毎年末の竹田先生セミナー
近づいてきて、そろそろ
打ち合わせをしようにも、
竹田先生新教材CD
居酒屋の経営戦略』で
頭が目一杯の状態なので
もうしばらく聞く耳も無し。

経営計画テキスト










そんな中、今回のセミナー
案内を作成する際に、参考と
した↑歴代の竹田先生の
「経営計画」講演テキスト。
その中から、



戦略の研究日を強制的に作る

・・・セミナーで話されるのは、
断片的で、しかも一貫性がない。
セミナーで聞いたものだけを
経営に応用して成果を出す
には、時間をかけて整理し
直す必要がある。

特に経営は二律背反に
なっている要素が多いので、
セミナーで聞いた後
何かをしようとする場合、
仮に実行するとしたら
(今の)周辺の仕事で

「どのような
 問題点が出るか?」

について、いろんな
角度からジックリと
考えておく必要がある。
これを何回も繰り返すと
徐々に問題点が整理され、
やがて本質が掴めるよう
になる(本質観取?)

もし、こうした思索をせず、
単に良さそうだからと
「良いとこ取り」
の方法を実行すると、
反作用によってアチコチで
混乱が生じ、結局
上手くいかなくなる。

経営に必殺隠しワザはない。


この通りなんです。

セミナーや勉強会で
聞きかじった流行りの
商品・ノウハウなどを
つい鵜呑みにしてしまい
(ココでは「良いとこ取り」)
大変な目に合ったような
話もチラホラ・・・

DSC09923












でも、こんな話しを
セミナーでするのも
如何なんでしょうか。
思わぬシッペ返しとか
ありそう・・・(痛?)

DSC09924DSC09905







別途、以前にもご紹介の
セミナーレクリエーション
に通じた、この内容も、
竹田先生なら許される?
であれば、今年末も
是非お願いしましょう!