私が1年ほど前にブログ
話題にした、福岡市内での
シェアサイクルサービス
メルチャリ」。




その翌日(2020年4月1日)
から名称を「チャリチャリ
と変更させた上、つい最近
電動アシスト自転車の
提供も開始したとか。

そう言えば〜っと思って
スマホのアプリを見ると、
いつの間にか、その名称が
「チャリチャリ」と変更
していたのも気づかず。
(使ってない証拠)

merumeca












そんな中、先日開催の
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』応用編に
リアル参加でお越しの方が、


「伊佐さん!今日は、
 チャリチャリで来ました。
 あんな便利な乗り物が
 あったとは〜驚きです。
 今後も仕事で使います」


〜と、かなり興奮気味で
話してくださいました。

残念ながら、電動アシスト
タイプでは無かったよう
でしたが、もともと
体力が有り余っている
後継社長様ですから、
特別に一輪車タイプとか
でも大丈夫だろうと。
(心の中で叫ぶ?)

chacha2









その興奮が冷めやらぬまま
参加者による近況報告でも
「チャリチャリに乗ってきた」
ことを、その後継社長様は
話されました。

しかし、今回の参加者、
このリアル参加の方以外は、
福岡県外も含めて地方の
田舎都市からZOOM参加。
特に30代の若い方々は
ZOOM越し(前回同様
ポカ〜ンとした「?」顔。
思わず私が追加説明を。

県外の方は、そこが観光地
ですから「シェアサイクル」
より「レンタサイクル」との
名称の方が解りやすかった
かも知れません。

*でも、微妙に異なります

kitakk

ffukuo

chikuh

kurur


片や同じ福岡県内でも、
最強のナンバー(プレート)
圏内の地域においては、
店先に置いてる自転車は
全て「俺の物」状態で
勝手に乗り逃げも常態化。
「シェアサイクル」でも
「レンタサイクル」でも
しようものなら、1台も
戻ってこない?(失礼)

福岡県全体が「修羅の国
なので仕方ないかも?

*また、危険な事件が・・・
 勃発したのは福岡県内でなく
 乗り物内でしたが(タブー)