昨日のブログの着地点は、
 当初この内容だったのですが、
 書いていったら問題となり
 そうな方向に・・・(失礼)

一昨年の11月末頃
ランチェスター経営(株)
業種別教材・第2弾として
第1弾はコチラ
『居酒屋の経営戦略』CD
の案内文が完成しました。

IMG_4728












販売は12月に入ってでしたが、
その前に予約受付します〜と
ランチェスター経営メルマガ
告知されました。
(加筆・一部を伏字で引用)


★居酒屋の経営戦略CD完成。予約受付中!


ランチェスター経営通信

ランチェスター法則による
居酒屋の経営戦略CD完成。予約受付中

5月のある日、◆◆県で焼肉店を
経営している▲▲という人から、
「経営戦略を勉強したいので
 カタログを送って欲しい」
というメールが入りました。

すぐ小企業の経営戦略、CD20巻
定価22万円のカタログを送りました。
すると4〜5日後に
「小企業の経営戦略のCDは欲しいけど、
 経営を始めてまだ日が浅く、
 しかも店の規模も小さいので手が出ません。
 もっと安いのはありませんか」
というメールが入りました。

part3_02_210











そこで「はがきで売上を伸ばす法
CD2巻、7,700円のカタログを送った
ところ、すぐ申し込みがありました。

set012[1]











それから3カ月位したとき、
▲▲さんからはがきが届きました。
内容は、
「CD教材に従ってお客に
 お礼のはがきを出したところ、
 お客さんがとても喜んでくれ、
 再来店率が上昇しました。
 そればかりか、お客さんから
 頂きものがありました」
と、とても丁寧な字で
お礼が書かれていたのです。
戦略教材を作っている者にとって、
こんなに嬉しいことはありません。

そこで
「よし。それなら若い▲▲さんの
 経営に役立つ、本格的な
 戦略教材を作ろう」
と決め、4カ月をかけて作ったのが、
ランチェスター法則による、
居酒屋の経営戦略CD」です。

内容は、「立地条件が思わしくなく、
しかも店舗の面積も狭い」など、
競争条件が不利な弱者が、
競争力がある強い料理や
お客を多く作った1位の地域作り、
それに店舗の集客力以外に、
3つの営業方法を実行して
業績を良くする方法など、
飲食店を経営する社長に欠かせない、
「フルラインの構成」になっています。

もちろん完成品の1号は、
▲▲さんにプレゼント
することにしています。
この戦略教材は5巻構成で、
5時間33分のテキスト付です。
この教材は実によくできています。
作った本人が言うのですから
間違いありません


このCD教材の構成内容は、
次のようになっています。

第1章 飲食店業界の利益実態を知る
第2章 経営の基本原則をマスターする
第3章 戦略と戦術をマスターする
第4章 ランチェスター戦略をマスターする
第5章 弱者の経営戦略をマスターする
第6章 弱者の組織戦略と弱者の資金戦略
第7章 リーダーシップ力を高める

販売価格は、税込みで【値上前の金額】です。
(現在は既に値上してます・ご注意)
完成予定日は、12月13日です。
予約をされた方には・・・
をプレゼントします。
(もちろん、プレゼントも無し・ご注意)


弊社HPからもお申込みいただけます。



※発送は予約受付順になります。
お待たせすることもあるかと存じますが、
何卒、ご了承くださいませ。

IMG_4744














ランチェスター経営(株) 竹田陽一


この予約受付と発売開始の
メルマガの反響はイマイチ
だったようでしたが(当初)、
その直後、案内文を居酒屋
&飲食業のユーザーの方々だけ
ではなく、通常の案内DM
として発送したからか、
もしや&もしやで、


「これは、竹田先生が非関連
 の多角化をススメている」




当時のブログで注記あり。


〜と勘違いされた方が続出?
そのためなのか、予想外で
良い反応だったとか。

それに味を占めて・・・
後は想像にお任せします

ただ『居酒屋の経営戦略』の
予想外の良い反応と、その後に
関して、昨年末のセミナーで
ほぼ1年間のコロナ騒動を
振り返った竹田先生が


「・・・一念発起して、
 居酒屋のCD教材
 完成させて販売したのが、
 コロナ前で良かった。

DSC01358














 もし、数カ月ズレていたら
 在庫を山のように抱えて
 うち(当社)は大赤字よ」
 

〜と、ついつい本音を
ポロっと洩らしてました。
(そうなると、この後に続く
 業種別教材は・・・内緒)

IMG_4738





















さて『居酒屋の経営戦略』です
が、コロナ禍の自粛期間中に
夫婦仲を良くするため(?)
購入された例もありましたが、
(または、竹田先生の頭の良さ
 を奥様に実感して貰うため?)
普通は飲食業の方々が多く
ご購入いただいてます。
(先述の通り、今では「ました」)




少し広くみても食物を扱う
小売業の方々か、飲食業に
関りを持つ業種の方々くらい。
もちろん、非関連の多角化
事例で、頻繁に竹田先生が
話題にしていた鉄道会社
ご購入するなどありません。
コロナ禍で本業&多角化事業も
それどころでは無いのかと。




そんなコロナ禍になって、
メインが卸売業で、しかも
竹田先生が教材などで頻繁に
使う「業務用販売業」の方が
この教材をご購入されました。

創業社長様でもなく、まだ
事業を継承もされてません。
(3代目候補?)




関連業種ではあるから
「絶対に不可解」とは
申し上げませんが、今時
飲食業(それも居酒屋)に
業種転換はないでしょう。
たぶんお客さんを見ている
から、飲食業未経験者が
この教材を聞き勉強しても
成功するなどとは思って
いないはずです。

また、◆◆県のご出身でも
なく、当然お名前も▲▲さん
(その逆の▼▼さん)
でもありません。

なぜでしょうか?




もしや、過去に参加された
ランチェスター系のセミナーで、
飲食業を営む参加者がいない中、
その時の講師から見境も無く
実演販売を受けた記憶が、
コロナ禍の苦しい中で蘇り
ついついご注文された!?

*そんな証拠写真(?)が
 残っているから〜ビックリ↓

DSC00976












2年前年末・竹田先生セミナー
で、実演販売の一幕より↑↓

DSC00977












(結局、昨日と同じ着地点?)
これ以上書くと問題に
なりそうなので止めますが、
私はそれだけは避けようと
心掛けています。