先週の連休初日に開催した
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』実践編。

DSC01470












今回『新ビジネスモデル』が
テーマで復習のような内容。
1位主義の経営の目的から
戦闘まで実行する手順通りに、
今まで学んだポイントを
大枠で一通り着眼大局的
に言及していきます。

4post3












参加者は、起業されて
既に20年超も経っており、
取り扱う商品は時々で変化
させ展開されてきていますが、
一貫して店舗中心です。

特に途中、時代を先取った
商品に切り替えた当時は、
お店を出せば勝手にドンドン
お客さんが集まり繁盛した
経験もされたとか。
まさにブルーオーシャン
状態だったようです。
(羨ましい・・・)

それで、多店舗展開で目標を
設定され、パート・アルバイト
を総動員しての組織運営で、
一気に重装備。

DSC01472DSC01473







それが、ある時期から
展開する各店舗近くに、
上場企業が業種転換して
同じ以上の面積&駐車場を
構えた店舗で進出を。
いつの間にか店舗周囲を
取り囲まれてしまったと。

以前と同様にお客は来るの
ですが、徐々に売上だけが
伸び悩みでいったとか。
もちろん利益性は大幅ダウン。

DSC01469DSC01471







ただ、勉強熱心でもあり、
当初から各業界内での
情報収集やノウハウ収集を
目的で、いろいろな勉強会に
参加されていたそうですが、
それだけでは何も解決の
糸口がつかめなかったとか。

そして、その頃から
本格的に経営戦略に関する
勉強をせねば〜に至ったと。

DSC01468












今回、勉強された内容から、
そんな自社の沿革を
思い出されたようでした。

まさに、いつもご紹介する
戦略体質とは何か」にも
重複することでしょうか。
(折角なので引用)


7.戦略体質とは何か

・・・戦国時代の名将、
武田信玄が家臣たちと
交わした雑談を記録した
とされる「甲陽軍鑑」。

その中で、下記の言葉に
最も惹かれる。

「人間は、ただ自分がしたい
 と思ったことをせず、
 いやだと思うことを
 行っていけば、
 それぞれの身分に応じて、
 身を全うすることができる」

c02b8359


















「したくないことをする」
「いやだと思うことをする」

この行為のもつ深い意味を
熟慮した人は意外に少ない。

実際、実行してみると、
その行為から思わぬ局面の
打開ができ、新しい展開、
予期せぬ幸運が訪れること
を実感したからだ。

*ここで、関ヶ原の戦いでの
 薩摩の島津義弘による、
 「敵中突破の退却」を
 事例に説明されてます。
 
・・・このような攻めの心を
もって、日々の仕事に立ち
向かうのが戦略体質である。


*『弱者の戦略・強者の戦略
 著者・武岡淳彦氏PHP)より


追加で、竹田先生の古い
講演テキスト「商品戦略」
からも一部引用です。


経営に唯我独尊は有り得ません

IMG_4310














唯我独尊の生活が出来る人間が、
唯我独尊が出来ない経営をする
ために、この2つが入り交じって、
経営をダメにする。


ですが、ブルーオーシャン状態を
やはり羨ましく思えるのは、
人の性?(これが欲望かと)

umeiwa














欲望を抑えるなどは、江戸時代
からの「商人道」の祖となる
石田梅岩先生を学ばねば〜
とのことで、8月7日(土)
【前半】勉強会に乞うご期待!