以前にも取り上げましたが、

*その時は、1位を目指すならば
 「小さな1位企業」から学ぼう
 (失敗から学ぶ!勉強会

改めて別枠で取り上げます。

7b2eb366-s[1]











ランチェスター経営(株)
旧版『戦略☆名人』DVDから
「社長は強い願望を持て」と、
「差別化対策の実行」とから、
(解りやすい前者から引用)


◆1位のある異業種の社長と交流する


小さな経営力で1位になるには
長い年月が必要になるので、
強い忍耐力と、創意工夫が
必要になる。成功者の話が
続ける勇気を生む・・・



経営規模が小さな会社の社長は
弱気にならないで、積極的な
心構えで1位作りに取り組むべき。

・1位の商品を自分で作った人
・1位の地域を自分の努力で作った人
・新しい営業のやり方を
 自分工夫で考え出した人
 (本文中は全て過去完了)

こんな人と交流すると熱意がもらえる。


しかし、今はコロナ禍だから
「1位を目指す」云々よりも、
どのようにピンチをチャンスに
転換させるか、その発想法を
知りたい方も多いでしょう。

そうであれば、そのことも
経験された異業種の社長様と
交流して学べば良いかと。
それが重複するなら
なおのことOK!

*これが同業種の社長同士だと
 「戦術」っぽい話しに片寄る
 傾向が強いように感じます。
(それはそれで必要でしょうが)

IMG_5270












しかも&しかも、早々に
経営総点検を済ませた方なら、
そのポイントも掴めるはず。
&勇気も熱意も貰えるはず。

一石二鳥にも、三鳥にも、
五島にも(誤字?)