先日いただいたあのメール便も含め、
何となく「今年」は考えさせられます。

下記、旧版「顧客戦略」CDから抜粋。
(一部手直ししてます)

dc0e4ed2[1]















【創立記念行事の目的は「初心忘れず」にある】

 創立何周年記念の行事は、あちこちの
会社で行なわれています。販売先や
仕入先、それに銀行などの関係者を招待し、
行事の主役は「社長」です。

 ところが、中には「社長の自慢話」をする
ために、販売先の社長を集めたのではないか
と思えることが、しばしばあります。また
「従業員の永年勤続表彰」も行なわれます。


 そこで改めて考えてみなければならない
のが「創立記念日を開く目的」です。

 創立記念日の式典は、その会社の販売先
や仕入先などの関係者が集まって、
「社長の功績」や「従業員の努力」を称える
ために開かれるのか、それとも創業以来
お世話になった販売先や仕入先などの
関係者に対して「感謝の意」を表すために
開かれるのか、ということです。


 もう少しはっきり言うならば、創立記念の
式典を開く「会社の社長」が主役なのか、
それとも「お客」が主役なのかということです。

 この違いによって、行事の運営は
ガラッと変わってきます。


 ある家具販売店の創業30周年パーティに
呼ばれたときのことです。

 この社長は自分のことについて何一つ話さず、
独立してから販売した婚礼家具の1番目から
5番目までの夫婦を見つけ出して招待し、
壇上に上がってもらいました。
そして1組ごとの夫婦に心から感謝を述べ、
花束を渡しました。

 参加した200名の人々は、皆一様に
心を打たれた様子でした。販売先の社長や
仕入先の社長を招待したときは、
その人々が主役であるべきでしょう。


 会社の発展に努力してくれた従業員を称える
のも大事ですが、これはあくまで内部のこと
ですから、内部だけで行なうべきです。

 つまり創立記念の行事は、社外用と社内用
と2回行なうべきなのです。社内用のときは、
「社長が主役」であってもかまいませんが、
この2つを混同したのでは、おかしな結果
になります。


 経営を良くするということは、権利と義務の
バランスを取ることでもあります。社長になると、
誰も本当のことを言ってくれなくなりますから、
油断するとすぐ「自己中心」になり、
独善的な考えを持つ危険性が大きくなります。

 独善的な経営とは、権利のみを主張し、
義務を忘れたことを言います。
悪い意味での「ワンマン経営」です。


 これに歯止めをかけてくれるのが「原点の心」、
あるいは「初心の心」に立ち返ることです。

 社長が独立したときに注文を出してくれた
お客や、その後の発展に協力してくれたお客や
仕入先に対して、心から「感謝の意」を表わす
ということが、初心や原点の心になります
ので、こういう狙いで創立記念の行事を
実行すれば、価値あるものになるはずです。


 これもさることながら、お客に来てもらう
のではなく、自分のほうから一社一社お礼を
言って回れば、もっと効果が上がるでしょう。


そんな「記念日」と言えば、総体的に
誕生日とかも同じかも知れません。

以前にも述べましたが、誕生日を祝うか
どうかは個人の価値観の差でしょうか。
また人に誕生日を祝われたいかも同様。

ただ「記念行事で金儲け」は、お客無視の論外。

8056968b[1]










これも以前に述べたのと同様で、まさに上記の
【創立記念行事の目的は「初心忘れず」にある】
にあるように「勉強不足(特に顧客戦略)」が、
ありありでは?

f08f6a06[1]













今回も、自責の念と反面教師・・・