少し前のブログでご紹介した
竹田先生が自費出版された
『戦略とは何か』の本。
(2015年末に発売)


◆『戦略とは何か』の本

2015年3月12日から
8月3日まで半年間にわたり、
毎週月・木曜日の計41回、
弊社メルマガとして配信したもの
ランチェスター経営通信)を、
1冊の本にまとめました。

この中で、アメリカの
コンサルタント11人、
日本のコンサルタント31人の
戦略の定義を紹介しています。
(第1章と第2章)

第3章では、
ランチェスター法則を応用した
「強者の戦略と弱者の戦略」の
論理と、社長がとるべき
戦略について説明しています。

戦略を担当する社長さんは、
必ず備えておくべき本です。

75c3861a














A-5版 118ページ
定価1,600円(税込、送料込)


*ご注意ください。
 「戦略とは何か」は
 書店では買えません
 との注記もあります。


この内容に関して、最近
竹田先生が話される中で、
チョコチョコ出てくる
内容を総合させると、


*その1

「元々、軍事用語だった
 【戦略】が、いつ頃から
 経営に使われだしたか
 調べていくうちに、
 当初(1960年頃)は
 経営での【戦略】に関して
 意味が確立されてなくて
 ほとんどの本で著者が
 文学的な表現でゴマかして
 あやふやにしていた」


確かに、言われてみれば、
あのドラッカー先生の本に
関しても、そんな辛口な
解説(評価)です。




その上で、
(本来は続きの文章です)


*その2

「そんな文学的な表現の本が
 はびこっていた中で
 ちゃんと本来的な意味を
 整理せねばと思った」


その整理が、1年前に
同タイトルで発売した
CD教材では不完全だった
ので(単なる列挙だけに)、
自費出版に到ったようです。

*竹田先生の「その1」に
 関して知りたい方は
 CD教材でOKかも。
(あやふや感しか残らず)

DSC05485












それでも、あまりに反響が
無く、のぞき穴くらいしか
開かなかったかもです。

「知る人ぞ知る」本に・・・

senmou4




















・・・だから貴重です。
しかも、注文しずらいし

*ランチェスター経営(株)直の
 申込用紙(案内PDF)です。