名古屋駅名駅通で15分ほどドタバタした
続きに、今度は高島屋のエスカレーターを
重い荷物を持ちながら上に&上に&上に
・・・・・延々とのぼっていきました。

建物の高さに制限がある福岡都心と違い
名古屋駅前は、とにかくビルが高いです。

上り着いたが11階、三省堂書店です。

行きの新幹線の中で読もうと出発前日に、
近隣の本屋で探してなかった本を、
とにかく早くに手に入れたかったので。
(結局別の本を買って読みました・一番下↓)

kaise

   『「弱くても勝てます」
    開成高校野球部のセオリー』
        高橋 秀実・著(新潮社

後で考えれば、エレベーターに乗れば〜と
思ったのですが、見知らぬ土地ですから
本屋も&エレベーターも探すだけで一苦労。

念願が叶って手に入れた本でしたから、
到着して数人の方にお知らせしましたが、
この本、あまり知られて無さそうです。

しかし今ではベストセラーに達しそう!?

「時間、グランド、施設−すべてが足りない!
 超進学校が考えた常識破りの方法とは?」

と帯にもあるように、とにかく興味津々、
帰りの新幹線で一睡もせずに読了でした。

文芸書ベースですから、決してストレートに
ビジネスに適応は無理でしょうが、角度を
変えれば十分に応用は出来そうです。

途中で放つ青木監督の言葉が凄い!

「俺たちは小賢しい野球、ちょっと
 上手いとかそんな野球はしない。

 自分たちのやりたいことを仕掛けて、
 そのやり方に相手を
 引っ張り込んでやっつける。

 俺たちは失敗するかもしれない。

 勝つこともあれば
 負けることもあるけど、
 勝つという可能性を高めるんだ!

 これなら国士舘や帝京にも
 通用するんだよ!」

その解説に著者が

「弱者の兵法。
 下手の矜持(きょうじ)というべきか。

 上手くなって勝とうとするのではなく、
 下手は下手で勝つのだ」と続けます。

詳しい内容は「高校野球ドットコム」の
東大合格者数は30年連続トップ
 野球部訪問 第49回開成(東京)

週1日2時間だけの全体練習で生まれる強さ
正面衝突理論の徹底
体を大きくすることで勝負できる
1%でも勝つ可能性のあることをやる

をご参考ください。
たぶん読みたくなるはずです(笑)

colacola

ちなみに出発前日に福岡で買って、
こちらも一気に読了した本です↑↓

100円のコーラを1000円で売る方法」↑
 価格を下げるな、「価値」を上げろ!〜良いですね

100円のコーラを1000円で売る方法2」↓
 商品に頼るな、「戦略」で勝て。〜これも良いですね。

cola2

「2」には、ランチェスター戦略が触れられています。
初心者向けには分かりやすく書かれてます。
ただ、誤解されやすいかも(内緒)