いや・・・失敗しました。

s225[1]










何度かご紹介しました
ランチェスター経営(株)
「成功する経営コンサルタント
 の使い方」教材CDの改訂版

失敗しない
 経営コンサルタントの頼み方

今回、何が改訂されたのかを知る
ため試聴版を聞いていました。

内容は改訂版と言うよりも、
以前からご紹介していた事例が、
ドンドン!!ドン!!!と
強調された超・辛口版です。

DSC07559














それより、途中の脱線ネタで、


孔子の弟子の1人が、
孔子に対して、

「人間として1番
 立派な人は
 どんな人でしょうか?」

と聞いたところ、孔子は、

「経済的に富みて、
 人の命の貴さがわかる人だ」

と答えたそうです。
そして、これが後に「富貴」と
いう熟語になったのです。

こう説明しても、
まだ良く分からない人は、
灘の酒の「富貴」を熱燗にして、
ゆっくり飲みながら考えると、
自然に分かってくるでしょう。


いかにも竹田先生流のネタです。

そういえば灘の酒だったかなと
軽い気持ちで調べてみました。
fukifuki













しかし、調べれば調べるほど
決して立派では無いことに
行き着いてしまいました。
(このお酒が好きな方にはお詫び)


銘酒「富貴(ふうき)」を醸造
していた萬歳酒造を、1963年に
合同酒精(株)が合併。

現在は、同じオエノングループ
富久娘酒造が、東灘区の工場で
その富貴を生産している。


しかも、その富久娘酒造って
最近偽装事件を起こしてました。
なお「富貴」は、自主回収
含まれてませんでしたが、
表示もれには含まれてました。

立派ではないですが辛口
悪酔いしそうです。