私は積読状態が1冊でしたが、
(あ!同じ著者の別の本?)


hon1h


















◆『[新訳]大転換
 カール・ポラニー(ポランニー)氏・著
 (東洋経済新報社、2009/6/19



hon5h


















◆『暴力と不平等の人類史
 ウォルター・シャイデル氏・著
 (東洋経済新報社、2019/6/7



hon3h

















◆『21世紀の資本
 トマ・ピケティ氏・著 
 (みすず書房、2014/12/8




hon4h


















◆『「経済学」にだまされるな!
 トマ・ポルシェ氏・著
 (NHK出版、2021/12/25



hon2h


















◆『暴走する資本主義
 ロバート・ライシュ氏・著
 (東洋経済新報社、2008/6/13


単に「5冊の本」と侮るなかれ。
ほとんど分厚いハードカバーの
専門書なので、枕にするにも
硬すぎます(ご注意)

これだけの本を読もうとするより、
某オンラインセミナー(限定)
に、ご参加いただく方が
得策だと思いますが・・・

挑む士業の方あり?