既に先週となりました
ランチェスター経営ジム
戦略社長塾実践編
その個別開催から。

DSC00085DSC00086







今回のテーマは
『新ビジネスモデル』で
復習のような内容です。

中でも前回(実践編 
『勝てる局面をつくる』
でも説明されていた
自社の立ち位置(局面
において「強者の戦略
と「弱者の戦略」と
使い分けるのと同様に
局面において自社と
競争相手とが、強者か
弱者か、会社の規模だけ
で決めるモノではないと。

よって、中小企業だから
「弱者の戦略」、大企業
だから「強者の戦略」と
の決定など間違いだと。

DSC00087












ここをよく勘違いする
竹田ランチェスター経営
信者も多いのですが、
ランチェスター経営(株)
「戦略★社長」DVD
ランチェスター法則を
説明する中から、
(一部を要約して抜粋)


ランチェスター法則
応用から、2つの
戦略が生まれた。

ゞ者の戦略

⊆綣圓寮鑪

part2_12_200











これは、従業員の
多い少ないに関係ない。
日産マツダも弱者に。

業歴も関係ない。
社長の資産も関係ない。

もちろん学歴も一切
関係ない・・・


〜ともあり、この逆も
また真なりとのことを
頭に置いておかないと、
小さな会社でも思わぬ
強い競争相手と化して
しまうことも有り得ます。
双方のランチェスター
学ぶ必要性は、こんな
面でも解るはずです。
(通常は狂者の戦略が多々)

DSC00084













ただ、この考え方で
肝になることは徹底
した情報収集です


「情報なくして目標なし」
情報なくして戦略なし

56f5dd8f[1]














しかし、参加者からは


先日、話したように
竹田先生がYoutube
 早解り・経営計画の立て方
 で、オススメしていた
 『小企業の経営計画CD
 を今、何度も&何度も
 聞いているところです。

soukeieikeikakubig










 その中でも同様に
 『競争相手の情報収集
  に努めましょう』
 とあったのですが、
 具体的にどうすれば
 良いのか・・・?」


確かに競争相手のことを
今まで意識されなかった
方にとっては疑問だらけ
なのかも知れません。

ただ業種業態によって
競合情報の収集方法は
全く異なるでしょうが、
竹田先生が前職の
東京商工リサーチ時代
からお世話になっている
会社の古株営業部長さん
が、以前の以前に


竹田先生が当時
 ・・・までして
 情報収集するように
 研修で言われてた。
 サスガと思った」


〜と教えて貰ったことを
ご紹介しました。

そこまで徹底するのかと
参加者は驚かれてました
が・・・

DSC00089DSC00088







先日のブログで、

少しばかりのお金と
時間を出し惜しみ、
経営戦略の研究を
していない社長が
少なからずいる・・・
何とも愚かなことか

7982b550















〜とご紹介した
竹田先生が書かれた本
社長の力を三倍高める法
から再度、途中にあった
孫子の方法からの言葉を
抜粋すると、


定石とは「勝ち方のルール」

(途中省略)

孫子は2500年前に

「戦いに敗れたら
 国を取られてしまう
 ばかりか、一族は皆殺し
 にされて全てを失う。
 それから考えると、
 敵の情報を集めたり
 勝ち方の研究をする
 ために大金を使っても、
 決して惜しくないはずだ。

 しかし、多くの人は
 少しばかりの金を
 出し惜しみ、戦いに
 敗れて全てを失っている
 のは、何とも愚かなことか」

という意味のことを
言っている。

9666c9ba[1]













孫子【用間篇】
 「爵禄(しゃくろく)
  百金を愛(おし)みて
  敵の情を知らざる者は
  不仁の至りなり・・・」


以下は、(先に触れた
本文で続く解釈とは別に、
もう一方の解釈を続けると、


経営も同じで、少しばかり
のお金と時間を出し惜しみ、
競争相手の情報を集めず、
その対策もしていない
社長が少なからずいる・・・


この点が気になる方は
令和元年の5月から開催
ランチェスター経営ジム
「戦略社長塾」福岡
是非ご参加を!

お待ち申し上げます。