもOK!?

*それを結婚生活にまで
 置き換える発想は微妙・・・