先日開催建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
23期生、応用編・2回目と
3回目とのダブルヘッダー。

DSC08487DSC08488







まず、応用編・2回目、
テーマは「客層戦略」から。

今回ご参加の方は、半数以上
BtoB(法人向)ビジネス。
「客層」との要因ではなく
「業界」や「販売ルート」などで、
最初からピン!っとこない人
も見受けられました。

その場合、いずれ最終消費者と
取引するBtoC(個人向)
ビジネスに繋がるでしょうから、
その支援を考えるよう解説。
また、BtoBビジネスでも
「価格」ではなく「価値」を
購買動機と購買基準とする
お客さんがいるはずで、
そのように置き換えて
考えるよう付け加えました。

DSC08486DSC08485







もっとも、これらの点は続く
応用編・3回目「商品戦略」で
解説する準備をしています。

ですから今回は、5年前の
あのビデオを鑑賞しました。


「チャンスなんです」

DSC01151

「手つかずの状態の
 マーケットが、山ほどある」


と、(株)ハードリング
軍師・岡漱一郎様がご登場した
2012年9月12日(水)放送
NHKクローズアップ現代

リッチをねらえ
 〜富裕層ビジネス最前線〜」

DSC01156

だったのですが、先の通り
BtoCビジネスの方は当然、
またBtoBビジネスの方も
ピン!っとこなかった様子。
(瞬きしたから見てなかった?)

DSC08472DSC08469







この点は、先月に開催した
「客層戦略」勉強会でも、


「・・・でも現場では
 安くしてくれ!
 との声しか聞こえない」


と仰る方まで。

そこで「商品を買うかどうかの
決定権は100%お客が持ってる」
との考え方から安売りに・・・
結局、デフレ経済下も続いたことも
あり価格競争に陥ってるとか。

DSC08473DSC08474







「客層戦略」を勉強する上での
ポイントでも触れましたが、
誰でも思いつきそうな客層に
絞り込んでいる証拠かと。

お客が100%正しい」でなく、
客層の設定が間違えている
と捉えないといけません。
それでも「安売り客」を、
客層に絞り込んでいるなら、
それはそれでしょうけど、
大手企業と同質化に・・・

以上は、ランチェスター経営
勉強することが出来ないので、
ココで、シッカリした知識を
得るしか有りません。

DSC08494












たとえ(モニター越しに見る)
師匠であったとしても↑
足りないところは批判」して、
考えを発展させていかねば
〜と思う次第です。

(シリーズ機