昨日のブログ記事で、
ランチェスター経営(株)
教材から、「組織戦略」の
CD版と、昨年に改訂の
DVD版との両方とを
取り上げました。

CIMG1529

勉強される方の好みや
その環境などあるので、
どちらが&どうだとか
私から申し上げることは
控えていますが、手元の
それぞれテキストを比較
すると、詳しく説明されて
いるのは収録時間も1時間
長いCD版の方です。

IMG_4255















今まで、CD版&DVD版
と、どちらも揃っている
フルライン教材では全て
制作されたのが古かった
DVD版が、巻数も多く
収録時間も長かったです。

その後、「顧客戦略」から
始まった一連のDVD版
の改訂があったことで、
営業戦略」以外は、
ほぼ同じくらいの長さに。
また、先の「組織戦略」と
同じく「地域戦略」や
実行戦略時間戦略)」
の3教材はCD版の方が
1時間ほど長くなりました。
(詳しくはコチラご参照

DSC09754












そんな内訳に触れつつ、
昨年末くらいの記事
紹介した改訂版DVD
社長のリーダーシップ

この時、まだテキストが
完成していませんでした
ので「ながら見」中心。


7.公私混同をしない

DSC09760













社長の人間的評価が一番
低下するのが公私混同。
これが判明すると社員から
尊敬されません。


〜との画面で、ボ〜っと
何か考えながら(失礼)
竹田先生が説明していく
口調で、我に返って
画面もガン見をして、
表記したのが、


ゞ眩の公私混同

・・・社長が個人で負担
すべき支出を、会社の
経費で落としながら
会社内ではガンガンと

「コストカットだ!」

gongon
















「コストカットが大事だ!」

〜と強く言っていると、
社員は白けてしまったり、
反発して・・・


これは、私の「考えていた
こと」と、竹田先生が説明
される口調と間とが絡み
合って気付きを得たの
かも知れません。

DSC02020

この「公私混同をしない」
の部分は、後述にもあるよう
に、CD版の方が詳しく
説明されています。

しかし、その部分について
以前から触れている


仕事ができる人から会社を
辞める最も多い理由は
社長の人格のなさ
に失望するとき。


〜との中小企業ならでは
な結末くらいしか頭に
入ってきませんでした。

また後日ご紹介している

◆日本では、上に立つ人
  ほどルールを正しく
  守らなければならない



日本人の人に対する価値規範
で中心になっているのは
儒教です。

儒教では、上に立つ人ほど
ルールを正しく守らなければ
ならないとしているので、
社長は自分を例外にしないよう
に注意しなければなりません。


〜とのことも、全く
気付かず終いでした。

kouks












このように私の場合、
CD版とDVD版との
(同じ)教材を比較すると、
新たな知識を習得する
にはCD版かもですが、
新たな気付きを得るのは
DVD版かも知れません。

ただ、間が合えばですが・・・

DSC09761












いや〜もしかすると、
以前からも触れる
言霊(ことだま)かも?