7連チャン社長塾・その4。
先の建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
23期生初回が欠席となった
翌日に開催した補講について。
ご参加はリーダーの方お一人。

1DSC08338












以前も同社から同じリーダーで
役職者の方がご参加されて、
その時もマンツーマン開催
何度かありました。

その方から先日ご連絡があり、
新年度に際して、自分の部下で
あるが同じようなリーダーの方を
参加させたいとのお申し出。

いざ、ご参加いただきますと、
その以前ご参加された上司の方は、
新年度に入り退職されたとのこと。

えっ・・・?

1DSC08337












ただ、今回のリーダーの方も、
退職された上司の方と同様、
会長様よりほぼ同じ課題
与えられているようでした。

悩んだあげく、その上司の方を
通じ私にご連絡されたようです。
有り難うございます。

1DSC083401DSC08339







この会社は戦前に創業して、
元々から卸売業なのですが、
2代目の会長様が社長当時に
肝いりでメーカーと共同で上質な
商品(ただし高価)を研究・開発。
これを差別化商品として全面に
営業を展開されているそうです。

しかし、そんな方針をかかげた頃
から売上主義的な傾向があると、
以前から耳にしてました。

根本的に考えてみても、直接
その商品自体を使う人にとって、
凄く上質で良い商品であっても、
取り扱う(購入する)お客さんが
望んでいるかは不明です。
何より、取り扱うお客さんである
会社が下請体質のままであれば、
高価な商品を選ぶだろうかと
疑問に思います。

そう疑問を投げかけましたが、
また詳しくは応用編・3回目に。
(詳しく触れましたが既に忘却

nkfintech




ところで、少し前その会長様が
社長時代の当時の頃として、


「取引先であった、
 この社長様のお陰で
 我が社は救われた」


とのお話を、お知り合いの
社長様からお聞きしました。

それはそれで、すごい人格者だ
と思いましたが、人格者の考える
こと全てが正解とは限りません。


ダメなことはダメ!


と内部から進言できるか微妙、
就任されて直ぐですし。

外部から進言があって気付くの
かも知れませんが、会長様が
勉強されたランチェスター
そうでない仏のような人から
だったようで・・・

atukiyo













備忘録として・・・

同じ卸売業の方ですが、明治創業
と歴史がある会社の社長様から、
以前されたお話しを抜粋します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回、多くのお知り合いの方をお誘いされた
社長様から、別席で、お誘いされた方々を
目の前に、下記のようなことを語られました。
ご参考までに↓その一部を抜粋します。


随分と昔に参加した商業界さん主催で
亡くなられた日本で有数のコンサルタント
だった渥美俊一先生の講演会のこと。

ちょうど地元に、大手スーパーが出てくると
噂が広まっている頃だったと思います。
そんな中で、参加者の一人が、

「私は駅前の商店街で小さな店を出してます。
 こんな田舎の商店街にも、
 大手スーパーが進出すると聞きますが、
 どうすればいいでしょうか?」

そこで渥美先生が厳しい顔つきになって

「直ぐにでもお店を売って
 事業を辞めなさい」と。

質問した人だけでなく、聞いていた人も
「そんなバカな」と失笑するような音が
 ざわざわと響き渡り、聞いていた私も
「どうして?」と半信半疑で、渥美先生が
何を言いたいのか分かりませんでした。
 
渥美先生自身、場の雰囲気を察してか、
多くを語らずに演台を後にされました。

しかし、それから数年後、一気に駅前の
商店街の中にあった多くのお店が無くなった。
お店の人は訳も分からずに消えていった。
都会であろうと田舎であろうと同じだった。 

小売業のお店で起こったことは、いずれ
建築業である皆さん工務店さんでも起こりうる。

そう思って、今日は是が非でも皆さんに
ご参加していただきたくお呼びかけしました。

少々強引だったかもしれませんが、
ご参加いただいた皆さんには、
ぜひ生き残って欲しいと願っています。


この「いずれ」は、もう目の前かと・・・