思わぬ「ハガキ戦術」
中心となりました
竹田先生との座談会

DSC01827












ゴールデンウイークで
博多どんたく港まつり
開催の中、ご参加を
有難うございました。
特にリアル参加者

DSC01826












ただ、そのリアル参加者で
ココにお越しになることを
言い訳として、そのまま
中洲に消えていく方も
チラホラ(毎度のこと?)

81CZLmh5hbL













それと同様か、それ以上に
かなりの期間、竹田先生
ハガキ本教材で勉強されて
いるのに、質疑応答の時、


「・・・に対しては
 どうしてもハガキが
 書けません」



「私(社長)は徹底して
 ハガキを書いていますが、
 ルート営業の社員は、
 毎日お客のところに
 行ってるから・・・」



「不特定多数のお客さん
 中心で、ハガキまで・・・」


〜との言い訳がチラホラ。

DSC01841












その逆に、参加者の中には
年間6000通の定期コミで
ハガキを出し続けている、
私以上の強者(バケモノ)も
いらっしゃいました・驚!
たぶん、その都度コミの
ハガキなど合わせると
1万通くらいになるかと
・・・驚異的です(失礼)

ただ、個人事業者でもあった
ので速攻で、竹田先生から
「減らすよう」ご指導。

DSC01847












その方へのご指導と同様、
先の通り、いろいろ障害が
あってハガキが書けていない
各社・各参加者に対しては、
竹田先生から、それぞれに
合った「言いがかり」を
ご提示いただいてました。

視線を変えれば、
いろいろ出てくるんです。

DSC01836












出来ない「言い訳」はダメで、
出来るような「言いがかり」を
考えるよう心掛けましょう。

*現代、最狂の「言いがかり」は
 ヴァロージャさんかと。

私も今回で「切手代」に
ブー!ブー!!愚痴る
(これ以上の値上げあれば別)
言い訳をせぬようします。