年末恒例の「計画勉強会」、
その事前【ワークシート】
記入いただく際の、確認用
事前チェックシート」。

7b2eb366-s[1]










使用テキストである旧版
『戦略☆名人』DVDからの
項目を中心にチェックを
促すようお願いしてます。

引き続き一昨年末から、


竹田ビジネスモデルを再確認

4post3














・・・竹田先生のように
1つのことで25年間も
取り組んだことはあるだろうか?


*旧版『戦略☆名人』DVD
 テキストをお持ちの方は
 再確認ください。


〜に加えて、昨年末には


「戦略」の語源については
40年間も以上も探し求めた
そうで(真似はしないように)、
今回の計画内容も1年だけで
終わらせぬように。

DSC05485














*なお『戦略とは何か』CDには
 その成果が活かされてない
 のでご注意ください。 


〜とのことも足しました。

しかも、あるまじきことか
「真似しないよう」
促してます(失礼)。

DSC01580












実際、勉強会の開催当日、
この部分は一種の笑いのネタ
くらいで触れ、ご参加の
皆さんもスルーされました。
(失礼&失礼)

DSC01603












また続く(こちらも恒例)
年末「竹田先生セミナー」で、
竹田先生自身から、いわゆる
自称【竹田理論】である


1人当たりの経常利益が
 市場占有率の2乗に比例する




*今回のセミナーでは
 自称されませんでしたが。


〜との話しをされた際、


「・・・その頃、
 調査会社に勤めていた。
 ランチェスター戦略の
 話しを聞いた時、
 市場占有率の数値に
 すごく興味を持ち、
 そのまま研究を続け・・・

DSC01628













(竹田理論を発見した経緯を説明)

DSC01631













 ・・・見つけ出すのに
 12年かかった」


〜とも追加されました。

DSC01632












先の「25年」「40年」と、
この「12年」以上を足すと
「77年」も!?

いや&いや、これら足す必要は
全くありません(またまた失礼)
が、ともかく前言撤回、皆さん!
一流になりたければ
ぜひ真似してください。

人生のあらゆる成功を決める
「究極の能力」を身に付ける
ためにも真似してください。
(今回、大いなる反省)

やり抜く力 GRIT(グリット)
 アンジェラ・ダックワース・著
 (ダイヤモンド社・出版

grigritt















弾丸スケジュールの中で、
やっと読むことができた
竹田先生の推薦書。
考えながら読み進んだので、
まだ精読の途中ですが、
竹田先生の幸福感と健康は
ココから来ているかも
思えてしまいます。
究極の時間戦略かと。

速読とかして要するに
と結論だけ追い求めると、
竹田先生が推薦される
真意を掴むことが出来ず。
ランチェスター経営自体を
まどろっこしい」と
日頃から思う人は、
合わないかもですが。
(誰のこと?)



折角なので、TEDでの
著者によるスピーチも、
ご参考ください。

*これこそ「要するに」
 かも知れません(ご注意)