昨日のブログで触れた
ようなことがありました
ので・・・

DSC00018












早速、先日に別件でお越し
になったお二人の社長様に
旧版「財務戦略」DVD
鑑賞いただきました。
(電撃的に)

part3_10_210[1]

もちろん、ご覧いただいたのは
経理の専門家に対する考え方

お二人の社長様とも、
大丈夫そうな反応でした。
顧問税理士さんにとって
一安心&二安心かと。

DSC00019DSC00016







コレだけでなく、少し戻って
竹田先生による超!辛口な
過剰納税」も鑑賞を。



【1〜3%の過剰納税】

何年かに1回はやってくる
税務調査の時、経費の一部が
否認されると過少申告で
罰則が適用される。

そのために、経理係は
ビクビクして、必要以上に
精度を高めようとする。

しかし、必要以上に
精度を高めれば高めるだけ
コスト高になり、利益性が
低下することになる。
仕組みが重装備となる。

DSC00012













どんな仕事も一定の誤差が
必ず発生するように、
税務調査でも必ず
一定の否認が発生する。

そこで誤差を見越して、
その損害保険として
1〜3%多く納税するとよい。

・1000万円なら
 10〜30万円税金を多く

・200万円なら
 3〜6万円多く納税する。

こうしておけば調査でも安心する。


中小企業の大半は、年間の
経常利益が500万円以下に
なっているので、1〜3%の
過剰に納税しても(5〜15万円)
大したことはない。


これには、お二人とも
何とも言えない微妙な
反応をせざるえない状況
でした(刺激的すぎ?)。

DSC00011DSC00017







ただ逆に、これまた
顧問税理士さんにとって
一安心&二安心かも。