先週に開催しました勉強会
「早解り・ランチェスター法則

DSC05619DSC05618







夜の部》にご参加の方が、
その社長様と共に経営を考える際、
参考にされた小冊子があります。

その中で「経営戦略」に関して
(また「戦術」に関しても)
少し触れられています。


「経営戦略を考える」

1.事業展開 方向と目標

2.環境・市場の変化

3.顧客は何を望んでいるか

4.わが社の持ち味

5.わが社の弱点

6.活用できる経営資源
  (社内/社外)


それらを元にして、各社各社で
経営戦略を考えていくようです。
しかし、競争相手に関して
どうなのかなど触れていません。

この前に「自社事業の分析」と
「外部環境分析」とをする中では、


「業界・同業他社の動向」
 新市場、新商品、新サービスなど


と、競争相手に関して考えるよう
少しだけ触れています。
しかし、あくまで自社の分析後、
外部環境を分析する一部分
として捉えているようです。

それが故、業界1位の競争相手を
お手本にしてマネてしまった
狂者の戦略」に陥ったのかも。

だから首を傾げてしまった

DSC05621













「経営戦略は大事だ」と言っても
その言葉の意味すら曖昧で、
その内容を説明も不十分なら、
それは、単なるスローガンです。

◆ご参考◆
日米合計40人(+α)の
コンサルタントが説明する
「戦略」が満載!?
新教材CD「戦略とは何か

DSC05484













経営計画は大事だ」と言っても
その作り方が具体性のない掛け声だけ、
また数値目標が前年対比**%とか、
自社の都合だけの経費積み上げなら、
それは、単なるスローガンです。

kuyosya













また「経営理念は大事だ」と言い、
その作り出した言葉・文章が、

・やたら創造しようとする
・やたら価値を考えようとする
・やたら挑戦しようとする
・やたら貢献しようとする

だけでなく、「私たち」「社会」
「発展」「お客様」「満足」「追求」
との単語が頻繁に使われており、
抽象的で突然、英語が出てきたり。

それらを表したホームページに
素材集の笑顔写真を多用していたら

blachba















そんな会社は、ブラック企業!

◆ご参考◆
【注意】ブラック企業の
    スローガンに多い7つの特徴