今週末の竹田先生による
「商品戦略」セミナー
その直前に開催します
「市場占有率の原則」勉強会

lanchs











(昨日と同様)個別開催
となる日を別にして、
バラバラの業種・業界の
方々がご参加されるため、
先日に書いたブログ


世界のトヨタ自動車や、
業界1位のヤマト運輸H
ヤマダ電機イオンなど
1人当りの経常利益」が
業界トップでない理由を
知らずだと・・・


*ブログ記事のタイトルは
  入りきれなかったので
  一部を省略してました。


との、自動車か、運送業か、
家電量販店か、スーパーか
解りやすい業界のデータを
紹介しようと模索中。

8bb2441e












(道に)迷ったら元に戻れ
の格言通り、竹田先生が
市場占有率を調べる際に、
日経新聞社から出版される
同タイトルの本をチェック。

DSC03920












特に、現在は別タイトルの
日経業界地図 2018年版
で、中でも一番解りやすい
のは、家電量販店の業界。

ランチェスター経営(株)
からの最新の利益表では、


(利益表に掲載されている)
家電3社の1人当たり経常利益

コジマ     129万円

・ヤマダ電機(連)246万円

ケーズH(連) 554万円



ベスト電器既に上場廃止
  (以上は掲載順)


でしたが、果たして・・・

gyogyomp












げっ!?

「日経業界地図 2018年版」
とのタイトルながら、
データは2017年分で、
最新版は近々発売予定とな?

・・・これにはビックリ。




(気を取り直して)
ネットでいろいろ調べると、
業界通の人によるブログに
元となるデータを発見。

連結決算・単独決算で
数値が混在してたりを
個別で修正した上で、


家電量販店の1人当たり経常利益

1.ヨドバシカメラ 1112万円
  (非上場)

2.ケーズデンキ   551万円

3.ノジマ      339万円

4.ビックカメラ   293万円

5.ヤマダ電機    234万円


*従業員数など公表時期に
  誤差があるので、先(上記)の
  ランチェスター経営(株)調べ
  とで僅差が生じてます。
 

断トツで、ヨドバシカメラ!

〜では、このランキングが
生じる理由は?

yodobashika







この辺りの内容については、
さほど1年前と変化がない
ようなので大丈夫かと。

しかし、単にコレを説明して
終わりでなく、皆さんが考察
できるようデータも取り揃えて、
ご紹介せねばでしょうか。

DSC03918












そうでもしておかないと、
個々の参加者に合わせた
業界の情報を揃えるなど
不可能かと・・・

なぜなら、マジシャン
市場占有率など、調べよう
も無いですからね(苦笑)

majared









マジシャンズレッド
(魔術師の赤)が最強か!?

*こんなデータ↓出てきました。
 「世界で最も稼ぐマジシャン、
  首位カッパーフィールドは
  年収70億円」とな!?