写真だけ1枚、先にアップした
先日の建築・リフォーム業
ランチェスター戦略社長塾
今回も補講に次ぐ補講を。

DSC08023DSC08020







その前回の補講にご参加の方も
ご一緒の仲間なので、今回も
オブザーバーで同席参加を。
ただ、メインが補講対象の方
でしたので、ほぼ個別開催。
ですから、初回に受講されて
から、ズ〜っと悩まれていた
点などに関して、バンバンと
ご質問されてきました。

特に初回、メイン講師の 
(株)ハードリング、軍師
・岡漱一郎様が繰り返し
解説していた


売上主義よりも
 一位主義
 経営の目的も
 1位作りにある」


とのことに、


「今まで儲けることだけ考え、
 10数年ちゃんとやってこれた。
 何か違和感がある」

「どうしても、
 金を儲けることが
 悪いこととしか
 聞こえなかった」


とのことで、後の続く解説や
2回目での内容に関しては
そんなに頭に入ってこなく
なってしまったとか。

DSC07947DSC07963







実は、この方は最近になって
法人化を考え出すほど
少しずつ業績も安定して
上昇傾向にあるそうです。

法人化するに当たって、
改めて「営利法人とは?」と
自ら問い掛けたとか。そして、
悩んでしまったようです。

DSC08021DSC08022







確かに「会社」の意味には、
Wikipediaより一部抜粋)


会社の通有的性質

日本法上の会社の通有的性質
として、営利を目的とする
社団法人であるという点が
挙げられる・・・


との点もあるようです。

また逆に、営利を目的としない
会社は「非営利会社(法人)」と
して存在するのも事実です。

これらの点で、ますます混乱。
そこで私から、


「一般的な(営利)会社は、
 いや、ほぼ全ての会社は
 基本的に利益を追求して、
 効率的な経営システムを
 実現しようとしていると
 言っても過言ではない。

 ただ、そう思ってはいるが
 現実に70%以上の会社が
 利益不足で赤字なのが実態。

 ですから、経営の目的=利益
 としても、決して利益が出る
 (=業績が良くなる)ことはない。
 であれば、業績が良い会社の
 実態から検証するのが得策。

 その結果、戦略的に1位
 なれば業績が良くなることから、
 市場占有率1位の商品か、
 地域か、業界・客層を作り出す
 ことを経営の目的とすべき。
 そんな経営システムを構築する
 ように取り組んでください」


と、少しくどいように長々と
解説したのですが、これに
もの凄く納得されました。

なお、より論理的(くどくど)な
説明は、ランチェスター経営(株)
「財務戦略」DVDくらいかと。
(過去のブログブログご参照)、

part3_10_210[1]

また、この「経営の目的」と
「願望:個人のやりたいこと」
とがゴチャゴチャにもなって
おり、ボソっと一言、


「・・・とは言え、
 良い車に乗りたい!
 と思えばヤル気が出る」


まぁ〜全否定はしませんが、
手元にあったテキスト
独立起業の成功戦略

3e8ee2c8[1]












その49ページから一言。
(後の補講でも鑑賞)


┠攸備、実質主義

 ・・・お客作りと関係ない
 自動車は安い物か中古品で。

 個人の好きずき
 経営に持ち込まない。


またまた納得。