ここ最近ランチェスター経営
1人当たりの年間粗利益調べ
からの数字を持って、

DSC06949DSC06950







同じような説明をお聞きしました。


「このところ建設業界は
 過去最高に近い
 業績の良さです」
 

確かに、東日本大震災後の復興
もあってでしょうが、この2〜3年
トンデもなく推移しています。

DSC06914DSC06915







ご参考までに、5年前と比較すると、


「1人当たりの年間粗利益調べ」
 (黒字企業平均)

     <2010年> <2015年>

全工事業 848万 → 982万

建築工事 988万 →1047万

土木工事 829万 → 981万

造園業  632万 → 690万

塗装工事 835万 → 987万

木造工事 920万 →1043万

大工工事 739万 → 754万

鉄骨工事 853万 → 895万

鉄筋工事 711万 → 751万

タイル工事 779万→ 891万

左官工事 556万 → 624万

板金工事 696万 → 797万

ガラス工事 746万→ 828万

金属建具 801万 → 845万

塗装工事 761万 → 819万

防水工事 884万 → 982万

内装工事 882万 → 970万

設備工事 815万 → 865万

電気工事 808万 → 879万

電気通信工 780万→ 792万

さく井工事 784万→ 994万

畳/建具製造 576万→ 608万

建設リース1448万→1678万

ac4c459e[1]














確かに業績が良いんでしょう。
&確かに業績が良さそうです。

そう言えば同じようなことを、
経営戦略のご意見番からも、
業界の黒幕社長様からも
お聞きしてました。

82a675d8-s[1]DSC06963







この数字を目指す建設業の方々
&それをも超える数字を目指す
建設業の方々、10月からの

18期生/建築・リフォーム
ランチェスター戦略社長塾

お待ち申し上げます!