リアル開催で落ち着きました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾』。

DSC01465












今回から実践編となります。
まだまだインプットすべき
新たな知識もありますが、
大枠で今まで学んだ知識など
再確認する内容となります。

その再確認の再確認として、
今までのリアル開催『社長塾』
なら、ミニ・テスト(その2)
を実施していました。
今回、参加者が急な出張もあり、
終わりの時刻が限られてます。
急な出張で焦る参加者に
安心していただくため、


「では、次回にしましょう」


〜と、滅多にテストの予告など
しない私からのサプライズ?
(ちゃんと聞き逃さず
 だったかは不明ですが)

blackki











ではなくて、それよりも若干、
参加者が今まで開催の各回、
早とちりされていた点を、
早々にご購入いただいた
あの「黒い小冊子」で
チェックしていきました。
やはり、復習や再確認には
最適・最強なツールです。

参加者は、この『社長塾』に
ご参加と同時に、先に購入済
ランチェスター経営(株)
教材DVDを少しずつ開封。
もちろん、それだけではなく
ほぼ毎日、時間を作って
少しずつ鑑賞されていると。

DSC01463












そんな中で、このブログで
よく触れているように、
そんな教材や竹田先生の書籍
だけで自己学習している人が
早とちりしやすい点として、
商品の差別化から考える

竹田ビジネスモデルで(縦の)
トップに商品戦略が位置する
ことでも陥りやすい点です。
これは当初の段階から痛いほど
繰り返しご説明していたので
大丈夫だったよう〜一安心。

4post3












これと別で、先ほどと同様に
竹田ビジネスモデルでも
横の実行手順でも早とちり
してしまうと陥りやすい点。
決して「願望開発」から
スタートするとかではない
との点は、初歩の初歩なので
大丈夫かと思われます。

しかし、つい「手順」であり、
また特に最高峰の教材である
戦略☆名人』だからこそ
その説明の順序で勘違い
しやすいかもです。

DSC00403












この点は案外、教材DVD
独立起業の成功戦略』で
勉強した方が間違われずに
済むのかもしれません。
そんな要素も含めて、
チェックしていきました。

s312[1]











すると、やおらカバンから
「黒い小冊子」の何倍かの
大きさある、ハードカバー版
「某・業界データベース」
を取り出して、


「ココで勉強した後は、
 学んだ点を再確認する上で、
 このデータベースを
 直ぐ見返すようしました」


さすが、抜かりありません。
失礼いたしました。

そのお陰もあり、制限時間
通り終了できました。
でも、重たそう・・・