昨日、初回を開催しました
ランチェスター法則応用の
「1位の経営計画」勉強会

DSC00904DSC00903







キャンセルなどもあって
ご参加はお一人の方。
ランチェスター経営(株)
時代から10年近く
ご参加いただいており、
(今回も有難うございました)
その当時からの経緯や
会社の成長・発展など
積もる話もあって、
開始から1時間半は
全く本題に入らず。

ただ、今までに10回も
この事前ワークシートを
書いていただいている
だけあって、残り1時間で
「計画勉強会」としての
内容は一気に終了。
さすがです。

経営計画テキスト











ただ&ただ今回は、
年末の竹田先生セミナー
「社長の実力向上計画」
の内容にも少し言及する
としてましたので、
昨日のブログで言及の)
コピーをお渡しすると、


「・・・これは
 計画書を作成しても、
 つい忘れてしまう点ですね。
 その内容を見返して
 もう一度、今回の
 計画を見直します」


〜と、本当にその場で
見直し出しましたが、
この点については途中で
時間切れとなり終了。
失礼しました。
(かなり無茶な進行)

DSC00906DSC00905







そんな中、一昨年末の
同「計画勉強会」から
解説に加えてます


予期せぬ成功と失敗を利用する。

ca19f19d














ドラッカー先生の著書
 「イノベーションと企業家精神」の 
 イノベーションの7つの機会から。


この解りやすい会社の
事例に関して。
ただ、解りやすいですが、
実際のところ、まだ不明瞭
な面もございました。

その確証を得るためにも
私から話題にしてみる
と、参加者からも、


「その通りですヨ。
 私も20数年前から
 存じ上げている社長さん
 ですが、当時から本当に
 真面目で熱心に仕事を
 されてたと記憶してます。

 しかし、何をメインに
 取り組んでいたのか
 全く解らなかった。
 いわゆる『戦略なき経営』
 そのモノで・・・

 ・・・それが今では
 行列の絶えないお店に
 早変わりですからネ」


〜とのお言葉でした。

これで、この会社が
まさに「予期せぬ成功」
を掴んだとの3人目の
証言をいただきました。
やはり「真面目なだけ
では社長は務まらない
のです(乃木将軍)。

c03703ff[1]










解りやすい事例なので、
明日の「計画勉強会」以降
でも、この話をご紹介して
いこうと思ってます。
乞うご期待を。

*皆さんがご存じない
 事例かも・・・苦笑
 九州の人なら大丈夫?