先週に開催しました
経営実践ジム福岡」【前半】
ようやく腰痛も癒えて
復活で早々のお越しの方。

DSC09931












お休み明けに戻って
ビックリされていたのが


「社長の私が
 不在だった方が、
 新規のお客さんも
 増えて、業務も
 順調だったようです」


〜とのことで、そんな
思わぬ好業績を背景に
新たな課題が発生!?

この件については、
私も前々職時代から
(もちろん前職でも
少し聞き知った情報が
ありましたが、それより
【後半】で諸先輩社長様に
お尋ねすることとしました。
若干の先送りを。

DSC09929DSC09928







ただ、その課題に対する
「思い」が願望なのか、
単なる欲望なのかを
チェックするために、
「戦略☆名人」DVDから
「弱者の戦略ルール」を
鑑賞していきました。
昨年末にも触れました


◇弱者の戦略ルール
  (これは↑章のタイトル)

・弱者の戦略の根拠

・劣勢軍の戦略概念

DSC02873














↓ここから【弱者の経営戦略ルール】
 
1.経営の目的を1位作りにする★
  
2.社長は強い願望を持つ◆
  
3.社長は向上心を高める◆

4.競争目標と攻撃目標の分離
  
5.差別化対策の実行
  
6.小規模1位主義・部分1位主義
  
7.勝ちやすきは細分化で発見する

8.強味を生かし弱味はすてる
  
9.広域営業を避けて狭域営業を実行
  
10.遠距離営業をやめ近距離営業をする
  
11.目標にはより近づく
  
12.目標は少数に絞る
  
13.目標には必勝の戦術力を投入
  
14.個別目標達成主義
  
(目標設定方法のまとめ)


願望などの精神面(上記◆↑)
よりも、先に目的(上記★↑)
が、しかもトップにきている
点などを再確認しました。

7b2eb366-s[1]











また昨年末の「計画勉強会」、
情報収集での注意点で
少し触れたように、


情報は「社長の実力」【質】
に比例してしか入って
こないのと同時に、

「社長の事業に対する
 願望や熱意」【量】
に比例してしか
入ってこない。

その「願望や熱意」は、
単なる「欲望」ではないか?


これらについて、【後半】で
メイン講師(株)ハードリング
の軍師・岡漱一郎様
以前より作成していた

「1位づくりを
 目的とする13の原理原則」
社長の仕事をハッキリさせます。
社長の役目を知ることは
戦略原則を知ること。

DSC09930












とに関して備忘録的に
「ご参考(再確認事項)」
としていた最後の最後、


ランチェスター経営戦略では
「1位作り」が基本である。
その「1位主義」を根拠に
して全ての原理原則を
組み立てて欲しい。

そうでなければ
「売上主義」に陥ってしまう。

「占有率1位」に基づく
「ビジョン」の構築を・・・


〜と書き留めていた
通りではないでしょうか。
2人してビックリ!?

DSC09937DSC09932







そう驚くのも束の間、
ご本人がお越しに・・・
早速、課題をお尋ね。