比較研究の手法(比較法)】

 この比較法とは2つ、または
 2つ以上の事物を比べ合わせて、
 その異同、一般法則などを
 考察し極める研究方法。
 
 言語学で開発され、文化人類学や
 社会学の領域で発達した手法。

IMG_5455a














*『吾輩は猫である夏目漱石・著
  第七話より引用で・・・
 「夫だからさ、それが
  六づかしい問題なんだよ、
  比較研究と云ふんだ」とあり。

summne













  このように言語学などでは
  昔から知られていたとか
  言われても、竹田先生と同様
  文芸書を読まない私には
  チンプンカンプンです。  


この比較研究の手法は、以前
学問の世界で「比較文化学」など
と、ブログでも触れてました
ちょうど、発起直後
竹田ランチェスター研究会
としての初の発表でした。

IMG_5453












その時は、


「以前に別の分野で
 対極にある内容を勉強すると
 もとの内容が明確になった。




 ・・・そのように、
 ランチェスターに関しても
 双方を学んだからこそ
 それぞれの良さを比較して、
 際立って実感できてます」


〜と、ご説明されていたので、
「比較ランチェスター」論
とのタイトル記事にしました。

IMG_5454












この点をより反映させたのが
双方のランチェスターが学べる
ランチェスター経営ジム
経営実践ジム福岡』&
福岡『戦略社長塾』です。

それぞれの受講者からは、
(いくつかまとめて)


「ココで双方を学んだことで
 それぞれの違いを知ると、
 大手ライバル会社でも
 どちらの理論をベースに
 戦略を実践しているか
 が手に取るように
 掴むことができます。

 たとえ、その戦略が
 それぞれゴチャゴチャ
 であっても尚更、
 『不理解だなぁ〜』
 と把握できて、
 いろいろ手が打てます。
 非常に有難いです」




昨日のブログでもご紹介の
 「不理解」なケースです。


〜との、多くの言葉を
いつもいただいてます。

そんな違いを知ることが
大切かと思いましたが、
先月末に開催しました
研究報告(勉強会)での
発表は、それだけでは
ありませんでした。

DSC01414












もちろん、後にセミナー
講師が控えいたので、


「より深く・・・理解する」↑


〜としておかないと、建前上
大問題となった(?)で
しょうが、それだけでもなく
直接のご説明から、今一歩
深く読み取ったのは、


「竹田先生の考え方や
 その生き様を知ることで、
 中小企業のおける
 『弱者の戦略』実践事例
 として、多くを学び取る
 ことが出来る。

S1410009











 もちろん『弱者の戦略』
 の生き字引であるが、
 生きる『弱者の戦略』
 実践者でもある」


だから、竹田先生の
いつまでもお元気な姿を
見るのがセミナー参加目的
研究目的?)なのです。

DSC01444












ともかく、そんな実践事例
を研究し続けている間は、
業界平均の2〜3倍近い
1人当たりの粗利益額&
純利益では10〜20倍ほど
を維持する、ニッチ市場の
小さな1位企業」しかも
4年間売上がゼロでも潰れない
(今年度の決算で1年のびた?)
(株)プラスソフトかと。

恐るべし、竹花利明社長様
(驚く私?)

DSC01416












*なお、竹田先生ご自身は、
 「追っかけ」されるのを
 嫌いますので〜ご注意。