コレは、前々から
何度かご紹介してます

part3_01_200[1]









ランチェスター経営(株)
『戦略☆名人』DVD
「第6章 差別化戦略」より、


第6章 差別化戦略
2.差別化対策の実行
【差別化対策の進め方】

1.社長が「できる」「やれる」と、
  積極的な心構えを持つ。


2.強い会社の社長と会わない。
  番外弱者は同業者と付き合わない
  同業者が集まるパーティに行かない。


3.業績が良い
  他業界の社長と交流する


4.「我々業界はこうだ
  「我々業界は特殊だ」に
  対しては、簡単に迎合しない。


5.戦略教材を買い
  原則をしっかり研究する。
 (原理・原則=既に解決済みの知識)


6.「こうでは?」と思ったら、
  すぐ試す。やってみる。
  (スピード重視の軽装備

7b2eb366-s[1]











つまり、実際に差別化するには
八方美人的な人ではダメで、
少し性格が変わった人の
方が上手くいく。 

ただし「過ぎたるは足らざるに
及ばざるがごとし」で、
変わりすぎてもダメ。


〜とのことで、以前から
差別化に必要な創造性や
独創性は「変人有利
として触れてました。

8pbj
















なお、八方美人は元々
悪い意味ではないようで、


八方美人

(どこから見ても
 難点のない美人の意から)

誰に対しても
如才なく振る舞うこと。
また、その人。
非難の気持ちを込めて
用いることが多い。


ただ、そうではないような
性格が温厚で真面目な人
にとっては、差別化に
取り込むのは少々無理が
あるのでしょうか

DSC00027DSC00026







事実、今月に開催した
経営実践ジム福岡」でも、
そんな人の傾向として
仕事を頼まれれば
断れずに請け負うと。
八方美人的です。

DSC00021DSC00024







では、そんな人は、
どうすれば良いのでしょうか?

コレに関しては、同じ
「戦略☆名人」CD版では
少し続きが・・・

new1








・・・と言っても、先の
【差別化対策の進め方】
と途中までは重複して、
原則を研究することと。
やはり勉強は必要です。

さらに続いて、自らで
差別化の事例を集めたり
そんな人に会うことと。
能動的な行動が必要。
(だから今秋も「あいち」へ!)

IMG_4371












ただし、弱者の会社で
あっても既にある局面で
強者の立場である場合は
どうなんでしょうか?

コレには、正しく
差別化の物的証拠
1人当たりの利益
チェックすべきだと。
(特にDVD版より)

ac4c459e[1]












チェックをして「正しい」
と判断できれば、自分の
会社に価格決定権が出て、
より業績が良くなると。
ようやく、一方美人な
立場となるのでしょう。

8pfbj












逆に「間違い」と解れば
まだまだブス・・・