一部の方々にご報告です(笑)

DSC03616DSC03613







先日のセミナー竹田先生
冒頭、話題にされてましたが、
話しが正解に至らずでした。


【カラスの体温調整について】
ヤフー知恵袋より一部引用

6f54ae9b[1]
















鳥は、汗腺がありません。
だから私たちのように汗をかいて
気化熱を使うということができません。

彼らが使う気化熱は、口の中です。
暑いとき、鳥は口を開けて呼吸
しています。

もちろん基本は「太陽を避ける」。
日中は涼しい日陰でジッとしていたり、
また水浴びも大好きです。

カラスの行水」って言葉にも
なっていますよね。
それだけカラスが水浴びをする姿が
よく見られる、ということでしょう。

ニワトリなんかは土を掘って、
冷たい部分を出して、そこにスッポリ
埋まっていたりしますよ。


それにしても、竹田先生の話しの中
には頻繁に【鳥】が出てきます。
この「山田方谷セミナー」録音CD
でもカラスが出てきてました

1854cb9d[1]









「時間戦略」などの教材DVDの中では
「ハト」の羽が飛び道具(鳥だから?)
として登場させています。
そのため机の中に常備しているとか。

3d82bab2












また「鶏口となるも牛後となるなかれ
との言葉も頻繁に出てきます

974a4de9[1]













まさか酉年なのかも?
違うようです