中小企業の社員で、割と多く
見受けられることですが、


「いつも社長ばかり、
 イイ目を受けて!」


〜との陰口を言い出して後、
その会社を辞めていく人。

そんな人の中には、それが
癖なのか、そんな離職ばかり
で転職を繰り返していく。
大手企業などと違って、
転勤などの人事異動が無い
中小企業ならではかと。

この原因の1つとしては、
そんな人は戦略の解らない
ことにもあるのでしょう。

4post1












その上、商品の戦術面しか
解らない人が、ある意味で
同じことを繰り返すことも
あり得るかも知れません。
その技術が卓越しておれば
「職人」としての社長で
生き残るでしょうが、
その技術が伝承されるか
微妙な点でもあります。

まさに(以前から触れる
社長の寿命が会社の寿命

part3_09_210[1]










これは、ランチェスター経営
旧版『組織戦略』DVDからの


◆チーム型組織

(途中は飛ばして)


社長がこけると皆こける


〜とは似て非なる組織。
ただ重複する場合も多い。

根本的に、戦略が解らない
ことに原因があるのかと。
堂々巡り。




*ただ、普通は「社長が仕事以外で
 時間を費やす時に、従業員が
 最大限の力を発揮することは無い
 ので、最初の教育や環境が
 悪かったんでしょうね。
 (最初の社長が原因)